ウルっと見上げて彼のハートをゲット♡ プチプラコスメ作るぷっくり涙袋メイク

下まぶたがぷっくりしている女の子は、目元が印象的で守りたくなるようなかわいさがありますよね♡ 

そんな涙袋のぷっくり感は、元々なくても作れちゃうんです! 

今回は、涙袋メイクのポイントと作り方をご紹介します。


涙袋メイクのポイント


ポイント1. 憧れの涙袋を真似するのがコツ



涙袋といっても大きさやぷっくり感は人それぞれ。

憧れの形がどれくらいなのかをチェックして、それに近づけられるようにアイテムを使って作っていきましょう♡ 

ポイント2. クマを隠してからメイクする


クマのある上から涙袋メイクをしても上手に仕上がりません。むしろ、涙袋メイクがクマを強調してしまう可能性もあるのです。

クマはコンシーラーでしっかり消してから、涙袋を作るようにしてくださいね! 

ポイント3. わざとらしい涙袋メイクは逆効果! 



涙袋メイクは、ぷっくり見せれば見せるほどいいというものではありません。

わざとらしい涙袋メイクは、相手から見て感じる違和感の原因になってしまいます。そして、せっかくかわいく見せるためのメイクが、逆効果になってしまうことも。

わざとらしくない、ナチュラルな涙袋メイクを意識しましょう。


涙袋メイクに必要なアイテム



1. 薄いブラウンのアイライナー


まず用意するのは、薄いブラウンのアイライナーです。涙袋の線を引くのに使います。

薄いブラウンのアイライナーがなければ、薄いブラウンのアイシャドウでも代用可能! 

プチプラアイテムで揃えられるし、手持ちのアイテムでまかなえるのもうれしいポイントです。

2. 綿棒


薄いブラウンのアイライナー、もしくはアイシャドウで作った涙袋のラインをぼかすために使うのが綿棒。

一般家庭では常備されていることが多いので、家の洗面所をチェックしてみて! 

なくても、100均やドラッグストアで手軽に手に入ります。

ぼかしたりはみ出た部分を調節したりするのに便利なので、1つもっておくと便利ですよ。

3. ハイライトカラー


下まぶたに入れてぷっくりとした涙袋に見せてくれるのが、ハイライトカラーです。

ベージュだと肌なじみがよく、ホワイトにするとより立体的に見せることが可能! 

ブラウン系とハイライトカラーが一緒になったパレットを選ぶと、1つのアイテムで涙袋メイクが完成するのでおすすめです♡ 


Let's try! 涙袋メイクの手順



手順1. 薄いブラウンのアイライナーorアイシャドウで涙袋のラインを作る


まずは、薄いブラウンのアイライナーかアイシャドウを使って、涙袋を作りたいラインを描きます。

手順2. 描いたラインを自然になるように綿棒でぼかす


次に、描いたラインを自然な濃さになるように、綿棒でぼかします。

チョンチョンと綿棒で叩くと、ちょうどよくぼかせるでしょう! 

手順3. ハイライトカラーを目のキワから涙袋ラインまで塗る


続いて、ベージュかホワイトのハイライトカラーを、下まぶたの目のキワから薄い茶色で描いた涙袋ラインまで入れます。

入れすぎるとわざとらしくなってしまうので、サッと塗るのがコツ! 

手順4. ラメを下まぶたの目頭側にのせる


最後に、より涙袋をツヤっぽくしたい場合は、ラメを下まぶたの目頭側にチョンとのせます。

がっつりのせると濃くなってしまうので、気持ち程度に塗るといいでしょう。


涙袋メイクに使えるアイテム


1. KATE(ケイト)『ダブルラインエキスパート』



KATE(ケイト)の『ダブルラインエキスパート』は、影を作るのにもってこいのアイテム。涙袋のラインを描くのにぴったりです。

極薄ブラウンカラーなので、自然な陰影をつけてくれるでしょう! 

セザンヌ『トーンアップアイシャドウ 01』



セザンヌ『トーンアップアイシャドウ』は、明るさベース・肌なじみカラー・引き締めカラーの3色が1つのパレットになったアイシャドウ。

明るさベースをハイライトカラーに、肌なじみカラーを涙袋のライン用に使うと、自然な涙袋メイクが完成します! 

エチュードハウス『ルックアットマイアイジュエル BE105』



エチュードハウスの『ルックアットマイアイジュエル』は目元に輝きを与えてくれる単色アイシャドウ。

BE105はベージュ系のアイシャドウ。ラメがたっぷりなので、下まぶたの目頭側にのせるのがおすすめです。


涙袋を上手に作ってキュートなメイクに仕上げて♡ 


涙袋を作ることでよりキュートなメイクに仕上がること間違いなし! プチプラアイテムを使ってぜひ試してみてくださいね。

(ameri/ism)

この記事を書いたライター

ameri/ism
2016年より執筆をはじめ、主に美容・恋愛・エンタメについて書いています。 美容とコーヒーとチョコレートをこよなく愛するライター。 コスメと触れ合うこと、旅行、カフェ巡りが趣味です。 百貨店のコスメフロアによく出没する特徴あり。

関連記事

今、あなたにオススメ