ダメージ髪にはこのヘアオイルがおすすめ。夢のうるツヤ髪を目指そう

ヘアカラーやパーマをくり返していると、髪のダメージやパサつきが気になりますよね。パサパサの髪やまとまりにくい髪は『ヘアオイル』でしっかりケアしましょう。うるおい&ツヤのある髪に憧れる女性必見のおすすめヘアオイルをご紹介します♡



目次 [開く]

ヘアオイルは主に3種類


ヘアオイルは髪をダメージや乾燥から守り、ツヤのある髪に導いてくれるアイテムです……!

主に『植物性』『鉱物性』『動物性』の3タイプがあります。それぞれの特徴や魅力をチェックして、自分に合うヘアオイルを見つけましょう♡

ヘアオイルの種類1. ナチュラルな使い心地の植物性


植物性ヘアオイルは、植物の種子や果実から採れるオイルです。椿油・オリーブオイル・ホホバオイル・アルガンオイルなど、さまざまな種類がありますよ!

天然由来のものを原料に作られているため、髪や地肌に刺激が少ないのが特徴です♡ 無香料や植物の自然な香りのものが多いため『強い香りが苦手な人』にもぴったりといえるでしょう。



ヘアオイルの中でも、ナチュラルな使い心地です。「付けた後にベタベタするのが気になる……」という人におすすめですよ。

寝る前や朝のセットに使うことで、髪の広がりを抑えてくれたり髪のツヤを出してくれたりします。

ヘアオイルの種類2. 毛先メインで使う鉱物性


鉱物性ヘアオイルは『石油』を原料としたヘアオイルです。ワセリンやベビーオイルなどがあてはまります。

シャンプーによく入っている『シリコン』が配合されているものも多いですよ! 髪の表面をコーティングすることで、ツヤ感を出して肌触りをよくしてくれます。

無添加の植物性ヘアオイルに比べて、柑橘系やシャボン系など香りの幅が広いのが特徴ですね。気分に合わせて、好みの香りを楽しめるでしょう♡

鉱物性ヘアオイルは、凸凹とした髪の表面をなめらかに整えてくれます。

頭皮やトップの髪に付けると毛穴を塞いでしまう可能性があるため、ダメージを受けやすい『毛先』を中心に付けるのがポイントです!



ヘアオイルの種類3. 髪になじみやすい動物性


動物性オイルは、その名の通り動物から採れるオイルのことです。

馬の皮下脂肪が原料の馬油や、深海に生息するサメから採れる油を使用しているスクワランなどは、温泉施設などで使ったことのある人も多いのではないでしょうか?

動物性のものは、ほかのヘアオイルよりも『人間の皮脂に近い成分』で、髪や肌へなじみがよいのが魅力です。

植物性と比べると『やや重め』のテクスチャーで、塗りたてはべっとりとした感触にかもしれません。ただ、人肌への浸透力が高く、すぐにさらさらとした感触に変化しますよ♪

髪への伸びもよく、しっとりとした艶やかさを演出してくれるでしょう。



市販の人気ヘアオイル


ヘアオイルは習慣化するほど健やかな髪へと導けます。手軽に使いやすいものだとうれしいですよね♡

初めてヘアオイルを使う人は、プチプラで手に入る市販のヘアオイルからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

人気ヘアオイル1. ルシードエル オイルトリートメント #EXヘアオイル


『ルシードエル(LUCIDO-L)』の『オイルトリートメント #EXヘアオイル』は、保湿力の高い植物性オイル『アルガンオイル』を使用しています。

深海10000mと同等の圧力をかける『超高圧処理』されたオイルで、髪の1本1本をうるおいでコーティングしてくれますよ!

美容成分をたっぷり含んでおり、髪の質感を整えきれいな髪へと導いてくれることでしょう……♡ ベタつきにくいタイプのため、うるおいを与えつつもさらっとした仕上がりにしてくれます。

華やかなフローラル系の香りのヘアオイルで、夜寝る前に使用すればよい香りとともに眠りにつけそうですね! さらっとまとめたいときの朝のセットにもぴったりですよ。



人気ヘアオイル2. マシェリ ヘアオイル EX


『マシェリ(MACHERIE)』といえば、フローラルな香りが魅力のヘアケアアイテムで有名です……♡

タバコや食べ物のいやな香りをつきにくくする『スモーキーカット香料』が配合されており、気になる香りもカットしてくれます♡

香水が要らないくらいの艶やかな香りで、付けることで魅力的な女の子になれるでしょう。香りのよさはもちろんのこと、付けた途端に髪に素早くなじみしっとり&さらさらさの手触りの髪へ仕上げられます。

静電気やドライヤーの熱から髪をケアしてくれるため、使うほどにダメージ知らずの髪に育てていけますよ♪



香りがよいヘアオイル


よい香りのアイテムを使うと、自然に気分が上がりますよね……! ヘアオイルの中には、香りにこだわりを持つアイテムもあります。

よい香りのヘアオイルを使用して、毎日のヘアケアタイムも楽しみましょう♡

香りがよいヘアオイル1. ミスジョアンジュ フレグランス ヘアオイル


『ミスジョアンジュ(MISS JOANGE)』のヘアオイルは、まるで香水瓶のような見た目と華やかで女性らしい香りで有名です♡

香りの持続性が高く、ほのかにやさしい芳香が漂います。香水が苦手な人でも付けやすいでしょう!

フローラルな『マグノリアブーケ』やローズが上品に香る『スプリングフラワー』の香りは、普段使いとしても選びやすいですよ。

気品あふれる『ブルーミングローズ』で、よそ行き風感をプラスするのもよいですね♪

4種類すべての香りがオリーブ油やヒワワリ種子油などオーガニック成分を配合しています。髪のダメージをケアしつつ、よい香りを楽しみましょう♡



香りがよいヘアオイル2. ロレアルパリエクストラオーディナリー オイル


『ロレアル パリ(L'OREAL PARIS)』の『エクストラオーディナリー オイル』は、うるおいや補修など、目的に応じて選べます。

なかでも、ツヤ髪を目指す人におすすめな『エクラアンぺリアル 艶髪オイル』は、フレンチローズオイルを配合しているのが特徴です。

使用することで、1日中どの角度から見てもキラキラと輝くうつくしい髪に見せてくれるでしょう♡ 毛先までしっかりまとめてくれるうえに、絹のようななめらかな仕上がりです。

指通りのよいツヤのあるさらさらヘアーが手に入りますよ! 香水の都・南仏グラース地方で生まれたローズの香りをオイルに閉じ込めています。高級感ある上品な香りを1日中楽しめるでしょう。



髪に優しいヘアオイル


カラーやパーマをくり返していると、髪がパサパサしたりまとまりにくくなったりしますよね……。

髪の傷みが気になる人は『ダメージケア』に着目したヘアオイルを使用して、しっかりお手入れしてあげましょう♡

髪に優しいヘアオイル1. ダイアン パーフェクトヘアオイル


『モイスト・ダイアン(Moist Diane)』からは、質感の違う4タイプのヘアケアアイテムがラインナップされています。

傷みが気になる髪には、プッシュ式の『パーフェクトヘアオイル』を選びましょう♪ オーガニックアルガンオイルに加えて、髪の主成分である『ケラチン』が配合されています。

髪からの水分の蒸発やパサつきを抑えてくれますよ。オイルが水分をコーティングしてくれるため、髪がまとまりやすくなるでしょう!

きれいな髪は毎日のケアで成り立ちます。タオルドライ後に適量を毛先から髪全体になじませて、髪の毛をしっかりケアしてあげましょう♡



髪に優しいヘアオイル2. ミジャンセン パーフェクト セラム オリジナル


韓国の女性はうつくしい髪の人が多いですよね♡ ツヤツヤの髪の女性を目にするたびに「私もあんな風になれたら……!」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか?

韓国の美容ブランド『ミジャンセン(Miseen Scene)』の『パーフェクトセラム オリジナル』は、美意識の高い韓国女子に有名なアイテムです♡

洗い流さないタイプは、アルガンオイル・ローヤルゼリー・ローズウォーターなど天然由来成分が配合されており、ブリーチやヘアカラーでパサパサの髪もまとまりやすくしてくれますよ!

やさしいフローラルの香りが使用するたびに幸せな気分にしてくれるでしょう♡



しっかりうるおうヘアオイル


ヘアオイルは毎日使用するものであるからこそ、お財布との相談も必要になってきます。「コスパのよいものだとうれしい……」というのが本音ですよね♪

伸びのよいヘアオイルを選べば、数滴で十分な効果が期待できます。少しの量でもヘアケアできますよ! 毛先までしっかり伸ばせることで、髪がまとまりやすくなるでしょう。

しっかりうるおうヘアオイル1. 大島椿


椿から採れるオイルを使用した『椿油』は、古くから存在する日本伝統のヘアオイルです。なかでも『大島椿』は、1927年の創業から90年以上も愛されているロングセラー商品ですよ!

大島椿はオイルの伸びがとてもよく、1滴・2滴で髪全体をケアできます。肌にやさしいオイルで、ハンドケアやネイルケアのほかメイク落としとしても使用可能です……!

「髪だけでは使いきれない!」といった、うれしい悩みを持つくらいのコスパのよさが魅力です♡



しっかりうるおうヘアオイル2. スリー スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル R


『スリー(THREE)』の『スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル R』は、100%植物成分で作られたこだわりのヘアオイルです……♡

さらさらとした質感の使いやすいオイルが髪をきれいにまとめてくれますよ! 塗ることでツヤ感もアップするため、朝のセット時に使えば1日きれいな髪をキープしやすくなるでしょう。

1回1滴・2滴で足りてしまうため、1本で2カ月以上持つといわれています。ちょっぴり贅沢なアイテムを選ぶことで、毎日のヘアケアタイムが特別なものになることでしょう♡



サロン級のヘアケアが叶うヘアオイル


サロンでトリートメントをしてもらった日は、うるツヤの髪が手に入ったような気がしてうれしくなりますよね……♡

自宅ケアにも『サロン使用のヘアオイル』を取り入れることで、サロン帰りのようなヘアが日ごろから叶うかもしれませんよ!

ヘアケアが叶うヘアオイル1. ミルボン ディーセス エルジューダMO


サロン使用のヘアケア製品『ミルボン(MILBON)』は、ヘアサロン専用ブランドながら、美容室の店頭での購入が可能です。

サロンの壁掛け棚などに置いてあるのを見かけたことのある人もいるのではないでしょうか? 自宅でサロン気分を味わえるアイテムとして人気のヘアケアアイテムですよ。

ヘアオイルの『エルジューダMO』は、使うたびに髪がやわらかくなる力を高めてくれます。硬い髪質であってもおさまりやすい状態に整えてくれるでしょう♪

もともと髪がゴワつきやすい人や髪が硬くて扱いにくい人にぴったりのアイテムですね!

コテやアイロンで髪を巻こうとしても取れやすい人は、オイルを毎日使い続けることで髪が扱いやすくなるかもしれませんね。



ヘアケアが叶うヘアオイル2. パタゴニックオイル カテドラル スムース


髪質がやわらかいうえに細くコシがない髪の場合、お手入れが難しいですよね……。もつれやすく、ヘアアレンジにも苦労します。

そんな繊細な髪質の人は『デミ(DEMI)』の『パタゴニックオイル カテドラル スムース』がおすすめです! サロン用アイテムですが、提供している店頭で購入できますよ。

南アメリカ大陸にあるパタゴニア地方のローズにシリコンを配合しており、さっぱりとした感触ながらも高い保湿力を誇ります♡

パタゴニアの大自然の恵みをふんだんに使ったシンプルな配合のアイテムであるからこそ、付けたときにほかのヘアオイルとの違いがわかりやすいでしょう。



いつだってツヤめく髪でいたい


『髪は女性の命』というように、うつくしい髪はその人の表情もうつくしく見せてくれます♡

ダメージを受けた髪は、すぐに修復することは難しいかもしれません。それでも、ヘアオイルでしっかりケアすることで、きれいな髪に見せることは十分可能ですよ。

お風呂上がりや朝の数分のお手入れをちょっと頑張ることで、誰もがうらやむきれいな髪を手に入れましょう!

美容オイルの意外な使い方を伝授♡ 全身の保湿ケアにおすすめなアイテム

ヘアダメージやアレンジ崩れの悩みを解消! 美髪をキープできるアイテム♡

ベビーオイルってプチプラなのに万能♡ 髪・顔・ボディへの効果的な使い方

【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事