24hかわいさが崩れないメイク♡ 崩れ防止&正しいメイク直しのやり方を伝授!

そろそろ2019年も終わりに近づいてきて、年末のご挨拶や忘年会、クリスマスデートにイベントごとが多くなってきますよね! そんな大事なイベントの時、女の子はずっとかわいさをキープしていたいけど、この季節は乾燥や外気と室内の温度差によるメイク崩れがち……。なのに、デートや飲み会の時は中々メイク直しができなかったりしますよね。

今回は、そんな時に実践して欲しい崩れにくいメイクテクと、崩れてしまった時に綺麗に直す方法を伝授します♡



乾燥や温度差に負けない! 崩れにくいメイクテクをマスターしよう♡


24h崩れないメイクテク1.メイク前にパックで乾燥予防する


この時期は、特に乾燥が原因でメイク崩れが起こりやすいので、メイクをする前にしっかりスキンケアをして乾燥を防ぐことによりメイクが崩れにくくなります。夜寝る前にフェイスマスクをする方が多いと思いますが、メイク前のフェイスマスクが簡単でおすすめ! 冷蔵庫で冷やしてから使うと毛穴がキュっとしまり、メイクノリも良くなりますよ。




おすすめアイテム♡




24h崩れないメイクテク2.部分別にベースを仕込む


部分別にベースの種類を変えて仕込むことによって崩れにくくなります。

『Tゾーン』や『顎下』には、皮脂崩れ防止のベースを♡


Tゾーンや顎下は、冬でも皮脂が多く出て崩れやすい部分だと思います。なので、皮脂が気になる部分のみ、皮脂くずれを防止してくれる化粧下地を塗るとサラサラの仕上がりになり崩れにくくなります! おすすめは、プリマヴィスタの皮脂崩れ防止化粧下地。この時期は、全体に塗ってしまうと乾燥するので要注意です! 



おすすめアイテム♡




『頬』には、毛穴レスにしてくれるベースを♡


肌の緩みによってできてしまう頬あたりの凸凹は、時間が経つと毛穴落ちする方もいると思います。なので、毛穴の凹凸が気になる部分には、表面をツルっと平らにしてくれるベースを仕込むのがおすすめ。片手の手で、こめかみ部分を持ち上げながら頬を滑らせるように塗ると毛穴が均一に整います。



ランコムのタンイドル ウルトラ ウェア ブラーは手を汚さず使えるところがおすすめ。ローラメルシエのファンデーションプライマー ハイドレーティングは、肌に潤いを保ちながら肌をなめらかにしてくれるので乾燥肌の方にはこちらがおすすめです。ファンデーションのノリも良くなるのも高ポイント!
 


おすすめアイテム♡





『目元』『眉毛』にも下地を仕込むとより崩れ知らずに♡


目元や眉毛も時間が経つとヨレたり「消えてしまった!」という経験ありますよね? MACのプレップ プライム 24 アワー エクステンド アイ ベースを目元に塗ることでシャドーの発色を良くし、持ちも良くしてくれます。眉毛は「眉尻が消えてしまう」と悩みがある方も、これを塗ってあげると消えにくくなるのでおすすめです。



おすすめアイテム♡




3.チークには『クリーム』や『リキッド』、リップには『ティント系』を仕込む


チークとリップが取れてしまうと、血色感が無くなりかわいさがキープできません! チークはファンデーションを塗った後、薄くクリームチークやリキッドチークなど取れにくいものを入れ込んでからパウダーチークなどを重ね塗りを。リップは、ティント系を入れてからグロスなどを重ね塗りをすれば、頻繁に化粧直しをする必要がなくなりますよ。



4.仕上げはフィックススプレーでメイクを定着させる


仕上げはフィックススプレーを顔全体にふりかけましょう! メイクの最後の仕上げに顔にミストをふりかけることで、メイクが崩れにくくなり、日中の乾燥からも守ってくれます。クラランスのフィックスメイクアップはメイクと肌をぴったりとフィットしてくれて、霧が細かいので肌全体ふんわりと包み込んでくれます。



おすすめアイテム♡




MACのプレップ プライム フィックス+はきゅうりエキスが配合されているので、肌をひきしめてつやとハリを与えながらメイクをセットし持ちを良くしてくれます。



おすすめアイテム♡




それでもメイク崩れしてしまった時の応急処置! キレイに直す方法を知っておこう♡


どれだけメイク崩れを防止しても、肌のコンディションや1日の過ごし方によって崩れるときは崩れてしまうことも。そんなとき、メイクをキレイに直す方法があるのでぜひ実践してみてください。

ポーチに入れておくべきアイテム3つ♡


メイク直しのマストアイテム『ティッシュ、スポンジ、ファンデーション』を、カバンに入れておきましょう!



メイク直しの仕方1.ティッシュで皮脂をオフする


まずティッシュを三角にして顔に乗せてから軽く抑えて皮脂をオフしましょう。あぶらとり紙だと、皮脂を取りすぎて更に崩れてしまうのでおすすめしません。



メイク直しの仕方2.スポンジで皮脂の多い部分をメイクオフ


次に、Tゾーンなどの皮脂が多い部分はメイクごと取ってしまう方がメイク直しがしやすいので、優しく拭き取ってあげます。このとき乳液があると尚良いです!



メイク直しの仕方3.ファンデーションでお直し


最後に、ファンデーションを軽くポンポンと入れ込みます。ベタ塗りはキレイに仕上がりにくいので注意しましょう!



いかがでしょうか? 今回はメイク崩れしにくいテクニック&きれいにメイクが直せる方法を紹介しました。ひと手間加えるだけで崩れにくくなるのでストレスも減ると思います。ぜひ、試してみてくださいね♡



(伊波芳杏×よっぴー)

この記事を書いたライター

伊波芳杏×よっぴー
台湾と日本のハーフ ビューティーブロガー。 メイク、コスメに関する豊富な知識と経験を元にしたブログ記事が人気。

関連記事

今、あなたにオススメ