美眉のキホン“黄金比”を知ろう♡あなたの悩みを解決!アイブロウの描き方&アイテムリストをチェック♡

みなさんはメイクする時どのパーツを一番大事にしていますか?私の予想ですが、アイメイクを大事にしている方が多いのではないかと思います。もちろんアイメイクもとても大切ですが、実は最も顔を作っているのは眉毛なんです!眉毛がきれいに描けていると、正面だけでなく横顔もきれいに見えます。でも「アイブロウを描くのが苦手」という人も多いはず……。

今回は【アイブロウ基本の描き方&アイテム】をレクチャーします!



目次 [開く]

アイブロウメイクに使う基本アイテムを知ろう!


まずアイブロウメイクに使う代表的なアイテムを知っていきましょう。自分の眉毛には何が必要なのかわかります。

美しい眉毛をつくる3アイテム♡


アイブロウメイクには最低でも3アイテムを使うと、よりきれいに仕上がります。1つ目に持っていてほしいのは、スクリューブラシ。眉毛を整えてから、足し算と引き算をしていきましょう。あとの2つは、アイテムの特徴を見ながら決めましょう。眉山から眉尻が描きやすいペンシルやリキッド、眉頭はぼかせるパウダーがあるときれいな眉毛に仕上がりますよ!



おすすめアイテム3つ


お手入れ:スクリューブラシ
眉頭:アイブロウパウダー
眉山・眉尻:アイブロウペンシルライナーorアイブロウリキッドライナー

1.リキッドアイブロウ


リキッドタイプは先が筆ペンのようになっていて、1本1本の毛をリアルに描けるので眉がまばらな部分を違和感なく埋めるのに最適です。

こんな人におすすめ♡


・自眉がまばらで毛を書き足したい



2.ペンシルアイブロウ


鉛筆型とくり出し式のものがあり、眉毛1本1本をきちんと描くことができます。芯の柔らかさや細さはさまざまなので、自分が使いやすいものを選んでみてください!

こんな人におすすめ♡


・眉尻や輪郭を強調したい



おすすめこちら♡




3.パウダーアイブロウ


パウダーを付属のチップやブラシに取って使います。上の2つと比べてパレット何色か入っているので、自分の髪色やメイクに合わせて色を混ぜて使うことが可能。自然で立体的な眉毛が描けるのが特徴です。

こんな人におすすめ♡


・眉が全体的に薄くて細い



おすすめこちら♡




4.眉マスカラ


しっかり眉がある人は髪色より少し明るめの色を選ぶと垢抜けていい感じになります。眉マスカラは眉毛を立体的見せてくれます。

こんな人におすすめ♡


・太眉や眉の印象を柔らかくしたい



おすすめこちら♡




5.スクリューブラシ


自眉の毛流れを整えるために使います。アイブロウメイク前にとかしてあげると、自分の眉毛の位置が正確に分かります!



おすすめこちら♡




美しい眉毛には【黄金比】がある!


眉毛を描くにあたってきれいに見える黄金バランスというものがあります。「眉頭・眉山・眉尻」の位置を知ってから描きましょう!大きな鏡を真正面で見ながら、ペンを持って印をつけて描くとより正確な位置がわかってやりやすいと思います。

自分の眉毛をチェック♡


1.眉頭:眉頭は目頭の延長線上に来るようにしましょう
2.眉山:黒目の外側のフレームから目尻の真上の間が目安です
 ※眉山の位置は人それぞれ骨格が違うので難しいので目安です
3.眉尻:眉尻は小鼻と目尻を結んだラインの延長線上に来るとバランスが◎



いざ実践!アイブロウメイクをやっていきましょう♡


アイブロウメイクのやり方


アイテムを準備して黄金比をチェックしたら、早速実践しましょう♡私がやっているアイブロウメイクを紹介します。

1.スクリューブラシで毛並みを整えていきます




2.アイブロウペンシルを使って眉山から眉尻を描いていきます


毛を1本1本書き足すように描くと自然に仕上がりますよ!



3.眉中央から眉頭はふわっと仕上げたいのでパウダーをブラシでのせていきます


ここでは、毛のすき間を埋めるイメージで描いていきます。



4.仕上げは眉マスカラを使って毛の色を整えます


眉尻から眉頭まで、毛の流れに逆らって塗ります。次に毛の流れに沿って戻します。



完成




アイブロウメイクお悩みQ&A!


アイブロウメイクは悩みが尽きない場所。悩みを解決してさらにアイブロウメイクを完成していきましょう!

Q.眉毛が時間経つと消えてしまう


A.パウダーを乗せてさらさらにしましょう


せっかく描いた眉毛が気がついたら半分消えていたりしませんか?そういう人は、肌の油分が多い可能性があるので、眉毛を描く前にしっかりパウダーをのせて地肌をさらさらにしておくと◎



それでも消えてしまう方はMACの24HOUR アイベースを使うのがおすすめ!湿気や汗に強い処方なので眉毛に描く前に仕込んでおくと消えづらくなります。

Q.左右対称に描けない、上手に描けない


A.紙で描く練習を!鏡の真正面で描くのがポイント


この悩みは多くの人がもってるはず!毎日練習あるのみなのですが紙とペンを用意して眉毛の形を描いていくと上手に描けるようになります。



あとは鏡に対して真正面で確認することも大事です。片方ずつに集中しすぎて真正面向いた時に対称になっていないことが多いので、こまめに鏡をチェックすることが大事です。

Q.眉頭の毛が足りない


A.リキッドアイブロウで書き足そう


眉頭の毛が足りなくて、でも描きすぎて海苔っぽくなっちゃう人がいますよね?この時はリキッドアイブロウを使って描いてあげると自然な仕上がりになります。足りないところを描き足してスクリューブラシを縦にして下から上にボカしてあげましょう。



Q.立体眉にするには?


A.アイブロウマスカラで眉頭を塗る


トレンドになっている立体的な眉毛。毛が薄くてもできます!まつ毛用のマスカラを眉頭に塗ってあげると立体感や束感を出せますよ。普段のアイブロウメイクに入れてあげても簡単に雰囲気を変えることができるのでぜひやって見てください!



いかがでしたか?今回はアイブロウメイクの基本を紹介しました♡アイブロウは顔の印象を決める大事なパーツです!アイメイクをするのと同じ感覚で眉アイテムを駆使して理想のアイブロウメイクをしてみてください♡



(伊波芳杏×よっぴー(happyyopy))

この記事を書いたライター

伊波芳杏×よっぴー
台湾と日本のハーフ ビューティーブロガー。 メイク、コスメに関する豊富な知識と経験を元にしたブログ記事が人気。

関連記事