骨盤矯正ストレッチでメリハリボディに♡骨盤が歪むNG習慣も必見!

骨盤の歪みが身体に大きな影響を与えるってご存知ですか?特に女性は身体の構造から骨盤が開きやすく、様々な悪影響を及ぼします。スラっとしていてメリハリのある綺麗な身体にはとても憧れますよね。歪みが身体にもたらす影響は、外見から内臓のことまで多岐にわたります。

今回は骨盤矯正のストレッチとともに、骨盤が歪んでしまう日常生活に潜む原因についても詳しくみていきましょう!



目次 [開く]

骨盤矯正ストレッチで健康的な身体に♡



皆さんはダイエットをして思うように体重が減らなかったり、自分が思うような理想の身体になれなかったりということはありませんか?ダイエットでは下半身の脂肪が特に落ちにくいので、足の太さに悩む女性も多いでしょう。なかなか下半身が痩せない理由は骨盤が歪んでしまっているからなのかもしれません。

健康な身体をつくるためにも骨盤矯正ストレッチを行って、理想的で綺麗な身体つくりをしていきましょう!

骨盤が歪む原因になる日常のNG習慣とは?



身体の中でも大きな部類の骨である骨盤は、何もしていない状態で勝手に歪むことはありません。必ず日常生活の中に原因が潜んでいます。多くのことは無意識にしてしまっているもので、癖になるとなかなか自分で気づくことができません。

無意識にしてしまっていることの改善は簡単ではありませんが、意識する回数を増やしていくことによって、それが習慣となり少しずつ良い方へと変化していきます。普段知らないうちにしてしまっている、骨盤にとってのNG習慣を順番にチェックしていきましょう。

足を組んで座る



座るときにいつも同じ足を組んで座っていませんか。足を組むことで色っぽく見せることができますが、骨盤にとってはかなりダメージが大きい座り方になります。足を組むときは左右どちらかに偏って組むことが多く、体重の負荷が骨盤にかかってしまい、左右差が出てしまいます。

横向き・うつ伏せで寝る



寝ているときの体勢は自分でコントロールできない分、改善が難しいです。寝始めは仰向けで寝ていても、朝になるとうつ伏せや横を向いているといった経験をしたことがある人もいますよね。

自分の体重が骨盤の前側や左右どちらかに負荷としてかかってしまうため、少しずつ負荷が骨盤に蓄積されてしまい、腰痛の原因にもなってしまうため、横向きやうつ伏せで寝ることはあまり推奨されません。

片足に重心をかけて立つ



立ち仕事をしているときなど、左右どちらかに重心をかけて立っていると骨盤が歪んでしまいます。自分の靴底を見てみましょう。どちらかだけ偏ってすり減っていたり凹んでいるなら、無意識に身体の重心を傾けて立っている証拠です。

姿勢が悪い



座っているときと立っているときに共通して目立つことが姿勢の悪さです。猫背になったり、腰が反って立ってしまっていることはありませんか?特に猫背はデスクワークやパソコンを使う職業の人に多く、身体の前側の筋肉がどんどん衰えていってしまい脂肪や老廃物が下半身に流れてしまう原因ともなります。

一度猫背になってしまうクセがついてしまうと、立っている状態のときでも肩が内側に入り込み、首が前に出ている姿勢になってしまいます。

ヒールのある靴を履く



女性でヒールのある靴をよく履く人は、身体の重心が前側に傾いてしまい、骨盤もその影響を受けて前側へと傾いてしまいます。骨盤が前側に傾くことによってお尻は上向きになりますが、その分太ももの前側が張ってきてしまい、筋肉が目立つたくましい足になってしまいます。

骨盤の歪みタイプ&身体に現れる症状



骨盤が歪むといってもさまざまなタイプがあります。
姿勢や日常生活でしてしまっているクセなどによっても違ってきますので、骨盤の歪み別タイプと身体に現れる症状を詳しくチェックしていきましょう!

骨盤が前に傾いている



骨盤が前に傾いてしまっている人は、普段ヒールのある靴を履くことが多いのではないでしょうか。また、海外の人も骨格の作りが違うため、前に傾いているタイプになります。骨盤が前に傾くことでお尻が大きく上向きになったり下腹が出て見えるなどの他にも、常に骨盤に負担がかかってしまっているので、腰痛の症状も現れます。

骨盤が後ろに傾いている



骨盤が後ろに傾いてしまっている人は猫背や、筋力が弱い人に当てはまります。骨盤が後ろに傾いている状態になりますので、身体のバランスをとるために姿勢が悪くなったり、顔が前に突き出たような体勢になります。そのため、お尻が垂れたり猫背になってしまいお腹の筋肉量の低下や、胸が垂れるなどの症状が現れます。

骨盤が開いている



骨盤が開いてしまっている人は、出産経験があるのではないでしょうか。出産のときには赤ちゃんが通るために骨盤を開くようにするホルモンが分泌されます。その後も開いてしまった骨盤が元に戻らないと下半身に脂肪がつきやすかったり、O脚になってしまうなどの症状が現れます。出産経験がない人でも、あぐらをかいて座っていればだんだんと骨盤が開いていってしまうので注意が必要です。

骨盤が左右に傾いている



骨盤が左右に傾いてしまっている人は、座ったときに足を組んだり、身体の重心が傾いている可能性があります。骨盤が左右に傾くことでどちらかの肩が下がってしまうなど、立っているときのバランスが悪くなってしまいます。通常時は違和感がないことが多いですが、スポーツをしたり重い物を持ったりしたときに痛みが出ることがあるので、肉体労働をしている人は特に注意が必要です。

骨盤矯正で得られる嬉しい効果



骨盤の歪みを矯正することによって、本来の身体機能を取り戻すことができますが、実際どのような効果があるのか気になりますよね。骨盤矯正をすることによって得られる嬉しい効果を見ていきましょう。

代謝が上がる



骨盤矯正で得られる効果としてよく挙げられるのが代謝が上がることではないでしょうか。傾いていた骨盤が元の位置に戻ることによって周りの筋肉が正しい位置につき、筋肉量も増えることによって代謝が上がります。代謝が上がることにより消費カロリー量が多くなり、太りにくく痩せやすい身体に変化していくので、ダイエットをするときにはまずはじめに、骨盤を元の位置に戻していくことより高い効果が期待できます。

骨盤は身体の中心にあり、あらゆる筋肉や血管とつながっている大事な部位になります。正しい位置に戻して、身体機能を活性化させることがダイエット成功への近道となることでしょう!

便秘改善



骨盤が歪んでいるとそれに伴い内蔵の位置が下がって、腸を圧迫することになり便秘になってしまいます。圧迫された腸は本来の活動ができずに便を溜め込み、腸内で腐敗してしまいさらに老廃物が溜まりやすくなります。
老廃物が溜まると身体のむくみの原因ともなってしまうので、便秘が改善すると溜まっていた老廃物が排出されて、むくみが改善されます。便秘はダイエットのみならずさまざまな悪影響を及ぼすので、骨盤矯正は健康な身体を維持するためには必要不可欠です。

1
2

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事