「好きを仕事にする」よりも大切なこと。ゆとりOLもちの自分軸【あの人の宝石箱#01後編】

憧れの人に会いに行き、思い入れのある「モノ」を紹介してもらいながら、その人の暮らしぶりや働きぶりを知る連載【あの人の宝石箱】。

今回はInstagramに投稿しているかわいい自炊研究イラストが話題の、ゆとりOLもちさん(@__mo_chi)に会いに行きました。



前編では、もちさんの働き方や、周りの人と円滑なコミュニケーションを築くために実践していることなどを教えていただきました。

「苦手な人の“良いところ”を見つけて、ノートに書き出す。それを相手にも直接伝える」

だけど、どうやっても好きになれない人がいたら?
リモートでうまくコミュニケーションを取るにはどうすればいいの?

後編では、もう少し深いところを聞いてみます。

目次

「人間関係くらいで転職するなんて…」と考えなくてもいい



ローリエプレス編集部/高橋
もちさんのように、モヤモヤしたときは文字やイラストで表すと、自分の気持ちや人間関係がだいぶ整理されるんですね。

……ですが、その結果「やっぱりこの人とはうまく付き合えない」「どうしても苦手!」と気づくこともありそうです。


ゆとりOL もちさん
そういうときは我慢しなくていいと思います。私の友達で、会社の人間関係がうまくいかなくて悩んでいた子もいましたが、異動や転職だって一つの手ですよね。


ローリエプレス編集部/高橋
「人間関係くらいで転職するなんて……」と転職活動を躊躇する子も多いですが、どう思われますか?


ゆとりOL もちさん
「人間関係」だって立派な転職理由ですよ。

精神が健康であることはお金よりも大切なので、そのせいで精神的にまいってしまうくらいなら、環境を変えるのは悪いことではないと思います。




ローリエプレス編集部/高橋
コロナ禍をきっかけにリモート需要が加速し、職場内コミュニケーションがより難しくなりましたね。


ゆとりOL もちさん
そうですね。顔が見えないので、文字だけで“心の読み合い”をするのは大変だなと日々感じています。


ローリエプレス編集部/高橋
もちさんがリモートで工夫していることはありますか?


ゆとりOL もちさん
社内チャットのアイコンを好きな動物の画像に設定し、「アイコンかわいいね!」など話しかけられやすい雰囲気を出すようにしています(笑)。

あとは、会社のリモート飲み会に参加すると、みんなの人柄を知れますし、その後の仕事もしやすくなりますね。


ローリエプレス編集部/高橋
こちらのマイクも、リモート飲み会で活用できそうです。




ゆとりOL もちさん
「BLUE」というブランドのマイクです。自分の声を忠実に拾って相手に届けてくれるので、音はかなりいいと思います。リモート会議でも大活躍してくれています。


ストレス解消に効くとっておきのアイテムたち



ローリエプレス編集部/高橋
お話を聞いていると、もちさんは周りにすごく気遣いをしながら日々生活されているんだなと感じます。疲れもたまるかと思いますが、どのようにストレス発散していますか?


ゆとりOL もちさん
仕事後に料理をするのが好きです。何も考えずに集中できますし、食材を切るのってなんだかスッキリするので。ニンジンやジャガイモを切ってポトフにしたりします。




ゆとりOL もちさん
それと、最近はお茶にハマっていて。いろんな国の紅茶を集めて、気分や体調に合わせて楽しんでいます。


ローリエプレス編集部/高橋
たしかに、紅茶の香りはリラックス効果も期待できそうです。




ゆとりOL もちさん
あとは、仕事で疲れたときは寝室にある棚をぼーっと見たりします(笑)。好きな雑貨だけを置いているので、見ていると気分が落ち着くんです。




好きなことを仕事にするより「その仕事をしている自分が好きかどうか」



ローリエプレス編集部/高橋
もちさんが働く上で大事にしている軸を教えてください。


ゆとりOL もちさん
進路に悩んだときは「その仕事をしている自分が好きかどうか」を考えています。

よく「好きなことを仕事にしよう」という言葉を聞きますが、本当にそうである必要があるのか疑問に思っていて。この言葉が広まってから、デザイナーなどのクリエイティブな仕事がもてはやされる一方、総務や財務など事務系の仕事がないがしろにされている気がするんです。

好きなことを仕事にするんじゃなくて、「その仕事をしている自分が好きか」「ありたい自分でいられるか」という軸で決めた方が、後悔がないと思っています。


ローリエプレス編集部/高橋
なるほど……! もちさんは一度転職をされていますが、そのときもこの軸で決めたんでしょうか。


ゆとりOL もちさん
そうですね。私自身、デザインが好きというより「デザインをしている自分が好き」なのと、好きなものに囲まれた部屋で自分らしく働く姿が想像できたので。




ローリエプレス編集部/高橋
最後になりますが、目標にしたいロールモデルはいますか?


ゆとりOL もちさん
特定のロールモデルはいませんが、「この人のこういうところが素敵だから、私も真似したいな」と思う人はたくさんいます。

周りにいるいろんな人の良いところをかいつまんで盛りつけた、スペシャルなパフェのようになりたいです!


>「苦手な人」とうまく付き合うには?ゆとりOLもちインタビュー前編はこちら

『ゆとりOLの毎日はなまるひとり暮らしルール』(KADOKAWA)





ゆとりOLもちが一番大切にしていることは「毎日楽しく生きたい」という思い。できないことではなく「できること」に目を向ける、ひとり暮らしのアイデア帳。KADOKAWAから発売中。

(編集・文:ローリエプレス編集部/高橋千里、撮影:Watanabe Manami)
1

この記事を書いたライター

ローリエプレス編集部
恋愛・ファッション・美容・女子のトレンドに関するコラムを毎日配信中。動画やイラスト付きコラムも多数掲載中!

関連記事