30代・40代は大人ナチュラルメイクで綺麗に♡パーツごとにポイントを解説

30代・40代になると、10代・20代の頃とは肌質が変わり、肌に関する悩みが増える時期。30代・40代女子によくある悩みといえば、乾燥、くすみ、シワ、シミ、はりや透明感がないなどですよね。

そんな悩みをカバーし、同時に美しさを際立たせる、そんなメイクのやり方を今回ご紹介していきます。



目次 [開く]

30代・40代のメイクはやりすぎ禁物!


少しでも若く見せようとメイクを頑張っているのに、逆に老けて見られる……。そんな経験はありませんか?年齢によってファッションを変えるように、メイクも変えてあげるとより洗練された印象に。30代からのメイク術は、全体のバランスを見ながらできるだけナチュラルに、が大人きれいのポイント。


30代・40代にぴったり!大人ナチュラルメイクのポイント《ベース編》


しっかりとしたベース作りが、メイクの仕上がりをキレイに見せてくれるコツです。そしてナチュラルメイクに重要なのはツヤ。30代・40代の肌の悩みをカバーしつつ、厚塗り感のないツヤやかな肌を目指しましょう。

ではそのやり方とは?



メイク前の保湿はしっかり


メイクをのせるお肌が潤っていないと、メイクのりが悪くなり、逆に肌荒れが目立ってしまうという残念な結果に。アンチエイジング効果のある保湿力の高い化粧水、美容液、クリームなどを使って、しっかりとお肌を整えましょう。年齢が出やすい首もとの保湿も忘れずに。

ただし、ベタベタしすぎるとメイク崩れの原因になるので、余分な脂分はティッシュで軽く押さえてオフしましょう。シミが増えないように、日中は日焼け止め効果があるものを使うことをおすすめします。



下地でくすみ・シミをとばす


ファンデーションで全ての悩みをカバーしようとすると、厚塗り感が出てしまい老け顔になりがち。そこで下地の登場です。

下地にはメイクから肌を守ってくれるだけではなく、種類によっては日焼け止め効果があるものや、肌色を補正してくれたりするものもあり、30代・40代女子にとってマストアイテムと言っても過言ではありません。

乾燥がひどい季節には、保湿効果が高い下地を、毛穴の開きが気になる場合には、毛穴カバー用下地を使いましょう。自分の肌悩みによって使い分けることができる下地は、大活躍してくれること間違いなし!



トーンコレクター下地と使用目的


[ピンク]血色が悪い、くすみに
[イエロー]クマやシミに
[グリーン]ニキビ跡などの赤みに
[パープル]くすみ、透明感がない時に
[ベージュ]赤いニキビ跡ではない色ムラを修正したい時に

おすすめポイント!
30代・40代のくすみに大活躍するのがパープルやラベンダー系のトーンアップ下地。くすみを改善し、プラス透明感まで与えてくれるので、大人のナチュラルメイクには最適です。

隠したいシミ、クマ、ニキビ跡はコンシーラーでポンポンと


仕事や家事の疲れや睡眠不足などでクマが濃くなったり、日焼けによるシミ、大人ニキビの跡など、30代・40代は肌の悩みが増えてしまう時期でもあります。

下地で隠しきれない部分はコンシーラーでポイント隠し。目の下に暗い影を残すクマには、伸びが良いイエローやオレンジ色のコンシーラーで指の腹でポンポンとのせて消していきます。アイシャドウ用のチップを使ってたたきこむと自然な仕上がりになるのでおすすめ。

シミやニキビ跡には、スティックタイプのコンシーラーか、綿棒や細い筆を使ってチョンチョンとのせていく感じです。



ファンデーションは薄付きでOK


まず、肌タイプ別にファンデーションを選びます。乾燥肌だったらリキッドタイプやクリームタイプを選ぶと保湿効果でツヤやかな肌に。脂浮きなどが気になる場合はパウダータイプがおすすめです。

パウダーを使う場合は、粉っぽくなりすぎない用に脂分が多いところをスポンジで、その他の部分は大きめのブラシでサッと塗るようにしましょう。



また、時短で簡単にツヤ肌にしたいという人には、美容液+日焼け止め+化粧下地+トーンコントロールなどが一度に叶う、クッションファンデーションがおすすめです。

おすすめポイント!
冬にはリキッドやクッションファンデーション、夏にはBBクリームやパウダーファンデーションなど、季節によっても使い分けてみてください。

夏の暑い季節やマスクをするときなどは、パウダーの方がメイク崩れしにくい傾向にあります。

30代・40代にぴったり!大人ナチュラルメイクのポイント《目元編》


まぶたが痩せたりたるんだりして、目元は年齢が出やすい場所でもあります。30代・40代のナチュラルメイクは、自然な印象を残しつつ抜け感を演出するのが主流です。



ナチュラルなふんわり眉に


眉毛は描き方によって顔の印象が変わってしまうほど重要な部分。30代・40代のナチュラルメイクは、自眉を生かしたナチュラル眉がおすすめです。大人のナチュラル眉を目指すには、アイブローパウダーを使って柔らかい印象になるように描きます。

色は髪色よりもやや明るめの色を使うとふんわり軽い印象に。パウダーでふんわりと描いた後、眉マスカラで色を調節することもできます。



マットなアイシャドウを


30代・40代のアイメイクは、目元のシワが目立たないよう荒いラメのないマットなアイシャドウを選ぶのがおすすめ。薄いベーシックな色での単色使いか、二色使いでグラデーションにすると抜け感が出て肌に自然になじみます。

付属のチップを使うよりも、ブラシでふんわりと入れるか、指を使ってうまくぼかしながら塗る方がよりナチュラルに見えます。



アイラインで、ナチュラルに目ヂカラアップ


ナチュラルに目元をはっきりさせるやり方が、2020年の30代・40代の大人のアイメイク。まつ毛の間を埋めるように、目のきわの部分に目頭から目尻(または黒目から目尻)にかけて細い線を引いていきます。ペンシルを使うとよりナチュラルに、リキッドを使うと少しはっきりした印象になります。

リキッドでもブラウンを選ぶと、濃く描いてもナチュラルに仕上がるのでおすすめです。



大人の色気はボリュームよりも長さ


10代・20代の頃にはこだわっていたボリュームまつ毛も、30代・40代になるとバサバサな目元だけが浮いているように見えてしまうもの。年齢を重ねた今は、多さではなく、長さで勝負。おもわず触れたくなるような濡れた長いまつ毛で、大人の色気アップ間違いなし!


30代・40代にぴったり!大人ナチュラルメイクのポイント《チーク・リップ編》


透明感、血色感がないと悩んでいる大人女子に必須アイテムなチークとリップ。薄いメイクだけだと顔全体が地味になってしまいがちで、30代・40代の大人女子にはちょっと物足りない。

大人ナチュラルメイクは、主張しすぎず、なおかつ洗練された雰囲気を出したいもの。チークとリップをうまく加えることで、部分メイクを引き立たせ、肌により透明感を出すことができるんです。


肌色に近いチークで血色感をプラス


30代・40代になると、肌のトーンに変化が出て、顔色が悪く見えてしまうことも。とはいえ、チークを濃くつけすぎてしまうと、やり過ぎ感がでてしまい、逆に老けて見えてしまいます。できるだけ肌色に近い色を頬にのせることで、ナチュラルな血色感を表現できます。

付属しているブラシだと小さすぎることが多いので、パウダーチークの場合は大きめのブラシを使い、頬骨の辺りから耳の前までふんわりとのせます。

クリームチークの場合は、指でポンポンとつけるか、スポンジやクリームチーク用のブラシでサッとつけると、透明感がでるのでおすすめです。



もっと大人っぽい印象にしたいときは、ブラウン系のピンクやベージュよりのピンクを選びましょう。目元の抜け感が生かされ、おしゃれ感がぐんとアップします。

リップはポンポン塗りで


ナチュラルに仕上げたいならリップを指でとってポンポン塗り。色の濃さを調節しやすくなるので、大人なナチュラルメイクを目指す30代・40代女子におすすめです。

顔色がくすんで見えがちな30代・40代の大人女子には、顔色がパッと明るく見えるような少し発色がいいタイプのリップを選ぶと若々しく見えます。赤のような一見派手な色も、抜け感がでて一気に柔らかい印象に。



おすすめポイント!
リップメイクの前には、唇の乾燥が目立たないようにリップスクラブで余分な皮膚を除去し、リップクリームで保湿するとリップメイクがよれることなくきれいに発色します。

なりたい雰囲気別!30代・40代へのおすすめメイク


基本的なナチュラルメイクのやり方はわかったけど、メイクもファッションと同じく、時と場合によって雰囲気を変えてみたい。でもイマイチどうやったらいいのか分からない……。

そんな30代・40代女子のために、2種類のメイク方法をご紹介します。



職場にもおすすめなシンプルメイク


職場でもきれいでいたい、でもやり過ぎはちょっと……。

そんなときには、働く30代・40代のための“できる女感”の出る通勤用ナチュラルメイクがおすすめ。通勤メイクのやり方の大事なポイントをご紹介します。



ステップ1

ベースメイクは厚塗りNG!


ツヤツヤよりも、日中を通して脂っぽく見えないセミマットの方が、通勤用メイクにおすすめです。下地、リキッドファンデーションの後、脂が浮きそうな部分にブラシで軽くフェイスパウダーをのせます。マット7:ツヤ3を意識するのがいいでしょう。

エアコンなどで肌が乾燥しないようにメイクの下の保湿はしっかりとしてくださいね。

おすすめポイント!
化粧崩れが気になる人は、仕上げにメイクキープミストを顔全体に吹きかけるとメイク持ちが良くなります。

ステップ2

リップ&チークは押さえ気味で


目元を引き立たせたいので、リップとチークの色は少し押さえ気味で。唇は清潔感と女らしさが表現できるベージュがかったピンクやオレンジだと上品な印象に仕上がります。頬は血色よく見せたいなら淡いコーラル系、クールな印象にしたいときにはベージュがかったピンクなどを選んで、なりたい顔によって色を選びましょう。

ステップ3

アイメイクは安定のブラウン


通勤にはどんなシーンにも万能なブラウンをチョイスしてください。クールな印象を与え、30代・40代にありがちな痩せてきたまぶたの引き締め色としても使えます。特にレンガ色系のブラウンなどは、ベーシックでありながら華やかな印象をを与えるのでおすすめです。



やり方としては、薄い色のブラウンをアイホール全体に塗り、やや濃い目の赤めブラウンをアイラインの上から引き、締め色に。ベーシックでまとめたい場合はマットを、少し華やかな目元を目指したい場合はきらめき色を。荒いラメはできるだけ避けましょう。

これで抜け感が際立つ、“できる女”メイクの完成です!

時間がない!簡単時短ナチュラルメイク


ついつい寝過ごしてしまって仕事に遅れそう……。そんなときにはマルチアイテムを使った時短メイクがおすすめ。



ステップ1

ベースメイクは一つでマルチに活躍できるものを選んで


手早く簡単に使えるものといえばBBクリーム。伸びがよく、保湿力もあるので、失敗がありません。一つ3役のものが多く、これ一つだけでUVカット、下地、薄いファンデーションが一度で仕上がります。

もっとカバー力が欲しい、ツヤ肌にしたいという人には、美容液+UVカット+下地+トーンコントロールなどが一度に叶うクッションファンデーションもおすすめです。

ステップ2

クリームチークで一つ2役


クリームチークを頬と唇に指でポンポンとのせたら、頬と口元のメイクが完成。簡単自然に血色感のある肌と口元を演出できます。

ステップ3

アイラインとアイシャドウを一度に


時間がないときにアイラインを引いたり、アイシャドウを指でぼかしたりという作業は面倒ですよね。そんなときに活躍してくれるのがクレヨンタイプのアイシャドウです。薄いブラウン系の色を選んで、太めのアイラインを入れるようにスッとのせます。薄い色を選ぶと失敗がなく、自然にぼかしたアイラインを引いたような印象になりますよ。

時間があれば、ロングタイプのマスカラをパパッと塗りましょう。



ステップ4

パウダーでアイブロウメイク


パウダーでササッと、眉マスカラも短縮でOK。

時短ナチュラルメイクの完成です。朝寝坊したお仕事の日や休日あまりメイクをしたくない日などにも活躍します。

色っぽいツヤ肌メイク


今日は休日。ちょっとメイクに手をかけて外出しよう!そんなときには色っぽいツヤ肌メイクがおすすめです。ツヤ肌メイクに重要なのは、ツヤと透明感。そして肌の透明感を引き立たせる血色のいい唇があなたを魅力的に見せます。



ステップ1

ツヤ肌ベース作り


乾燥肌の人はリキッドを、脂っぽくなりがちな人はパウダーファンデーションを使いましょう。乾燥していない時期などは、パール感のある下地を使って、その上にパウダーファンデーションをのせると内側から輝く肌を演出できます。

テカテカはNG!
ツヤとテカリは別です。脂っぽい印象にならないよう、パウダーとクリームをうまく合わせて使いましょう。リキッドファンデーションを使うときでも、脂浮きしやすい部分にフェイスパウダーを大きめのブラシでササッとのせることを忘れずに。

ステップ2

ツヤ感と透明感作り


ハイライトとチークは、ツヤ感と透明感がでるクリームタイプがおすすめです。ツヤを出したい部分にハイライトをのせます。のせると肌がきれいに見える部分として挙げられるのは、頬骨、鼻の高い部分、目頭、唇の上、顎です。自然な透明感が出るクリームタイプと、さらっとした透明感が出るパウダータイプがあるので、好みで使い分けてみましょう。チークはチーク用ブラシで軽くのせるか、指でポンポンとのせて、自然な血色感とツヤッとした透明感を同時に演出します。

ステップ3

目元には濡れ感を


目元にもブラウン系のクリームアイシャドウをのせると、濡れ感が出て色っぽい印象に早変わり!ロングタイプのマスカラで長く整ったまつ毛を演出するのも忘れないでくださいね。



ステップ4

遊び心いっぱいのリップで締める!


ツヤっぽい肌と目元が完成したら、リップで遊びましょう。顔全体のツヤ感を考慮して、口元はセミマットをチョイス。色は血色感のいい赤系リップを指でポンポンと塗っていきます。

ツヤっぽく女性らしい濡れ感メイクの完成です。



30代・40代におすすめのメイクアイテムをご紹介♡


メイクのやり方はだいたい分かったけど、実際何を使ったらいいのかわからない……。

そんな悩む30代・40代女子のためのおすすめリストがこちら。プチプラからデパコスまで一気にご紹介します。



30代・40代におすすめのアイシャドウ



4種類の肌馴染みのいいカラーで、簡単に抜け感グラデーションを作ることができます。


微細なラメが透明感のある輝きを放つ4色アイシャドウパレット。いつものナチュラルメイクに少しスパイスを足したいときに。


30代・40代におすすめのリップ



口紅とグロスの中間のリップ。ベタベタしたグロスも、マットな口紅も嫌いだけど、ツヤやかなリップメイクを目指したいときに。


指でぼかしたようなふんわりマットで大人の色気を出したいときに。


30代・40代におすすめのチーク



チークブラシを使って血色感のあるナチュラルな肌を目指して。


透明感のあるナチュラルな仕上がりに。カラーバリエーションも豊富なので、自分に似合う色が簡単に見つかります。


30代・40代におすすめのファンデーション



肌に優しく、ナチュラルな美肌を演出してくれます。


肌の悩みを瞬時に消し、なおかつ厚塗りにならない優秀クッションファンデーション。


30代・40代のNGメイク


20代の頃からメイクが変わっていないという30代・40代女子は要注意!メイクがトレンドに合っていない、年齢を意識しないメイク方法で逆に老けて見えてしまっているなど、失敗例は多数。そのメイクが男ウケを悪くしてしまう可能性も。


がっつり跳ね上げアイライン


抜け感を出したい30代・40代のためのナチュラルメイクは、描きました!というがっつりアイラインはNG。目元が不自然に強調されすぎて全体的なメイクに目がいかず、メイク的にも年齢的にもアンバランスな印象を与えてしまいます。顔全体のバランスを考えてメイクするよう心がけましょう。



バサバサまつ毛


抜け感を出したい30代・40代のナチュラルメイクには、やり過ぎず地味過ぎずが鉄則。ボリュームを出そうとしてバサバサまつ毛を作ると、なんだか若作りをしているような印象になることもあります。どうせなら、ふさふさボリュームたっぷりまつ毛よりも、ロングタイプのマスカラを使って長く色っぽいまつ毛で大人の色気アップを目指しましょう。



涙袋にがっつり白パール


10代女子に人気の涙袋メイクですが、30代・40代ともなると少し幼い印象になってしまいがち。うるっとした目元にしたい。そんなときは、黒目の下部分にのみチョンと明るいベージュアイシャドウ、またはパール入りのクリームアイシャドウをのせましょう。


ファンデーション・コンシーラーの使い過ぎ


30代・40代の肌悩みをカバーしようと厚塗りになってしまいがちですが、そのせいで逆に老けて見えてしまったり、メイクのりが悪く見えてしまうことに。クマになってしまっていたらオレンジかイエロー系のコンシーラーでポンポンと消し、ファンデーションは顔の中心部分(額、頬)にのせてからスッと外側にのばすようにしましょう。



頬に濃い色でまんまるチーク


頬にまんまるく明るい色のチークを入れると、やり過ぎ+幼い印象になってしまいます。チークは顔色を良く見せるためのものなので、明るすぎる色はどうしても不自然に見えてしまいNG。どうせなら30代・40代のナチュラルな大人の色気を見せるべく、頬骨辺りから耳の前までスッと入れるようにしましょう。


30代・40代女子向けメイクのポイントとNG!


これまで紹介したポイントを押さえておけば、色っぽいツヤ肌抜け感メイクが実現できます!



30代・40代のナチュラルメイクに重要なポイント♡


1.保湿はしっかりと
2.下地でトーンアップ&トーンコレクト (パープル下地で透明感アップ)
3.カバーすべきところはコンシーラーでポイント隠し
4.ファンデーションは薄付きでOK 
5.ツヤ肌にはハイライト
6.自眉を生かしたふんわり眉
7.アイシャドウはマット+ベーシックな色を 
8.アイラインは細く
9.チークは頬骨から耳にかけて、明るすぎない色を
10.リップは指でポンポンと


NGメイク


1.厚塗りファンデーション
2.ラメラメなアイシャドウ
3.がっつり跳ね上げアイライン
4.ボリュームたっぷりバサバサまつ毛
5.涙袋に白パール
6.頬にまんまる濃いチーク



きれいは作れる!




年齢に応じたメイクをすることで、顔の印象や見た目年齢が大きく変わってきます。肌の悩みが増えたからといって厚塗りメイクをする必要も、年を重ねたからといって悲観する必要もありません。きれいは作れます!

これからの30代・40代は、やり過ぎず、地味過ぎず、肌の悩みを丁寧にカバーしながら、顔全体のバランスを整えるようなメイクでさらに美しくなれます。

年齢に悲観するのではなく、年齢を生かしたメイクをするのが大人女子流ですよ。

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ