BBクリームとファンデーションの違いと正しい使い方!併用のコツも解説♡

BBクリームとファンデーションってどう違うの?と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。ここでは、BBクリームとファンデーションの違いについて徹底的に分かりやすく解説し、どうやって使えばよいかをご説明したいと思います。

ベースメイクアイテム選びに迷っている方は、是非読んで参考にしてくださいね!




目次 [開く]

BBクリームとファンデーションの違いを知って使い分けよう!





BBクリームは色々な機能が備わっているクリームだというのは、ご存知な方も多いでしょう。ファンデーションの中でもリキッドタイプやクリームタイプは、伸びが良くカバー力があるというのも一般的に知られていますよね。このように漠然とした知識はあるけれど、実際はどうなのでしょうか?この疑問をこれから解決していきましょう!


BBクリームとファンデーションの違い





「BBクリームとファンデーションの違いがよく分からない!」この2つの違いをはっきりさせましょう!


BBクリームの特徴





BBクリームの「BB」とはいったい何を意味するかご存知ですか?BBとは、Blemish Balm (ブレミッシュ バルム)の略称で、「傷を修復する」という意味があり、もともとは肌を整えるための保護クリームとして開発されました。

BBクリームは、ファンデーションの効果はもちろん、美容液・日焼け止め・化粧下地・コンシーラーなどの役割を果たしてくれるので、メイクをしながら美肌ケアもできてしまいます。基本はクリームタイプです。最近では、BBパウダーも販売されていますよ。


ファンデーションの特徴





ファンデーションには、クリーム・リキッド・パウダーなどの種類がありますが、ここでは、BBクリームと似た部分が多い、クリームタイプ、リキッドタイプについてご説明します。

ファンデーション(クリーム・リキッド)には水分が多く含まれていて、保湿力が高く、肌にしっかり密着して崩れにくいのが特徴です。また、シミやそばかすなどの肌悩みをカバーしてくれて、肌の色をキレイに見せる効果があります。色の展開が多いので、自分の肌にあったものを探しやすいです。


メーカーによっては大差がない場合もある





BBクリームとファンデーション(クリーム・リキッド)の違いの境目は、実はとても曖昧です。BBクリームのような美容成分が入っているファンデーション(クリーム・リキッド)もあります。その場合、スキンケアファンデーションなどと名前を変えて売り出されていることもあります。


意外と知らない?BBクリームとCCクリームの違い





ここでは、BBクリームとCCクリームにどんな違いがあるのかを話していきます。BBクリームとCCクリームは、効果が若干違います。


BBクリーム:肌のムラをカバーする役割





BBクリームには、ファンデーションの効果があるので、肌のムラをカバーする役割があります。


CCクリーム:肌の色味をコントロールする役割





CCクリームの、CCは、Color Control(カラー コントロール)の略称です。BBクリームのように美肌ケアをしながら、肌の色をきれいに見せてくれます。ただ、カバー力はBBクリームよりは弱く、よりナチュラルに仕上がります。肌のムラや赤みなどを自然に隠したい場合に使います。


オンとオフで使い分けるのもおすすめ!





BBクリームのカバー力は、ファンデーションよりは少々劣るものの、かなり優秀です。仕事がある日は、BBクリームを使うのがおすすめです。メイクしながら美肌ケアができるので時短になり、余裕のある朝を過ごせます。

CCクリームは、休日やリラックスしたい日に使うのがおすすめです。仕上がりはナチュラルなのに、気になる部分は自然にカバーしてくれます。

BBクリーム・ファンデーションの正しい使い方





ここでは、BBクリームとファンデーション(クリーム・リキッド)の正しい使い方について紹介していきます。

BBクリームの正しい使い方





1.クリームの適量を手のひらに出す
顔の大きさなどにより個人差がありますが、まずは目安としてパール大(直径1cmぐらい)を手に取ってから調整してみてください。

2.手のひらに出したクリームを、おでこ・ほほ・鼻・あごに付ける
顔の内側から外側に向かって、指で優しく伸ばすようにします。

3.両手で顔を包み込むように押さえる
塗り終えた部分を手のひらで包むことで、クリームがより肌に馴染みやすくなります。


ファンデーションの正しい使い方





ファンデーションには、大きく分けて、クリームファンデーション・リキッドファンデーション・パウダーファンデーションの3つがあります。

潤いのある肌を保ちたい、カバー力を重視する方は、クリームファンデーション。ツヤと透明感のある肌を求める方には、リキッドファンデーション。メイク時間を短くしたい、ナチュラルメイクにしたい方には、パウダーファンデーションがおすすめです。

それぞれの使い方は以下の通りです。

クリームファンデーション・リキッドファンデーションの場合


1.クリームの適量を手のひらに出す
顔の大きさなどにより個人差がありますが、まずは目安としてパール大(直径1cmぐらい)を手に取ってから調整してみてください。

2.手のひらに出したクリームを、おでこ・ほほ・鼻・あごに付ける
指を使って、顔の内側から外側に向かって優しく伸ばすようにします。

3.両手で顔を包み込むように押さえる
塗り終えたあとに両手で包むことで、クリームがより肌に馴染みやすくなります。

4.マット肌に仕上げたい場合
クリームファンデーションやリキッドファンデーションの後にルースパウダーをプラスしましょう。

パウダーファンデーションの場合


1.化粧下地を塗る
パール1粒大(直径約1cm)をムラにならないように伸ばします。

2.ニキビ跡、そばかす、しみなどがある場合はここでコンシーラーを使う
パウダーファンデーションの厚塗りを防いで、しっかり肌悩みをカバーすることができます。

3.スポンジを使って顔の中心から塗り広げる
パウダーファンデーションに付属しているスポンジで、顔全体に広げましょう。

4.目元や口の周りは少量に
デリケートな目元や口元は崩れやすい部分なので、少量を馴染ませる程度で良いでしょう。

化粧下地は、肌の凹凸をならして、滑らかな肌を作ってくれます。また、パウダーファンデーションのヨレ防止にもなりますので、手順どおりに進めてみてください。

BBクリームとファンデーションを併用することも可能!





BBクリームには、もともと化粧下地とファンデーションの役割があるので、他のものを使う必要はないのですが、BBクリームだけでは何か物足りないと感じる場合は、ファンデーションと併(あわ)せて使うこともできます。実際に併用して使っている方もたくさんいて、カバー力がアップし、夕方まで化粧が崩れにくいなどの効果を感じているようです。どのように使えば良いか紹介していきます。

BBクリームとファンデーション(クリーム・リキッド)を混ぜてから塗る方法


BBクリームの欠点は、色のバリエーションがない点です。BBクリームとファンデーション(クリーム・リキッド)を混ぜて使えば、自分の肌にあう色を作り出すことができます。ものによっては混ざりにくいものがあり、しっかり混ざり合うことができるなら使えます。

ただ、肌トラブルが全く起きないということは言えないので、顔に塗る前に腕などに軽く付けて反応を見てみることをおすすめします。

BBクリームの上に、パウダーファンデーションを重ねる方法


BBクリームの上にパウダーファンデーションを重ねれば、カバー力がアップします。厚塗り感が出てしまう場合は、ルースパウダーなど軽めのものに変えてみても良いです。

美しく仕上がる♡おすすめのBBクリームを価格帯別に紹介!





ここでは、おすすめのBBクリームを価格帯別にご紹介します。

おすすめのプチプラBBクリーム





手軽に試せるプチプラのBBクリーム!ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちふれ(CHIHURE)



ちふれ化粧品はプチプラなのに品質が高いのが人気で、近所のドラッグストアなどで手軽に買えます。特に30代以上の女性に支持されているブランドです。ちふれ化粧品の『BB クリーム』には、ヒアルロン酸やトレハロースなどの保湿成分が入っているので、潤いのある肌になることができます。カバー力があるので、シミやそばかすなどをしっかり隠せます。



メイベリンニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK)



メイベリンニューヨークの『ピュアミネラル BB モイスト』には8つのミネラル成分が入っています。肌に優しいので、敏感肌の方でも安心して使えます。透明感のある健康的な肌になれます!



毛穴パテ職人(SANA)


毛穴パテ職人(SANA)の『ミネラルBBクリーム』は、毛穴が気になる方にピッタリです。毛穴を隠すのはもちろんですが、仕上がりの肌感を「さらさらマット美肌」「うるツヤ美肌」「もちもち美白肌」から選べるのも嬉しいポイントです。



おすすめのデパコスBBクリーム





デパコスといえば、値段が高くてなかなか手が届かなかったりしますが、高い美容効果が期待できるのも確かです。その中でもおすすめをご紹介します。

ドクターシーラボ(Dr.Ci:Labo)


ドクターシーラボ(Dr.Ci:Labo)の『BBパーフェクトクリーム ホワイト377プラス』には、美容成分が85%も配合されていています。まるで美容液そのものを使っているような感じです。余分な皮脂を吸収するパウダーも入っていて、ヨレや崩れが気になりません。



クラランス(CLARINS)


クラランスのBBクリーム『ボーム コール シュペール イドラタン』は、ファンデーション並みのカバー力があります。しっとりした感じが長時間続き、乾燥が気になりません。色は、少し黄みが強めです。



シュウウエムラ(shu uemura)


シュウウエムラの『ステージ パフォーマー BBパーフェクター』は、トップメイクアップアーティストのアイデアから生まれた高機能のBBクリームです。色は2色展開で、自然な「ベージュ」・明るめの「サンド」があります。プロにメイクしてもらったような美肌になれます。



DDクリームもある?





DDクリームがあるということを知らない方も多いのではないでしょうか?DDクリームは本当にあるんですよ。BB、CCときて、DDかい!と突っ込みたくなりますが……。DDとは、Daily Defense(デイリー・ディフェンス)の略称です。BBクリームのような質感で、BBクリームやCCクリームよりカバー力があります。顔だけでなく、乾燥が気になる体の部分(ひじやひざなど)にも使えます。保湿、UVケアに高い効果があり、アンチエイジングの効果もあります。

BBクリームほど馴染みはないですが、今後のベースメイクグッズを選ぶ際の1つの選択肢として覚えておいて良いでしょう。

BBクリームとファンデーションの違いを理解して賢く美肌ゲット!





BBクリームとファンデーションは、用途により使い分けることをおすすめします。

BBクリームは美肌ケアからメイクまで1度で済むので時短になり、忙しい毎日の中で使うのにピッタリです。特に大事な場面、例えばデートなど、気合を入れたい時はファンデーションでしっかり肌悩みをカバーしつつ、潤ったツヤのある肌を作りましょう。

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ