無心になろう…。友達を迎えに行くため仕方なく通る所【あなたとわたしの怖い話 Vol.41】

連載
あなたとわたしの怖い話
あなたとわたしの怖い話
連載「あなたとわたしの怖い話」では、ホラ子さんの身の回りの人やインスタグラムのフォロワーさんが実際に体験した怖い話をご紹介。むし暑さを感じるこの季節に、ちょっぴりヒヤッとするストーリーはいかがですか?
むし暑さを感じるこの季節に、ちょっぴりヒヤッとするストーリーはいかがですか?

連載「あなたとわたしの怖い話」では、なぜかホラ子さんに集まってくる怖い話の数々を、毎日お届けします。

今回ご紹介する内容は……?

フォロワーさんのお話「断末魔」4話



衝撃的な事件の翌日も、いつも通りの時間に公園に集まったサッカー部のみんな。

しかしその中にひとり遅刻している子が。

家まで行って呼んでくると名乗り出ますが、遅刻している子は、例の飛び降りがあった8階のすぐ下に住んでいるという子でした。








彼の家に行くときはいつも使っていた非常階段。

さすがに飛び降りのあった非常階段を上る気にはなれず、エレベーターを使って友人の家まで行くことに。

その際どうしても「血痕」の上を通らねばならず……。


「あなたとわたしの怖い話」は毎日更新中!

(ホラ子)
1

この記事を書いたライター

ホラ子
何故か集まってくる怖い話の数々。自分の体験談に加え、これまで見て聞いた面白くて怖い話(オモコワ)を皆さんにお届けします。

関連記事