ワンレンボブはどうオーダーする? アレンジの仕方も紹介

前髪なしのすっきりスタイルが叶う『ワンレンボブ』は、今ドキ女子に人気です! ショートからミディアムまで、好みに合わせてオーダーできますよ。黒髪ヘルシースタイルや、ウェーブを取り入れたガーリーアレンジも楽しめるでしょう♡

ワンレンボブはどうオーダーする? アレンジの仕方も紹介の1枚目の画像


目次 [開く]

ワンレンボブとは


ワンレンボブは『前髪』『サイド』『後頭部』の髪の長さがだいたい同じくらいにカットされたヘアスタイルです! 前髪が長くなるため、必然的に分けてサイドに流す髪型になるでしょう。

サイドと後頭部は、完全に同じ長さと決まっているわけではありません♡ 少し長さを変えた『前上がり』や『前下がり』なども注目です。

ワンレンボブとは1. 前髪なしの大人っぽいヘアスタイル


ワンレンボブの多くは前髪なしの分類です。重めの前髪は幼い印象ですが、前髪をあえて作らずすっきりさせると大人びて見えますよ♡



おでこをしっかり見せる潔いセンターパートはもちろん、左右どちらかを多めにして色気を出したりオールバックにしたりするのもインパクトがありますね。

ワンレンの中でもボブくらいのレングスであれば、髪が長すぎず重い印象になりません♪

やや短めに『あごの先』あたりでカットすると、鎖骨くらいに伸びてくるまで自宅でのケアだけで楽しめるでしょう。ショートボブからロブへの移り変わりが一度のカットで試せるのは魅力的ですね!

サロン通いの頻度が少なめでも、毛先の長さがそろっていればきれいなスタイルが維持できますよ♡

ワンレンボブとは2. 小顔が叶う前上がり


前髪がないと「おでこが出て顔が大きく見えるのでは……?」と心配な人も、カットの方法を工夫すれば大丈夫です♡ 小顔を意識するなら『顔回りが短め』のヘアスタイルを取り入れてみましょう。

前上がりのワンレンボブは、髪の長さが前~後ろまですべて同じではなく『後ろより前が短め』のスタイルですよ。

後ろはミディアム程度の長さで正面へ行くほどだんだんに短くなる髪型は、顔回りを髪がふんわり包み込んでナチュラルに見えますね……♡

前上がりのシルエットなら、エラの張りや広めの頬が髪のカーブで自然に隠せます。小顔見せが期待できるヘアスタイルですね。丸みがあって女性らしく、かわいらしさもありますよ!



ワンレンボブとは3. 初心者も失敗しにくい前下がり


『前が長めで後ろが短い』前下がりボブは、キリッとした印象ですね。ストレートでもトレンド感があり、今ドキに見えますよ♡

長めの髪がフェイスラインをおおってくれるうえに縦ラインの強調もできますね! 黒髪ストレートの前下がりボブは知的美人風で、ボブスタイル初心者でも満足できるでしょう。

やわらかさを出したいときは、前髪部分にかきあげたようなウェーブをかけると、大人のゆるい色気も演出できます♪

後ろをうなじくらいにそろえて、前はあごラインより少し下で内巻きカールを作ると、気品がありつつナチュラルな仕上がりですよ♡ ダークカラーでも重くなりすぎず、さわやかに見えますね。



ワンレンボブはオーダーの仕方で印象が変わる


ワンレンボブは、前髪・サイド・後ろなど部分ごとに髪の長さを指定するオーダーではありません。『同じくらいの長さで毛先をそろえたボブ』を指します。

とはいえ、ショートからロングまで、ワンレンボブでも長さはいろいろありますよ♡ 前髪とサイドがほぼ同じなら、長さの違いだけで印象がガラリと変わるでしょう。

少しずつ長さを短くしながら、自分好みのワンレンスタイルを探すのも楽しそうですね!

ワンレンボブの種類1. ショートボブから長めのボブまで


ボブの長さは『あごライン~肩に付くくらい』です。ショートボブなら丸みのあるアクティブな雰囲気で、長めのロブは清楚なお嬢さん風にも見えますよ♪

おかっぱのようなぱっつん系やウェーブを取り入れた美人ヘアなど、種類が多いのも魅力ですね。

同じ長さのワンレンボブでも毛先だけカールさせたり、ひし形のシルエットを作ったりとスタイリング次第で印象も大きく変わります。

オーダーする際は、カット方法や長さをしっかり伝えると仕上がりがイメージしやすくなりますよ。言葉で表現しにくい場合は、写真を持っていくとわかりやすいですね。



ワンレンボブの種類2. 透明感あるベージュカラーをチョイス


ワンレンボブといえばアイドルや女優に多い『黒髪のぱっつんスタイル』のイメージが強い人もいるかもしれません。実は、色素薄めな明るめカラーで、軽くておしゃれな雰囲気にも挑戦できますよ!

ふわっとやさしげな印象に仕上げるには『ベージュ』がぴったりです。明るく落ち着きがあるアッシュベージュは清楚系に見えますね♡

レイヤーを入れないボブでも、色を明るくすると空気をまとったようなスタイルに早変わりです。「ボブにしたらずっしり重い雰囲気に……」と悩んだときも、カラーで解決できますよ。

大人感を出したいときは、コテを横に持ってくるっと内側に回転させて作る『内巻きワンカール』でさらに動きを出してもよいでしょう。



ワンレンボブの種類3. 太めのハイライトで抜け感をプラス


ボブスタイルを軽く、流行感たっぷりに仕上げるには『ハイライト』を活用しましょう。ハイライトは、カラーを一部分だけ変えて染める方法です。

暗めのカラーと明るめのカラーの対比で、抜け感が出せますよ♡

ハイライトは、髪の表面や耳にかけたときにだけ見える位置へさりげなく細めに入れるケースが多いですが、透明感や軽さを重視する場合は『あえて太め』がおすすめです……!

明るいハイライトは太陽にあたったときにキラッと輝きます。くっきり見えると今風で、おしゃれですよ。アッシュ系のカラーなど『明るく派手すぎない色味』がかわいいですね♪



ワンレンボブのセットは簡単


前髪を作る必要がなくストレートでも垢抜けて見えるワンレンボブは、スタイリングも簡単です!

そのままさらさらストレートですっきり見せるのもおすすめですが、ワンレンの長さを生かしつつワンカールを取り入れると雰囲気がガラッと変わりますよ♡

ワンレンボブのセット1. ワンカールで美髪に演出


ワンレンボブで取り入れやすい簡単スタイリングは、ワンカールです! 毛先をくるりと内側に入れ込むだけで、フォーマルな雰囲気になりますよね。

スタイリングは、不器用さんでも問題ありません……! まず、髪を『表面~内側』まで、高さで三層に分けてブロッキングしていきます。

さらに、サイドや後頭部などの位置でもいくつかのブロックに分けて少量ずつ毛束を取りましょう。クリップなどで不要な髪を留めておくと、邪魔になりません。

コテを横にして毛束をはさんだら、毛先まで真っすぐ下ろします。『やや内側』に手首を返して少しずつカールさせるのがコツですよ♪



ワンレンボブのセット2. 束感を出せばストレートでもおしゃれ


黒髪ストレートのワンレンボブは、1歩間違えると「もっさり見えてしまうのでは……」と心配になる人も多いスタイルです。

軽く見せて今風にアレンジしたいなら、スタイリングのときに濡れ感をプラスしましょう。『ツヤ感』を出せるワックスやヘアオイルをもみ込み、セミウェットに仕上げます。

指の腹にのるくらいの量を手のひらで伸ばしてから『後頭部の中央~毛先』ヘなじませていきましょう。毛先はねじるように、細く毛束を作ります。

『濡れたようなツヤと束感』がキモで、普通のストレートでも垢抜け女子になれますよ♡ ツヤを出しすぎるのではなく、ナチュラル感を大切にしましょう。



ワンレンボブにぴったりな外ハネの巻き方


ワンレンボブで活動的な元気女子っぽく見せたいときは『外ハネスタイル』がおすすめです。コテを使って自分でスタイリングできるため、気分に合わせて取り入れられます!

ワンカールの要領で外にハネさせるだけで、簡単に今ドキのスタイルが作れるでしょう♡

ワンレンボブのアレンジ1. コテをスっと真っすぐ下ろして巻く


毛先のほんの少しだけ『し』の字のように跳ねた流行の外ハネスタイルは、コテで簡単に作れます♡

内巻きと同じような要領で、途中から外へくるっと巻きたくなりますが『自然に真っすぐ下ろすだけ』で十分ですよ♪ カールタイプのコテは、ナチュラルな丸みが付いていますよね。

意識して外に向けなくても、きちんと毛先がハネるため問題ありませんよ。髪を表面と内側でブロック分けして、少しずつ巻いていきましょう♡

外ハネは、髪同士の間に少しすき間があるだけでもシースルーのようなトレンド感があります。真っすぐ下ろすだけでスタイリングできるのはうれしいですね。

飾らないスタイリッシュなストレートのワンレンボブスタイルを生かせるアレンジです!



ワンレンボブのアレンジ2. 耳かけで垢抜け


手軽にイメージを変えたいときは『耳かけアレンジ』がぴったりです! 髪を耳にかけるだけで、大人っぽさや上品さが出てきますよ。

無造作に見えますが『分け目に近いほう』の髪をかけるのが、好バランスです♡ 片側のみを耳かけにして、視線を集めましょう。

毛先があごあたりにくるワンレンボブなら、大ぶりのイヤリングやピアスが映えそうですね! 顔回りの髪だけおくれ毛のように残して、ほかを耳かけ&ふわっと外ハネさせてもおしゃれですよ。

簡単にアレンジできて、イメチェンにもなる耳かけスタイルを楽しみましょう♪



ワンレンボブおすすめヘアアレンジ


気持ちを切り替えたいときや特別な日は、ヘアアレンジを楽しみたいですよね♡

ワンレンボブは結べる程度の適度な長さがあり、お団子やハーフアップなど、いろいろ試せますよね! ミディアムくらいの長さがあれば、アレンジはかなり豊富ですよ。

ワンレンボブおすすめアレンジ1. ロープ編みで前髪をかわいく


ワンレンボブは、前髪が長いぶんアレンジの種類が豊富です♡ 普段はセンターで分けている前髪部分を『ロープ編み』にすると、カチューシャで前髪を上げたような垢抜けた雰囲気になりますよ。

ロープ編みは毛束を二つに分けてから交差させ、ふわっとほぐすだけです。前髪を立ち上げ気味にしたいなら『頭頂部のほうへ外巻きにねじりながら交差する』とトップがふんわりします!

編み込んだ前髪は『耳上』あたりで固定しましょう。隠すのではなく、お気に入りのヘアアクセで個性を出します。ロープ編みの毛流れを毛先まで楽しめるでしょう。

ゆるっと感を出したいときは、サイドや後頭部の髪もコテで巻いて動きを出すとやわらかさが出せますね。



ワンレンボブおすすめアレンジ2. ピンなしでできる ゆるっとハーフアップ


ハーフアップは、ゴムを2個使うとこなれ感が出ます……! 最初に表面の髪を薄く取って、かきあげるように『後頭部の真ん中上寄り』で結びましょう。

ゴムの結び目を下ろすようにゆるめてやわらかさを出します。少しトップがたるむくらいにほぐしてOKですよ! ハーフアップの真下へ『耳回り』のサイドの髪をゆるくねじりながら持ってきます。

ゴムの結び目が『上下くっつくくらい』の間隔で、真ん中で結びましょう。

2段目に作ったねじり結びの結び目を上げるときは、毛先を左右半分に割って持ってキュッと引っ張るようにするとよいですよ♡



ワンレンボブおすすめアレンジ3. さわやかなトップお団子


すっきり感のあるアップスタイルをボブで試したいなら、お団子スタイルは鉄板ですよね。「ボブではお団子が作れない……」と諦めてしまうかもしれませんが、ひと工夫すればたちまち解決です♪

髪を表面と内側で上下に分けてから『上の部分だけ』トップで結んでお団子を作りましょう♡ 下部分まで無理にまとめようとしなければ、ボブでも大丈夫ですよ。

あまった下の髪は毛束をねじり、毛先をお団子の結び目のほうへ持ち上げて目立ちにくいピンで固定します。

すべて一緒にまとめるのではなく『3~4ブロック』に分けてとめていくとたるみにくくなりますよ! うなじあたりのおくれ毛は適度に残して、トップをふわっとさせましょう。



エアリーで今っぽいワンレンボブにしよう


ワンレンボブは、カラーやオーダー方法でおしゃれな今風スタイルに変化します♡ 前上がりや前下がりなど、垢抜けて見えるカットを試すのもよいですね。

ワックスをもみ込むだけのセットやワンカールだけで作れる巻き髪など、毎朝のスタイリングにも時間がかかりません。

あまった時間でハーフアップやお団子など、いろいろなアレンジにも挑戦できますよ♡

ボブヘアカタログまとめ♡ ボブヘアはアレンジ次第でかわいくなれる!

黒髪ボブ最強説は本当だった。清楚な愛されヒロインになるテクニック

簡単かわいいボブヘアアレンジ2変化♡ ピンとゴムですぐできちゃう! 

【写真はすべて許諾を得てご紹介しています】

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ