鼻筋がない女性必見!鼻をすっきり見せるマッサージ&メイク法を紹介

「鼻筋がない!」「キレイに鼻筋の通った人がうらやましい!」そんな悩みを抱えている女性はいませんか?その悩み、実は解消する方法があるんです。

この記事では、鼻筋がないという悩みを解消してくれるマッサージやメイク方法をご紹介します。団子鼻や豚鼻に悩みを抱えている人、必見です!



目次 [開く]

鼻筋がない……!コンプレックスを抱く女性は多い


実は、「鼻筋がない」ということに対して悩んでいたり、コンプレックスを抱えていたりする女性は非常に多いのです。鼻は顔の中心にあるので目立ちやすく、第一印象や顔全体のバランスに大きく関わるパーツです。だからこそ、鼻の形にこだわる女性は多いのです。

女性だと、「目と鼻どちらが重要なパーツか?」という議論があるほど、鼻は顔の中で重要なパーツです。中には、「目はメイクでごまかせるけど、鼻は無理」という意見も。



キレイな鼻筋は美人の条件!?


鼻は顔の中心でもあり、全体のバランスに大きく関わります。つまりキレイな鼻筋を手に入れることは、美人に近づくことにもなるのです。団子鼻や豚鼻のような丸みのある鼻は、「かわいい」と言われますが、反対に鼻筋の通った鼻は、「キレイ」という印象が持たれやすいです。そのため、美人系を目指すのであればキレイな鼻筋であるに越したことはないのです。



努力次第で変えることは可能!


そうは言っても、整形で鼻を高くしたり、キレイな鼻筋を手に入れたりするのは怖いと感じている人も多いのではないでしょうか。でも大丈夫です!鼻の形は努力を続けることで変えることが可能です。鼻をすっきり見せるためのマッサージやメイク方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。



理想の鼻筋を手に入れて、毎日を明るい気分で過ごしましょう!

鼻筋がないお悩みを解消するマッサージ方法


鼻筋がないというお悩みは、毎日の努力を続けることで理想に近づくことができます!鼻の骨はやわらかく、他の部分の骨と比べて形が変形しやすいと言われています。だからこそ、毎日コツコツとマッサージをすることで、理想の鼻筋を手に入れられる可能性があるのです。



「鼻が高くてうらやましい」とあなたが憧れているあの人も、もしかしたら日々の努力を積み重ねて、キレイな鼻筋をゲットしているのかもしれません。

小鼻マッサージ


鼻を高くすることで、鼻筋をキレイに見せるためのマッサージです。

1.両手の中指と薬指を使って小鼻を挟む
ティッシュで鼻をかむような格好になっていればOK。

2.鼻を高くすることを意識して引っ張る
小鼻から鼻骨(鼻の上部分にある硬い骨)、眉間まで続けましょう。鼻筋が通ってきたかな?と感じたら次に進んで下さい。

3.親指の腹で眉間のくぼみを押す
眉間を触るとくぼんでいる部分があります。ツボ押しの要領で押しましょう。



顔立ちくっきりマッサージ


次に、顔全体をくっきりさせることで、鼻筋をシュッと見せるマッサージです。メイク前に取り入れると効果的!



1.ボディクリームや化粧水を使って老廃物の通り道を作る
ボディクリームや化粧水などで肌の滑りを良くし、首筋から鎖骨に向かって手のひらで優しく流します。老廃物の通り道を作りましょう。

2.手のひらを使って老廃物を流していく
手のひら全体を使ってフェイスラインを引き上げていきます。老廃物を押し流すことを意識しましょう。

3.老廃物の溜まりやすい小鼻のわきをプッシュする
そして、人差し指の第二関節を使って、老廃物の溜まりやすい小鼻のわきをプッシュしていきます。小鼻のすぐわきから徐々に位置を外側にずらしながら左右3点ずつ、3回行います。

4.頬全体を持ち上げるようにマッサージする
親指をあごの下にあて、人差し指全体を使って頬全体を持ち上げるようにマッサージしていきます。最低でも3回行いましょう。

5.耳周りをほぐして血行を良くする
人差し指と中指を使って耳を挟んだら、前後に5回ほど回しましょう。血行が良くなり顔全体がぽかぽかしてきたら、首筋から鎖骨まで流しましょう。

6.眉下プッシュで目元ぱっちり&頬を引き上げ
目元をパッチリさせるために、親指で眉頭から眉尻に向かって順にプッシュしていきます。目元がすっきりしてきたら、最後にこめかみを片手で押さえ、もう片方の手で頬を斜め上に引き上げていきます。

顔をすっきりさせるためには、実は耳周りをほぐすことも大切なんです。一連のマッサージが終わったら目や鼻のパーツが、さっきよりもはっきりしてきたと感じるのではないでしょうか。



鼻先をツンとさせるマッサージ


骨にアプローチすることで、キレイな鼻筋を手に入れるマッサージもあります。

鼻骨と頬の骨の間にあるくぼみを、人差し指あるいは親指で斜め上に押し上げていきます。このマッサージを5分ほど続けます。

1カ月ほど続けると徐々に効果が現れて、理想の鼻筋が手に入ります。



脂肪と老廃物を流してすっきり鼻に!



1.鼻の下部分をほぐして老廃物を流す
口の端から端まで、鼻の下の部分を指でほぐします。老廃物を流すために、3回ほど行いましょう。

2.目頭部分を押し込み、鼻筋は下方向へ
片方の親指と人差し指を使って目頭を押さえ、頭頂部の方向を意識して押し込んでいきます。同時に、空いた手の親指と人差し指を使って鼻筋を押さえ、下方向に伸ばしていきます。この体勢を30秒キープします。

3.小鼻に圧をかけながらほぐす
両手の人差し指あるいは中指を使って小鼻を押さえ、圧をかけながらグリグリとほぐします。30回×3セットを目安に行いましょう。



間違ったマッサージを長期間続けるのは危険!


キレイな鼻筋を目指すためのマッサージ方法を4つご紹介しました。適切なマッサージをコツコツと根気よく続けることで、キレイな鼻筋を手に入れることができます。でもそれが方法が間違ったていたり自己流のマッサージだと、逆に鼻が大きくなってしまう可能性もあります。過剰にマッサージせず、根気よく続けることを目指してください。力が強すぎると、肌にも負担がかかり炎症を起こしてしまったら大変です。適切な強さとマッサージ方法で、理想の鼻筋を手に入れましょう。



お悩み別!ない鼻筋を作るメイク


キレイな鼻筋を手に入れるためのマッサージ方法をご紹介しましたが、効果的なマッサージ方法だからといって、1日で格段に顔が変わるということはありません。最初にも書いたとおり、コツコツ毎日続けることによって、キレイな鼻筋が手に入るのです。

でも「根気よくマッサージを続けてる時間がない!」「今すぐキレイな鼻筋を手に入れたい!」という人もいるでしょう。では次は、メイクの力を借りてキレイな鼻筋を作る方法を紹介していきます。



初心者さんは難しいと感じることもあるかもしれませんが、コツを押さえれば大丈夫。鼻筋を作るときに押さえておきたいポイントや、注意点をご紹介します。

団子鼻を解消してすっきり鼻に


鼻の根元が低く筋の通っていない団子鼻でも、たったの3ステップですっきり見せることができます。シェーディングとハイライトを準備して、ぜひトライしてみましょう。この方法がキレイな鼻筋を作るための基本になるので、日々のメイクに取り入れてどんどん上達させていきましょう!



1.眉頭と目頭の間、小鼻にシェーディングを入れる
眉頭と目頭の間にあるくぼみに、影をつけるイメージでアーチ状にシェーディングを入れます。そのまま小鼻の方までぼかしていきましょう。

2.鼻のへこむ部分と鼻柱に影をつける
指で鼻先をつまんだときにへこむ部分と鼻柱(鼻の穴と穴の間の部分)にも、同じようにシェーディングを入れていきます。

3.鼻骨から鼻先にかけてハイライトをオン
鼻骨から鼻先にかけて、ハイライトをのせましょう。

ハイライトはベージュ系を選ぶと、肌馴染みが良くなり見映えします。また、鼻筋全体に入れてしまうと鼻自体が長く、大きく見えてしまう可能性があるのでポイントを押さえて入れてくださいね。たったこれだけで、鼻筋の通ったキレイな鼻に見せることができます。



小鼻を小さくして鼻を高く



小鼻の広がりが気になるという人は、小鼻の膨らんだ部分を中心にシェーディングを入れていきましょう。鼻先に入れたシーディングを小鼻に向けてぼかしていく方法が簡単でやりやすいです。小鼻の広がりが気になるからといって全体に入れてしまうと、不自然に浮いてしまいます。また、元々くっきりとしている部分にシェーディングを入れるとお顔がキツい印象になってしまうので、鼻先の丸い部分を中心に影をつけるようにしましょう。



ベースメイクはくすみを取ることを意識して


キレイな鼻筋を作るためには、シェーディングだけでなくベースメイクも大切です。くすみや赤みが残った状態だとその部分が暗く見えてしまうため、理想とは違う部分が影になってしまいます。なので、コントロールカラーやコンシーラーを上手に使って、肌のくすみや赤みは取り除いておきましょう。



ただし、鼻や小鼻の周りは皮脂などでベースメイクが崩れてしまいがちな部分です。ベースメイクを厚くしすぎてしまうと、より崩れやすくなったり崩れたときに見た目が汚くなってしまいがちなので注意しましょう。

ラメ入りのハイライトで鼻の付け根を高く



ラメ入りのハイライトは、塗った部分の肌をより高く見せてくれます。鼻全体にラメ入りのハイライトを入れると変に目立ってしまう可能性があるので、ラメ入りのハイライトを使うなら鼻の付け根だけに限定しておきましょう。鼻の付け根を高く見せることで、鼻全体も高く見せることができます。



フェスなどで目立ちたい場合は、鼻筋全体にラメの入ったハイライトをオンするのも個性が光ってかわいいですよ。

目頭部分にもハイライトを入れて



目頭の部分にハイライトを入れることで、鼻筋に入れたシェーディングをより目立たせ、より一層鼻の高さを強調させることもできます。目頭に入れるハイライトは、「クリームタイプ」を選ぶとよれにくいですよ。



さらに、目頭の部分にハイライトを入れることでデカ目効果も期待できます!目頭部分に「くの字」に入れることを意識してみましょう。

ない鼻筋を作るとっておきのメイクアイテムを紹介!


キレイな鼻筋を作るためには、ハイライトとシェーディングがあればOKですが、ハイライトやシェーディングにもさまざまな種類があって、どれを使えば良いのか悩みますよね。でも大丈夫!キレイな鼻筋を作るためにお役立ちのメイクアイテムもご紹介します。



美鼻になれるおすすめのハイライト


鼻を高く見せるために欠かせないのがハイライトです。ハイライトにはパウダーやクリーム、リキッドなどのタイプがありますが、初心者さんでも扱いやすいのは、パウダータイプのハイライトです。



1.CANMAKE ハイライター


CANMAKE(キャンメイク)の『ハイライター』は、薄づきなのにパール入りで、肌に自然なツヤを与えてくれます。お値段も1,000円以下とプチプラなので、初めて買う方にもハードルが低めのメイクアイテムです。



2.CANMAKE グロウフルールハイライター


こちらも同じくCANMAKEの『グロウフルールハイライター』。こちらのハイライトは、お花とリボンの型押しで見た目も可愛いアイテムです。パウダーなのに粉っぽくならず、クリームのような密着感と透明感を演出してくれます。



3.CEZANNE パールグロウハイライト


CEZANNE(セザンヌ)の『パールグロウハイライト』は、一時期ドラッグストアからなくなったほど人気のメイクアイテムです。高輝度パール配合で、塗った部分を明るく高く見せてくれます。ただし、ギラギラと強く主張するので、鼻に使う場合には根元に軽くのせる程度にしておくのがいいでしょう。



4.MAC ミネラライズ スキンフィニッシュ


MAC(マック)の『ミネラライズ スキンフィニッシュ』は、ほかのハイライトと比べてお値段が高めですが、粒子の細かいパウダーで自然な立体感が演出できると非常に人気の高いハイライトです。ギラギラしないので鼻筋だけでなく、目の周りや頬、あごに使っても浮かず、上品なツヤを出すことができます。特に「ライトスカペード」は、どんな肌の色の人でも白浮きせずに使えますよ。



5.CANMAKE クリームハイライター


クリームタイプでおすすめのハイライトは、CANMAKEの『クリームハイライター』です。クリームタイプながら、肌にのせるとサラッとした塗り心地になります。小さなパールがたくさん配合されているため、自然な立体感を演出してくれます。肌への密着度も高いため、目の周辺に使っても崩れにくいという点も顔に汗を掻くタイプの人にはうれしいのではないでしょうか。



美鼻になれるおすすめのシェーディング&アイブロウ


ノーズシャドウは、色の濃さを調節しやすいパウダータイプと、自然なツヤを演出してくれるスティックタイプがあります。初心者におすすめなのはパウダータイプですが、なりたい雰囲気に合わせて使い分けましょう。



1.CANMAKE ノーズシャドウパウダー


CANMAKEの『ノーズシャドウパウダー』は肌馴染みの良いカラーなので、初心者さんでも使いやすく、ナチュラルに影をつけることができます。また、ノーズシャドウには珍しいテカリ防止機能もあってキレイな鼻筋を作れるだけでなく、お直しもできちゃう一石二鳥なメイクアイテムです。



2.KATE デザイニングアイブロウ3D


KATE(ケイト)の『デザイニングアイブロウ3D』は、元々眉毛を描くためのアイブロウとして発売されたアイテムでしたが、発売後に「ノーズシャドウとしても使える!」と話題に。濃い色、中間色、薄い色と3色入っているので、お好みのカラーに調整しやすいのも嬉しいポイントです。



3.CEZANNE シェーディングスティック


スティックタイプのシェーディングでおすすめなのが、CEZANNEの『シェーディングスティック』。滑らかなテクスチャーで、ぼかしやすいのが特徴です。肌にあたる面積が広いので、フェイスラインのシェーディングにも使いやすいです。



ファンデーションで代用も!


「ファンデーションを買ってみたものの、色が合わなかった」という経験はありませんか?ファンデーションの色選びは難しく、自分一人で判断すると、「塗ってみたら明るかった」「お店で見たときより暗い」ということになってしまいがちです。そんな、自分の肌と色の合わないファンデーションは、ぜひハイライトやシェーディングとして活用しましょう!使い方は普通のハイライトやシェーディングと同じ。明るく高く見せたい場所には明るいファンデーションを、暗く影をつけたい場所には暗めのファンデーションをのせてみましょう。



鼻筋がある人とない人の違いは?


ここまで、鼻筋がないというコンプレックスを解消するための方法をご紹介してきましたが、そもそも鼻筋がある人とない人の違いはどこにあるのでしょうか?

鼻筋がある人、ない人の特徴をそれぞれ順に見ていきましょう。



鼻筋がある人の特徴


まずは、鼻筋がある人の特徴を確認していきましょう。鼻筋がキレイに通っていると美人に見えるのは、次のような特徴があるためです。



1.鼻の先がとがっている


鼻先がツンととがっていると、その分鼻が高く見えます。鼻先の丸い鼻と比べると、鼻自体に高さがなくても高く見えるのが特徴です。鼻が高く見えるということは、キレイに鼻筋が通っているように見えます。イギリス人を思い浮かべてもらえるとわかりやすいと思いますが、多くの人が鼻先がとがっている印象があります。



2.小鼻が引き締まっている


いくら鼻に高さがあっても、小鼻が横に広がっていると鼻筋がキレイに見えません。高さよりも「大きさ」に目がいってしまうことが多いでしょう。また、小鼻が横に広がっていると、鼻の縦の長さと横の長さに差が出にくく、全体的に「丸い」というイメージにもなってしまいます。反対に、小鼻が小さいとシュッと見えて縦のラインが強調されるため、鼻が長く見え、さらに鼻筋がキレイに見えることが多いです。



3.横顔がキレイ


「Eライン(エステティックライン)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。横から顔を見たときに鼻の先と顎とを結んだ線のことを指し、この線の内側に唇が入るのが理想のEラインと言われています。つまり、横顔がキレイに見えるということです。日本人は鼻が低い人が多く、なかなか理想のEラインにならないという人が多いですが、理想のEラインを持つ人はきっとしょっちゅう「鼻が高い」と言われているでしょう。鼻に高さがある分、鼻筋がキレイに見える人も多いのです。



4.顔のバランスがよく見える


鼻は顔の中心ですから、顔全体のバランスに大きく関わるパーツということはすでにご紹介したとおりです。つまり、顔のバランスがよく見える人は、鼻筋がキレイに通っていると言えます。



鼻筋がない人の特徴


次に、鼻筋がない人の特徴を見ていきましょう。鼻筋がないということに対してコンプレックスを抱いている人も少なくありませんが、実は意外なメリットもあるんです。



1.鼻先が丸みを帯びている


鼻筋がある人の鼻先がとがっているのと反対に、鼻筋がない人は鼻先が丸みを帯びています。また、小鼻が横に膨らんでいる人も鼻全体が丸みを帯びています。そのままでももちろん可愛らしいのですが、一歩進んで「キレイ」を目指したいなら、鼻柱や小鼻にシェーディングを入れて、キレイな鼻筋を作ることから始めてみてください。



2.鼻がつぶれている


鼻がつぶれている人は、鼻とその周りの凹凸が感じにくいため、鼻筋がない原因になっているかもしれません。マッサージを続けることで少しずつ鼻の形は変わりますし、鼻が高くなれば横顔もキレイになっていきます。



3.鼻の脂肪が厚い


鼻の脂肪が厚いと、鼻全体に丸みを帯びてしまうので、団子鼻や豚鼻に見えてしまう原因になります。また、脂肪がつくということは、その分鼻自体が大きくなっているということです。すでにご紹介したマッサージを続けるのはもちろんのこと、「全体的にぽっちゃりしているかも?」という人は、ダイエットすることで鼻の印象も変われるかもしれませんよ。



4.「キレイ」よりも「可愛い」


鼻筋がなく、丸みを帯びた鼻の人は、「キレイ」というよりも「可愛い」という印象があります。高く、筋の通った鼻に憧れる女性は多いですが、丸みを帯びた鼻には愛嬌があり親しみやすいと相手に感じさせるメリットもあります。童顔とよく言われる人は、丸みを帯びた鼻の人が多いので、実年齢よりも若く見られることもしばしば。女性にはそれも重要なメリットではないでしょうか。



こんな人は要注意!団子鼻や豚鼻になってしまう習慣とは?


「マッサージを続けているのに効果が出にくい」という人はいませんか?また、「鼻の形は遺伝がほとんどでしょ?」と思っている人もいるでしょう。実は、団子鼻や豚鼻になってしまう原因は、日常生活でついやりがちな習慣にあるのかもしれません!



鼻をかく


小さい頃から、ついくせで鼻をかいてしまうという人はいませんか?実は、その何気ないくせが、団子鼻や豚鼻の原因かもしれません。頻繁に鼻をかくと、鼻の毛穴に少しずつ老廃物が溜まります。この余分な老廃物が毛穴を膨張させ、その結果小鼻が膨らんで丸く見えてしまうのです。



頻繁に鼻をほじる


鼻をかくのと同様に、人には言えないけど、小さい頃から頻繁鼻をほじってしまう……、という人もいるかもしれません。これもまた、団子鼻や豚鼻の原因になります。頻繁に鼻をほじると、その分鼻の穴が押し広げられてしまいますよ。



うつ伏せで寝る


また、うつ伏せで寝るのも団子鼻や豚鼻の原因に。鼻筋がない人は「鼻がつぶれている」という特徴をを挙げましたが、もしかして、眠るときにうつ伏せになってはいませんか?思い当たる節がある人は、仰向けや横向きで寝ることを心がけましょう。枕に鼻を押しつけて寝るのもNGです。鼻が押しつぶされるだけでなく顔全体のゆがみにも繋がるので、いいことは何もありません。今日から直してくださいね。



鼻筋がない悩みはマッサージやメイクで解消できる!





鼻をすっきり見せるためのマッサージや、自然に鼻筋を作るためのメイクをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

日本人は鼻が低い人が多く、その分団子鼻や豚鼻に悩んでいる人も多くいます。あなたが「キレイな鼻筋でうらやましい」と思っている人も、もしかしたらマッサージやメイクで改善しているのかもしれません。

毎日コツコツとマッサージすれば、少しずつですが確実に、鼻の形は変わっていきます。メイクでいとも簡単にキレイな鼻筋を作ることも可能だとわかりましたよね。コンプレックスを解消して、毎日楽しく過ごしましょう!

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ