タイツとストッキングの違い!美脚見え・男ウケするデニール数はコレ♡

女子にとって大切なファッションアイテムである「タイツ」と「ストッキング」。普段何気なく履いている人も多いかと思いますが、この二つの違いって知っていますか?

より自分のファッションセンスを向上させるためにも、デニール数で変わる見た目について知っておきたいですよね。そこで今回は、タイツとストッキングの違いとそれぞれが活躍する場面を紹介します。シーンに合わせてタイツとストッキングを使い分けられるようになりましょう!

目次 [開く]

意外と知らない?タイツとストッキングの違い



女子にとってタイツやストッキングは、ファッションにおいて欠かせないアイテムですよね。しかし、女子の中にはこの二つを「同じもの」として扱っている人も多いのではないでしょうか?

似たような履物としてまとめれば、確かに同じ役割に感じますよね。
しかし実際には、生地の厚さだけでなく使用目的や使う時期も異なるもの。違いがあるからこそ、正しく使用することで、より自分を魅力的に見せてくれますよ。

タイツとストッキングの違いは生地の厚さ!



ここからは実際に、タイツとストッキングにどのような違いがあるのか詳しく紹介していきます。
タイツとストッキングは、主に厚さで呼び方が変わります。しかし、単に布の厚さだけが違うわけではありません。細かい違いや使用目的について理解しておきましょう!

30デニール以上がタイツ、30デニール未満がストッキング



タイツやストッキングはデニール(糸の太さ)によって区分けされます。
一般的に30デニール以上のものがタイツ、それ未満のものがストッキングです。履いてみるとそれぞれで厚さや見え方が異なりますよね。

これは、それぞれで使用目的や履くのに適した時期が異なっているからです。シーンに合わせて使用することを想定して作られているため、似ていても違う特徴がみられます。それぞれのシーンに合わせた使い方ができると、より自分を魅力的に見せることができるでしょう。

使用目的や履く時期も違う



ファッションを楽しむには、それぞれのアイテムの「使用目的」と「履く時期」を正しく理解することが大切です。タイツとストッキングは、次のような使用目的と使用時期が目安として決められています。

より美しい脚に見せるためにも、それぞれの用途についてしっかりと理解しておきましょう!

タイツの使用目的と使う時期



まずタイツですが、使用目的は「防寒」「保温」とされています。これは寒い時期に履くものだからこそ、脚を冷やさずに暖めるために使われるのです。
主に秋冬で使われ、寒くなればなるほど厚手のタイツに変わっていきます。しかし、厚手のタイツほど脚が太く見えてしまうのが欠点でしょう。

ストッキングの使用目的と使う時期



タイツに対し、ストッキングの使用目的は「脚をきれいに見せるため」とされています。
ストッキングは30未満という薄手のデニールになっており、透け感を意識して作られています。これは女性の脚をよりきれいに美しく見せるためです。

また、使用時期は一般的にオールシーズンとされています。仕事での着用を求められるケースも多いですし、冠婚葬祭での女性のマナーとしても一般的ですよね。
ファッションだけに囚われない使い方をするので、場面によって使い分ける必要があるアイテムといえます。

タイツやストッキングはデニール数で見える印象が変わる♡



タイツとストッキングの違いが分かっても、気分やファッションに合わせて使い分けたい人も多いですよね。
そんな人のために、より脚を美しく見せるためにもデニール数で変わる見た目の印象を知っておきましょう。

それぞれの見え方を理解することで、どんな場面にどのデニールを使えば良いかが分かりますよ。

デニール数で変わる透け方の違いは?



タイツやストッキングはデニール数によって見た目に変化が現れます。
履く目的でデニールを選択するのも大切なことですが、ファッション性を求めるなら見え方によってデニール数を変えるようにしましょう。

30未満のデニール



30未満のデニールは、主に透け感を意識したファッションに取り入れられます。
例えば、タイツであれば女性らしさを感じさせたい時に使用すると良いでしょう。適度に透けて見えるため、女性の色っぽさがはえるデニールといえます。

また、ストッキングは一般的に25~30デニールで作られているので、使用場面によって選ぶようにしましょう。特に仕事で使用する場合には、あまりに薄手だと悪い印象を与える恐れがありますよ。

40デニール



透け感は抑えられているものの、女性の脚を輝かせるように見せてくれるデニール数です。透け感あふれる30デニールほどには及びませんが、逆に控えめな透け感が色気を感じさせるでしょう。

また、40デニールは履いた時にムラが出やすい特徴があります。きれいに履かないと、程よい透け感が仕事をしてくれないので気を付けましょう。

60デニール



60デニールになってくると、透け感はあまり見られなくなります。どちらかといえば、寒さから肌を守るために使われるデニール数です。

80デニール以上の厚手のものと比べると薄さは感じられますが、おしゃれよりも防寒対策として利用されることが多いでしょう。

80デニール



80デニールになると、透け感はほぼなくなります。見た目よりも寒さを防ぐことを目的としてくるため、脚も少し太めに見えてしまうでしょう。

しかし、一般的なタイツといわれるだけあって、安心して履けるデニールです。透けもしないし寒さも防げるとあれば、寒い冬にもってこいのタイツといえるでしょう。

110以上のデニール



110以上の厚手のデニールになってくると、防寒や保温を第一の目的としています。透け感は全くありませんし、生地が分厚いので脚を細く見せることもできません。

しかし、冷たい風から女性の脚を守ってくれる心強い味方です。寒い冬でもおしゃれを楽しみたいなら、110以上の厚手デニールを履き、スカートファッションを心行くまで楽しみましょう!

美脚に見えるデニール数は?



女性にとって脚は女性らしさを表してくれる大事なパーツですよね。
この脚をより美しく見せるためには、それに合ったデニールを選ぶ必要があります。

そこで、美脚に見えるデニール数を選ぶとするなら、40や60がおすすめです。
透け感が適度に抑えられているだけでなく、脚をすらっと美しく見せてくれますよ。履く色によって美脚効果も変わってくるので、より美しさを求めるなら落ち着いた黒を履くようにしましょう。

男ウケがいいデニール数は?



美しい脚で男性を魅了させたいなら、30~40のデニールを使い分けてみましょう。
透け感が強いほど、男性は色っぽさを感じるもの。適度に透けて見える素足に、男性はついあらぬ妄想をしてしまうでしょう。

もちろん薄くなればなるほど寒さは防げなくなります。しかし、冬でも男性ウケを狙うなら少し寒くても60デニールは維持した方が良いでしょう。

タイツとストッキングは場面によって使い分けるのが大人の女性♡



タイツとストッキングの違いを理解できたなら、あとは場面によって使い分けるだけです。
正しく使い分けることで、より大人女子としての魅力もUPしますよ。自分を魅力的に見せるためにも、タイツとストッキングの使い分けができるようになりましょう!

タイツが活躍する場面



タイツは30以上の厚手のデニールを指すものです。そんなタイツが活躍するのは、主に次のような場面。
自分の使用目的に合わせて、適切なデニールを選びましょう!

寒さを防ぐ目的で使用する



タイツはその厚手の生地が売りですから、寒さを防ぐ目的で活躍してくれます。
特に110以上の厚手のものは、寒い風が吹き抜けても脚を暖かく守ってくれるでしょう。真冬でもミニ丈のスカートやパンツを楽しむことができるので、女性らしさを前面に出したい時におすすめです。

適度な色気を感じさせたいとき



デニール数によって透け感が変わるのを利用し、適度な色気を感じさせたいときにも活躍してくれます。
控えめな色気を与えたいなら40や60のデニールを使用してみましょう。薄く透ける肌が、男性に女性の色気を届けてくれるでしょう。

また、場合によっては薄手のタイツも着用してみましょう。相手との関係性を考慮してデニールを選ぶと、より自分を意識付けることができますよ。

ストッキングが活躍する場面



ストッキングはファッションとしてもマナーとしても欠かせないアイテムです。
そんなストッキングは、次のような場面で活躍してくれますよ。仕事やマナーとしての使い方に囚われない使い方をすると、よりファッションの幅を広げてくれるでしょう。

仕事や冠婚葬祭のマナーとして



ストッキングは主に仕事や冠婚葬祭のマナーとして使われています。
それぞれの場面によって適切な厚さ、色を選ぶことで、美しさを保ちながら自分を一人の大人として見せてくれるでしょう。

脚を美しく見せたいときのファッションとして



脚を美しく見せたいときのファッションとしても、ストッキングは使用されます。
タイツよりも薄く作られているストッキングだからこそ、透け感を意識した美しい脚を演出できるのです。春夏だけでなく、秋のデートでおしゃれをしたいときにも活躍してくれますよ。

ストッキングも肌色だけでなく黒も定番色として扱われているので、ファッションによって色を変えると、より大人の色気を演出できるでしょう。カラーによって見え方も変わるので、自分に似合う色を見つけることも大切です。

場面に合わせてタイツとストッキングを使い分けよう!



タイツとストッキングは、似ているようで異なるもの。だからこそ、場面によって使い分ける必要があります。それぞれのシーンで似合うものを使用すると、より自分を魅力的に見せてくれますよ。

また、この季節だからこれを履かなければいけないという決まりはありません。自分なりの使い方やファッション性を見つけることも大切です。常識だけに囚われず、自分なりのファッションを楽しむべくタイツとストッキングを使い分けましょう!

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ