簡単に小顔になる方法を教えて!整形級メイクやヘアスタイルを徹底解説♡

顔の大きさがコンプレックスで、心からおしゃれが楽しめない人もいるでしょう。メイクだけでなくヘアスタイルやコーディネートも工夫して、あこがれの小顔を手に入れませんか? 
今回は、簡単に小顔になる方法をご紹介します♡


目次 [開く]

小顔に見せるために欠かせないアイテムとは?


小顔に見せる鍵を握っているのは『光』と『影』を演出してくれるメイクアイテムです……♡

鼻筋や眉下など強調したい部分には明るい色、フェイスラインなど小さく見せたい部分には暗い色をのせて、小顔見せを狙いましょう!

小顔になるアイテム1. ツヤ感を与えるハイライト


『ハイライト』とは、額・鼻筋・眉下・ほお骨・あご先・唇の上に肌色よりも明るい色をのせて『立体感』を出せるアイテムです♡

大きく分けて、パウダー・スティック・リキッド・クリームの4種類がありますよ!『パウダー』タイプは、アイシャドウとしても使用できるマルチなコスメです。


手を汚したくないときやパキっと発色させたいときは、顔に直接塗れる『スティック』タイプが便利ですよ。

『リキッド』と『クリーム』タイプは、クリームファンデのようなテクスチャーで、みずみずしいツヤ感と立体感の両方を叶えてくれます♡

リキッドのほうが水分が多く、ファンデーションの上からのせてもスッとなじみますよ。クリームタイプは油分が多いため、肌へ叩くようにのせるとしっかり密着するでしょう。

こちらもおすすめ♡





小顔になるアイテム2. 立体的メイクを叶えるシェーディング


『シェーディング』は、顔にベージュやブラウンといった暗い色をフェイスラインやほおへのせて『影』をプラスできるアイテムです。


ハイライトと同様に4種類あり、輪郭を削るように小顔見せが狙えますよ♡

『パウダー』タイプはふんわりと発色するため、初心者さんでも簡単です。『スティックタイプ』は密着力があり、広範囲にもヨレることなくサッと広がりますよ。

『リキッド』はマット系からツヤ系までバリエーションが豊富です。肌へ自然になじむため、重ね付けして色味の調整もしやすいです!

『クリーム』タイプは、眉下のくぼみなど小さな範囲へのポイント使いに重宝します。油分の割合が高いものの、ほどよく水分を含んでおり乾燥しやすいパーツにも使いやすいですよ♪

こちらもおすすめ♡





小顔になるアイテム3. 濃いファンデーションでもOK


影を付けたいときは、気になる部分に『濃い色のリキッドファンデーション』を塗るテクニックもありますよ。使用するタイミングは、普段使っている『ファンデーションを塗る前』です!

濃いめのファンデーションをほお骨やフェイスラインなどの小さく見せたい部分に手でのせてから、普段使っているファンデーションを顔の中心から伸ばしましょう。

濃い色との境目は、指でぽんぽんとやさしく叩きながらなじませると、ナチュラルに仕上がります♡もともと肌色を均一にする目的で使われるファンデーションなら、色を加えている感覚が少なくニュアンスに変化が付きますよ。

こちらもおすすめ♡





整形級メイクで小顔になる方法


普段のメイクにひと工夫加えて、小顔に見せることも可能です♡ 少しメイクを変えるだけで、顔がシュッと引き締まって見えますよ!

シェーディングなどを買い足さず、手持ちのアイテムで小顔に見せたい人は要チェックです!

メイクで小顔になる方法1. チークは斜めに入れる


『チーク』は入れる面積が広く、顔の印象を大きく左右する重要な存在です♡ 顔の内側にチークをのせると顔の横幅が強調されるため『黒目の外側まで』を目安にするとよいでしょう。

入れる位置は『鼻先と耳の穴を結んだ線の上』を中心として、楕円(だえん)状に少しずつ広げていった範囲です。



小顔に見せたいときはシェーディングと同じように影を演出するアイテムとしても活躍しますよ……! 普段の華やかメイクには、血色感を出せるピンクや赤を選びますよね。

影を入れる場合は肌なじみのよい『ベージュ系』にすると、色浮きなく立体感がアップするでしょう♡

メイクで小顔になる方法2. 眉毛はやや長めを意識して


眉毛の長さによっても、顔の大きさが随分違って見えますよ! 眉毛が短いほど顔の余白が目立って、顔が大きく見えてしまいます……。眉毛は『少し長め』に描いて、余白をカバーしましょう♡

眉尻の長さは『小鼻と目尻を結んだ線の延長上』までを目安にします。眉頭は『目頭』の上から鼻筋のカーブに沿うような形を描くと、男性的なカクカクした印象がやわらぎますよ。


もっと小顔に見せたいなら、長さだけでなく眉毛の形にもこだわってみましょう!

眉毛の『へ』の字の角にあたる『眉山(びざん)』をきちんとつくったうえで、眉尻を『ななめに下げて描く』とより立体感を出せますよ♡

小顔に見せるシェーディングの入れ方


シェーディングとハイライトの入れ方はフェイスラインの悩みによって異なります。シェーディングは目立たなくしたい部分に入れますが、入れすぎには注意が必要ですよ。

ナチュラルな仕上がりを目指して、ふんわりとなじませるように心がけましょう♡

小顔に見せるシェーディング1. エラが張っている部分に入れる


『エラ』とは、両あごの角張った部分です。奥歯をかみしめた際に力の入る『咬筋(こうきん)』の発達によって張ったように見えることもありますよ。

エラが気になるからといって広範囲にシェーディングを入れると、ほおがこけたように色が浮いて見えてしまうかもしれません……!


ナチュラルにエラをカバーしたいなら、エラが張っている『ほおの外側』だけにとどめておきましょう♡

具体的には『耳下の付け根~あご先』を三角形に結ぶラインからはみ出ないくらいがベターです。

小顔に見せるシェーディング2. 縦幅、横幅を調節する


面長さんも丸顔さんも『卵型』に輪郭を整えるイメージで、シェーディング&ハイライトを入れていきましょう。顔の立幅と横幅が『1:1』となる卵型は、理想の顔型とされていますよ……!

縦幅をカバーしたい面長さんは『フェイスライン~あご先』までの部分と『前髪の生え際』にシェーディングを入れます。

『目の下』には、ハイライトを横長に入れて、横幅を強調させることが大切ですよ♡丸顔さんは、フェイスラインの『外側』にシェーディングを入れて卵型に近づけましょう。『目の下』と『あご先』にハイライトを縦長に入れると、丸顔の印象が一層やわらぎます。

ヘアスタイルで小顔になる方法


もっと小顔に見せたい人や、今のメイクを変えたくない人は、ヘアスタイルとヘアカラーにもこだわってみましょう!サイドの髪でフェイスラインを隠すのにあきてきた人も、参考にしてみてはいかがでしょうか?

ヘアスタイルで小顔になる方法1. 毛先をカールさせる


ヘアアイロンやコテで髪にカールを付けると、顔の回りにボリュームが出て、フェイスラインが目立たなくなりますよ♡

「派手な巻き髪が苦手」「自分に似合う巻き髪がわからない」という人は『毛先』だけをくるっと内側にカールさせてはいかがでしょうか♡

毛先に『丸み』を持たせることで、輪郭に視線がいきにくくなります! 鎖骨にのるくらいの『ワンカールボブ』に今ドキの流し前髪を合わせると、丸みのあるラインを複数出せますね。

ミディアムストレートなら、ぱっつんにしてフェイスラインに沿った大きめの内巻きカールをつくりましょう。髪型で『逆三角形』のようなフォルムを演出できますよ。

ヘアスタイルで小顔になる方法2. 透明感のある暗めカラーがおすすめ


白色がかったゴールドやピンク、グレーなど、ハイトーンカラーは色素薄い系の印象をプラスできておしゃれですよね! 女の子らしいやわらかさを出せますが、膨張色でもあります……。

頭が大きく見えるだけでなく『顔と髪の境目』がぼやけて、顔まで大きく見えてしまいますよ!

小顔見せを狙うなら、暗めのカラーでメリハリを付けましょう♡ ただし、黒髪は髪と顔の境目がはっきりしすぎて、顔の輪郭が強調されてしまいます。

アッシュベージュ・ブルーアッシュ・オリーブアッシュなど『アッシュ系のダークカラー』はほどよく透明感があり、顔の印象をさりげなく引き締めてくれますよ♡

小顔見せファッション


ファッションによっても、顔が大きくも小さくも見えますよ。特に、顔の近くにあるトップスと帽子の選び方が重要です!女の子らしいコーディネートを楽しみながら、あこがれの小顔を手に入れましょう♡

小顔見せファッション1. 深めのVネックトップス


ハイネックや首元が詰まった服を着ると「顔が大きく見える気がする……」と感じたことはありませんか?

小顔に見せたいなら『首やデコルテは露出する』ほうが吉です……♡ 顔回りがすっきりして、フェイスラインが目立たなくなりますよ。『縦に深いVネック』を選ぶと、よりシャープに見えます。

胸元が気になる人は、白など『明るい色のインナー』を忍ばせましょう。すっきりとした印象を保ったまま、肌の露出を抑えられますよ♡

胸元だけレースのタイプなら、Vネックに付いているかのように自然になじみます。下着が見えてしまったようなちぐはぐ感がありませんね。

小顔見せファッション2. レディな雰囲気の女優帽


帽子にはキャップ・ベレー帽・カンカン帽などさまざまな種類がありますが、帽子によっては顔が大きく見えてしまうのが悩みですよね!

特に『つば』の小さい帽子は、顔の横幅も縦幅も強調されてしまいますよ。『女優帽』などのつばの大きい帽子で小顔を叶えてはいかがでしょうか?

女優帽は『つば広ハット』とも呼ばれています。かぶるだけで上品な雰囲気が出ると同時に、日焼け対策にも役立ちますよ♡夏にはさらっと清楚なシャツワンピース・冬なら体のラインの出るタートルネックのロングニットワンピースなど『体の縦のライン』を強調するコーデと組み合わせれば、より小顔が引き立つでしょう。

誰でも簡単に小顔になれちゃう


顔の輪郭はごまかしが利きにくい印象がありますが、メイクだけでなくヘアスタイルやファッションでも簡単に小顔見せは叶います♡

初心者さんにはハードルが高そうなシェーディングも、ポイントさえ押さえれば難しくありません。ヘアスタイルやファッションにも小技を取り入れたら、気分は小顔なモデルさんですね♪

新希咲乃ちゃん流 簡単小顔マッサージのやり方♡ 寝る前のルーティン紹介

えりんこちゃん流 写真の撮り方講座♡ 小顔&ダイエット方法も

昨日より小顔になれる♡ デート前日でも間に合う”むくみケア”の心得!

【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事