自転車ダイエットで魅惑ボディに♡痩せるこぎ方やよくある疑問を解説

通勤や通学、お出かけや買い物時など日常生活にあると便利な自転車。日がさす中のサイクリングも楽しいですよね。実は自転車は、ダイエットにとっても効果的なのです!そこで今回は自転車で痩せるこぎ方やダイエット方法について詳しく解説します。



目次 [開く]

自転車ダイエットは効果があるの?



毎日何気なく使っている自転車。移動手段として手軽に利用されている方も多いのではないでしょうか?そんな自転車にもダイエット効果を得ることができるってなんだか嬉しいですよね!

自転車ダイエットのメリット



糖質オフダイエット、キャベツダイエット、お酢ダイエットなど……。「今まで色んなダイエットに挑戦したけど続かない!」「リバウンドしちゃった……」なんて経験ありませんか?自転車ダイエットなら安心!健康でダイエット効果を感じることができます。

手軽に始めやすい



わざわざジムに入会して……というよりも圧倒的な手軽さを持つ自転車。ほとんどの方は移動手段として自転車に乗ったことがあるでしょう。ちょっとした買い物に行くときにも便利。日常的に使っているものだからこそ自転車ダイエットは手軽で始めやすいメリットがあります。

楽しみながらできる


いつもより遠くにお出かけすることもできる自転車ダイエット。サイクリングロードに行けば走りやすい環境ですし、何よりも良いお天気の時には自転車に乗っておでかけすることが気持ちいですよね!いつもと違った道を通ったりおでかけすると普段味わえない風景を楽しめます。

まるで辛いダイエットをしているなんて思えませんね!

移動時間を有効活用できる



通勤や通学時にも利用することの多い自転車。日々仕事が忙しくて運動する時間が取れない方には特におすすめ!出勤などの移動時間を運動時間に変えてしまえばいいのです。

全身の負担が少ない


ダイエットが続かない理由で多いのは「辛い」「続かない」「キツイ」などといった、運動が継続できないことがほとんど。もちろん普段、運動習慣がない人がダイエットのために筋トレやランニングなどを続けるって結構ハードルが高いですよね……。

しかし、自転車ならどうでしょう?普段から乗り慣れているし、あまり「キツイ」というイメージはありませんよね?実際に自転車は全身運動でありながらも筋疲労が少ないので、ダイエットはいつも続かないという方におすすめの方法です!

美脚効果が期待♡


下半身の負荷が大きい自転車ダイエット。自転車をこぐという動作はそもそもが有酸素運動なので、脂肪燃焼効果が期待できます。さらにギア付きの自転車を利用するのであれば下半身への負荷も高めることも可能。

太ももの前の大腿四頭筋(だいたいしとうきん)や太もも裏のハムストリングスを動かしてあげると、すらっとした美脚を手にすることも!下半身太りが気になる方は挑戦しましょう!

自転車ダイエットのデメリット



良いことづくしの自転車ダイエットかと思いきや、実はデメリットもあります。このデメリットを考慮した上で自転車ダイエットに挑戦すれば長期間続けられるでしょう。

その日の天候に左右されやすい


最大のデメリットは“天気”。晴れの日はとても気持ちよく自転車をこぐことができますが、雨や雷雨時には走行は不可能。雨具を使っても楽しくないですし風邪を引いてしまう可能性も十分にあります。

特に通勤・通学で自転車ダイエットを取り入れたいと思っている方は雨の日は電車やバスで通うということを前提に挑戦するしかなさそうです。

長時間乗っているとお尻が痛くなる


手軽に遠い距離まで行くことのできる自転車。いつもと違う風景も楽しめて良いお天気で気持ちいですよね。そう思ったのもつかの間……お尻の痛みを感じます。30分程度ならば問題はないのですが、1、2時間自転車に座りっぱなしだと流石にお尻も痛くなりますね。

もしお尻の痛みを感じることが多いのであればお金はかかりますが、別売りのサドルを購入することをおすすめします!

最初にお金がかかる


自転車ダイエットには自転車が必要ということは重々承知のはず。ママチャリなど簡易的な自転車でもOKですが、長距離走行したり、負荷をかけるにはロードバイクやクロスバイクなどの自転車がおすすめです。

クロスバイクやロードバイクはピンキリで2~10万円とちょっとお値段もお高め。初期費用がかかってしまいますが、移動手段など活用場面は多いので思い切って購入してもいいでしょう。

怪我をする可能性がある


意外とスピードが出る自転車。歩道の走行ではなく車道走行が基本なため、車との接触事故を起こす可能性も十分に考えられます。特に国道などの大通りは車の速度も速く事故が起きやすいです。

ダイエットにはスピードも必要ですが、安全のためにヘルメットを着用することをおすすめします。

強度が物足りない


自転車ダイエットで効果を出すには、ある程度のスピードや負荷を踏まえた強度が必要です。どれくらいのスピードがいいのか、負荷が低い状態で自転車に乗っていても痩せることはできません。「自転車ダイエットをしているのに痩せない……」という方はカロリーがしっかり消費できていない可能性も。

確実にダイエット効果を得たい人は自分が痩せるのに必要なスピードや負荷を理解した上で取り組みましょう。

自転車ダイエットで痩せる!コツとオススメのこぎ方



自転車ダイエットを行う前に「どんなこぎ方なら痩せるの?」という方のためにおすすめのこぎ方やコツを紹介します。自転車ダイエット実践前に必ず読んでおきましょう。

背筋をのばしてこぐ



自転車をこぐ際、気を付けたいのが姿勢。基本的に自転車で長距離を走行すると思いますが、姿勢が悪いと腰に負担がかかり痛める可能性があります。極力背筋をピンと伸ばして両手をハンドルに添えた前傾姿勢で行ってください。
1
2
3

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事