内臓脂肪がつく原因とは?落とすために効果的な食品から筋トレまで紹介!

「ずっと家で過ごしていたから体重が増えちゃった……」「ぽっこりお腹でなんだかデニムがキツイ……」これってもしかしたら内臓脂肪かもしれません!外出自粛の中、お仕事がテレワークになったりと確実に減っている運動量。内臓脂肪も必然的についてしまいます。そこで今回は内臓脂肪のつく原因や効果的に落とす筋トレからおすすめ食品まで紹介します!



目次 [開く]

内臓脂肪を燃焼させて健康的な身体に!


気になるポッコリお腹。「太っちゃったから外に出るのが恥ずかしい……」なーんて思ってる方もご安心を!内臓脂肪を燃焼させれば美しい健康的な女の子になれますよ!まずは内臓脂肪とはどんなものか理解を深めましょう。


「内蔵脂肪」とは?


そもそも「内臓脂肪って何?」「聞いたことはあるけど……」という方が多いのではないのでしょうか?内臓脂肪とは私たちが日ごろ口にする食事の中に含まれている“糖分”や“脂肪分”がエネルギーとして消費しきれないときに内蔵の周りに付いてしまう脂肪のことなのです。

内蔵脂肪はどこに付くの?


内臓脂肪とは主に『内臓』に付着します。私たち人間に備わっている内臓(臓器)の中では腸や肝臓など様々なものがありますよね。これらの周りに付いてしまう脂肪が内蔵脂肪というのです。

「内蔵脂肪」と「皮下脂肪」の違いって?


さて、内蔵脂肪のほかにもよく聞く「皮下脂肪」。内臓脂肪と皮下脂肪にはどのような違いがあるのか少し勉強をしましょう。

皮下脂肪とは?


皮下脂肪とは皮膚のすぐ下、筋肉の上につく脂肪のことを指します。簡単に言うのであれば「お腹プニプニだぁ~」とおへその周りなどで指でつまめるお肉のことです。もちろんお腹周りだけではなく、二の腕やお尻、太ももなど女性のお悩み個所によくついてしまうのです。

内蔵脂肪がつく原因……



「内臓脂肪がつく原因?なんとなく心当たりはあるけど……」という方がほとんどでしょう。しかし、原因を明確にしておけば適切なダイエットを行うことができるのでしっかり学んでおきましょう。


高カロリーな食事ばかりしている


内臓脂肪が付く原因の一つにカロリーの摂りすぎ!ということがあります。そもそも内臓脂肪というのは“エネルギーとして消費できなかった糖分や脂質が蓄積される”というのがありましたね。

食べる量が増えるのは原因の一つでもありますが、普段食べている食事が何キロカロリーか知っていますか?もしかしたら、とんでもなく高カロリーの食事をしていることも!!

運動不足


ご飯は美味しいですし、甘い物も食べてしまう気持ち……わかります!!しかしその分、身体を動かしていますか?何度も言いますが内蔵脂肪の付く原因は『エネルギーとして消費しきれなかった糖分や脂質の蓄積』でしたよね!……ということは、エネルギーとして消費すればいいのです。

内蔵脂肪は「消費カロリー<摂取エネルギー」のスタイルだと絶対に蓄積されてぽっこりお腹になってしまいます。「今日はいっぱい食べたなぁ~」と思ったときにはカロリーを消費して“なかったこと”にしちゃいましょう。

加齢


「年齢を重ねるとどんどん痩せにくくなる……」ということを実感したことはありませんか?実は年を重ねていくと、基礎代謝量という“何もしなくても消費するエネルギー量”というのがどんどん減っていくのです。運動量が変わらないのであれば必然的に内臓脂肪が蓄積され太ってしまいますよね。

過度な飲酒も……



皆でわいわいお酒を飲んで美味しいものを食べておしゃべりをして……とっても楽しい時間ですよね!しかし知らず知らずのうちにお酒を大量に飲んでしまった……なーんてことはありませんか?実はお酒には糖分がたくさん含まれています。


また、お酒を飲んでいるときにどんどん箸が進んでしまったりなんてこともあるでしょう。実はお酒は食欲増進の効果もあります。また気心しれた友達と話ながらだと「ついつい食べ過ぎてしまった」という記憶もあるはずです。内臓脂肪を増やしたくないのであればお酒の飲みすぎにも注意が必要です。


内蔵脂肪がつきすぎるとどうなる?



内臓脂肪が付く原因はさまざま……。こんな生活を繰り返していたら内臓脂肪が身体に沢山ついてしまうことも!!内臓脂肪が付きすぎてしまったらどうなるのでしょうか?


生活習慣病になる可能性が!?


美味しい高カロリーな食事に、お酒。帰ったら寝るだけ!至福なひととき……!というのはわかりますが、気を付けて下さい。生活習慣病になっていませんか?生活習慣病とは高血圧や高脂血症、メタボリックシンドローム、がんなどが挙げられます。見た目の体型が太っていなくてももしかしたら血圧が高めかもしれません。



美味しいものを食べるのは幸せなことですが、適度な運動をしていないと健康的な身体はつくれません。「私ヤバイかも!!」と思う方は食事内容を見直して運動習慣をつけましょう。

 

逆流性食道炎になる可能性がある!?


お酒をたくさん飲んだり、美味しいものをいっぱい食べすぎたりした後に胸やけになることはありませんか?それはもしかしから逆流性食道炎のサインかもしれません!!


過剰な脂質の摂取が継続されると、胃が刺激されてしまいます。そうなると口から酸が逆流し、食道粘膜が炎症を起こしてしまうのです。せっかく美味しいものを食べて楽しい時間を過ごしたのに、こんな苦しいことが起きてしまう可能性があるんですよ!1回の食事やお酒の量に注意が必要です。

 

太りやすくなってしまうかも……


内臓脂肪を溜め込んだ身体で「運動しよう!」と思ってもいざとなったらすぐに疲れてしまったり、思ったように身体が動かせない…ということが。そうすると運動は継続しませんよね?運動をしないまま食べ続けてしまうともちろん太ってしまいます。


この無限ループから抜け出せなくなると、ダイエットをしようと思っても継続できなくなります。

脂肪肝や肝硬変になる可能性が!?


次第に体重が増えてしまうと服のサイズが変わったり、人にどう思われているのか……など不安要素やストレス要素が増えてしまいますよね。実はこのストレスも内臓脂肪と関係があるのです。

ストレスを抱えてしまっていると食生活の乱れがちになるだけではなく内臓に溜まった脂肪が、今度は肝臓へ溜まりやすくなるのです。すると、肝硬変や脂肪肝となり、悪化したら死に至ることもあります。

内蔵脂肪を落とすために効果的なもの♡



内臓脂肪って侮れない……ということを理解したところで早速効果的に落とすために必要なものをレクチャーしていきたいと思います。忘れてはいけないのが食事と運動面でのアプローチが必要ということです。両者をしっかりと行い内臓脂肪を落としましょう。


内臓脂肪を燃焼させるオススメの食品!



さて、内臓脂肪を落とすには『食べる量』を減らすよりも『内臓脂肪を燃やす』方法が効果的です。せっかくいっぱい食べたいならば内臓脂肪を燃焼させてダイエットして痩せましょう!

お酢


一時は『お酢ダイエット』という言葉も流行りましたね。お酢を毎日少しずつ摂取すると内臓脂肪を燃やしてくれるという研究結果が出ています。これはお酢に含まれる酢酸の効果です。

必要なのは1日あたり15ml継続して摂取をすることですが、 “飲む”というのが苦手な方もいますよね。そんなときにはお酢を使った料理を作り置きなどしておくと継続して摂取しやすいのでおすすめです。

コーヒー



コーヒーといえばカフェイン。眠気を飛ばすのに仕事中などに飲む方もいるでしょう。実はこのカフェインは胃の消化酵素でもある“リパーゼ”を活発にしてくれる働きがあるのです!!さらにコーヒーに含まれるクロロゲン酸が脂肪の吸収をよくしてくれます。

摂取時に注意したい点はミルクやお砂糖をいれずにブラックで飲む方がカロリーも低くてより、効果的ですよ。

トマト



トマトに含まれる成分として有名な『リコピン』。このリコピンには脂肪を蓄積する細胞を抑制する働きがあります。すると、太りにくい身体になるのです。

野菜の中で圧倒的なリコピンの含有量を誇るトマトは安価で手に入りやすい食品でもありますから、食事に使ってみてください。もちろんミニトマトでも効果的です。


内蔵脂肪を燃焼させるおすすめの筋トレ




続いて内臓脂肪を燃焼させるおすすめの筋トレを紹介します!内臓脂肪を効果的に減らすのに運動は欠かせませんからね。毎日大体10回×3セットなどちょっとずつ行い継続してみてくださいね♪
 

スクワット


・トレーニング個所:太ももの前・後ろ、お尻

両足を肩幅に開き、両手をクロスさせて肩に乗せておきましょう。ゆっくりと90度になるまで膝を曲げ、元に戻していきます。呼吸は息を吸いながら膝を曲げていき、元に戻るときにゆっくり吐きましょう。この時に上体が前かがみにならないように気を付けましょうね。


内臓脂肪を効果的に燃焼させるには大きい筋肉をつけることが重要なポイントになります。人間の中で一番大きい筋肉は実は太もも前にある大腿四頭筋(だいたいしとうきん)。もちろん腿の裏にあるハムストリングスもかなり大きな筋肉なため、スクワットはとても効果的なエクササイズと言えます。

腕立て伏せ(プッシュアップ)


・トレーニング個所:二の腕、胸

床に肩幅程度に手を開きます。頭から足先まで身体が一直線になるようにお尻を持ち上げてセットします。ゆっくりと肘を曲げて元に戻しましょう。呼吸は息を吸いながら肘を曲げ、戻すときに吐いていきます。辛くて継続できない!!という方は膝をついて行ってみて下さいね♪

この運動は、内臓脂肪がついている二の腕だけでなく、大きい筋肉でもある大胸筋もアプローチすることができます。バストアップに繋がるのでダイエット効果だけではなくボディメイクにもおすすめのエクササイズです。

腹筋(クランチ)


・トレーニング個所:お腹
膝を90度にし、腰幅程度に脚を広げて膝を立てます。両手を頭の後ろに添えて息を吐きながらお腹を丸めるように上体を起こします。息を吸いながら元の位置に戻す、というのを繰り返し行いましょう♪


大きな筋肉のトレーニングも重要ですが、お腹の内蔵脂肪を減らすのであれば腹筋も必要。ぽっこりお腹が気になる方は毎日行いましょう。

毎日ちょっとずつでも取り入れて健康的な身体に♡



今回は内臓脂肪の原因や効果的に減らす方法などを紹介しましたがいかがでしたか?内臓脂肪を効果的に減らすことを一気に全部やろうとするのは難しいですし、ストレスになってしまうことも……。

トレーニングは2日に1回、お風呂に入る前に!などとルーティンに組み込んでみると継続しやすいですよ。食事も意識すれば改善できるはずなので試してみて下さいね♪

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ