下っ腹ぽっこりを解消して痩せるには?効果的なダイエット法はコレ!

「最近ウエストきついカモ」「なんだか下っ腹だけ気になる……」見た目は細くても実はお腹がぽっこり!って方、色んなダイエット法に挑戦していませんか?でも引っ込まない下っ腹。ご安心ください!本記事では気になる下っ腹を解消する効果的なダイエット方法を紹介します。


目次 [開く]

下っ腹ぽっこりが嫌…ほっそり痩せたい!



ベルトに乗るお肉や、ウエストのきつさ。「なぜかお腹周りだけぽっこりしているなぁ」ではなぜ下っ腹がぽっこりしてしまうのでしょうか?

下っ腹がぽっこりする原因



「もしかして私だけ?」と神経質になってしまう下っ腹だけが気になる女性も実は続出。腕や顔は太っていないのに下っ腹だけがどうしても太ってしまう……。大丈夫です!原因さえ掴めればダイエット方法などのアプローチを行うことができます!

脂肪の蓄積


主な原因は脂肪が蓄積されてしまうことです。脂肪は大きく分けて2種類、指でつまむことのできる皮下脂肪、内臓の周りに付着している内臓脂肪があります。一般的に言われる肥満の原因でもある“食べすぎ”や“運動不足”というのは皮下脂肪として蓄積されやすいのです。

一方で腸間膜という内臓の周りに蓄積されやすい内臓脂肪はお腹の中にある色々な内臓を支えています。パッと見では内臓脂肪がついていることはわかりにくいのですが、実はお腹が出ているという“下っ腹”の原因となる脂肪なのです。

便秘


多くの女性が悩みを持っている“便秘”。ストレスや緊張状態が続くと腸内環境が乱れて便秘になりやすいのです。もちろん食生活も同じ。乱れたライフワークを継続していると、腸内に溜まった老廃物が腐敗し悪玉菌が増えてしまいます。

さらに血流も悪くなり結果として溜まった便が下っ腹ぽっこりの原因に……。

胃下垂・腸下垂



胃下垂や腸下垂という、通常よりも下の位置に胃や腸が下がっている人も下っ腹ぽっこりになりやすいと言われています。胃下垂や腸下垂の人は、下がった臓器が骨盤の中に入り込んでいくので下っ腹ぽっこりになりやすく、注意が必要です。

冷え・むくみ


オフィスで働く女性に多い“冷え”と“むくみ”。特に夏場は冷房が効いた場所で長時間仕事をしていると身体が冷え切った状態になり、指先や足先が冷えるためむくんでしまう原因にも。

すると老廃物や血液の流れがうまく循環しなくなったり、脂肪を溜め込みやすい身体になってしまったりします。これらが下っ腹ぽっこりの原因に繋がることも!

筋肉量の低下


お腹の奥深いところにあるインナーマッスルと呼ばれる筋肉が低下してしまうと、下っ腹ぽっこりの原因になると言われています。このインナーマッスルは内臓の位置が極力動かないように支えている役割をしているのです。

さらにインナーマッスルが弱いと姿勢が悪くなることも……。

コレで痩せる!下っ腹ダイエット法《筋トレ編》



それでは下っ腹の原因がわかったところで早速下っ腹解消のダイエット方法を紹介します。運動が苦手な方でも、久しぶりに運動をする方も誰でもできる簡単な筋トレですので参考にして下さい!

ドローイン



お腹を凹ませる筋トレです。場所もとらず、寝ながらお腹周りをトレーニングすることができます。

方法


1.仰向けに寝て両手をお腹周りに置きます
2.大きく息を吸いお腹を膨らませます
3.背中と床の隙間がなくなるくらい10~30秒かけて息を吐きましょう
4.繰り返し10回行います

座ったままでも行うことができますが、仰向けの状態の方が呼吸に意識を向けやすいので寝ながら行うことをおすすめします。

プランク



お腹にある内臓を支える筋肉だけではなく、姿勢を保持するのに大切な筋肉にもアプローチをすることができます。下っ腹解消のついでに姿勢美人も手に入れるチャンスです!

方法


1.うつ伏せに寝ます
2.肩の真下に肘がくるように床につき、両足を揃えてつま先を立て、上体を持ち上げます
3.このときに頭の先からお尻、足先まで一直線になる意識をしましょう
4.この姿勢のまま30秒キープ
5.ゆっくりと足を楽にし、30秒休憩したら再度行います
6.目安として3セットほど行いましょう

頭やお尻の高さが一直線になっているかを確認するために鏡の前にで行うことをおすすめします。もし、鏡がない場合にはスマホをインカメラにしておくと鏡の状態になりますよ!

ニートゥチェスト



下っ腹だけではなく太ももの前の筋肉にもアプローチをすることができる筋トレ方法。椅子さえあればどこでも可能な筋トレなので職場などでも実践してみてください。

方法


1.椅子の少し前側に座り、両手で座面サイドの淵を持ちます
2.姿勢をまっすぐしたまま両膝を胸の近くまで引き寄せます
3.息を吐きながら両足を伸ばしましょう
4.ゆっくりと膝を曲げて元の位置に戻します
5.この膝の曲げ伸ばしを繰り返し10回×2セット行いましょう

バランスがとりやすいのは椅子ですが、周りに椅子がない場合には床で行ってもOKです!その際にはお尻が痛くならないようにタオルなどを敷いた上で筋トレをしましょう。

レッグレイズ・ツイスト



寝た状態で下っ腹にアプローチをかけるだけではなく、くびれも手に入れることができるトレーニング。さらに腸に刺激を与える動作なため、便秘解消にも効果的です。

方法


1.両手を広げ、仰向けに寝ます
2.両膝を90°になるくらいまで持ち上げます
3.息を吐きながら腰の位置は固定したまま膝を左右に倒していきましょう
4.このときに床スレスレにつかないように気を付けます
5.動作はゆっくりと行い両手でバランスをとってください
6.左右10回ずつを目安に行いましょう

動作をする際に大きく膝を倒しなら行うと効果的です。苦しくなると呼吸を止めやすくなってしまいます。息を吐くことをわすれずに!

ヒップスラスト



下腹部にダイレクトにトレーニングをすることができるヒップスラスト。ちょっと難易度は高めですが効果的に下っ腹を引っ込めることができます。

方法


1.仰向けに寝ます
2.両膝を軽く曲げ、胸より少し下に来る位置に持ち上げます
3.息を吐きながらお腹に力を入れましょう
4.同時にお腹とお尻を持ち上げます
5.そのままトップで2秒間キープ
6.息を吸いながらお尻を下げて元の状態に戻します
7.この動作を10回×2~3セット行いましょう


フォームが難しいトレーニング方法なので鏡を見ながら行うといいでしょう。正しいフォームで取り組むことによって効果的に下っ腹を鍛えることができますよ!

1
2
3

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事