まぶたの色素沈着には正しいケアを♡黒い原因&カバーの仕方も必見!

すっぴんの状態で鏡を見ると、まぶたが黒ずんでいると感じたことはありませんか?そのまぶたの黒ずみは色素沈着です。まぶたに色素沈着があると、老けて見えたり疲れているように見えたりと、悪い印象を与えてしまうことがあります。

そこで今回は、まぶたの色素沈着の原因や正しいケア方法、カバーの仕方をご紹介します!まぶたの色素沈着を徹底ケアして透明感ある美肌を目指しましょう!


目次

まぶたの色素沈着・黒ずみが気になる……


まぶたの色素沈着や黒ずみが気になると、アイメイクで隠そうとする方も多いですよね。少しの色素沈着であればメイクでカバーすることもできますが、色素沈着がヒドイときは逆効果になることもあります。

色素沈着があると、本来のアイシャドウの色味がキレイに発色しなかったり、アイメイクをしても目元がくすんで見えたりします。メイクでカバーしきれなくなる前に、色素沈着を予防することが大切ですが、まぶたの色素沈着や黒ずみはなぜできるのでしょうか?まずは、色素沈着の原因や仕組みを詳しくご紹介します。


色素沈着は摩擦で起こる


まぶたの色素沈着が起こる原因の多くは摩擦によるものです。また、まぶたの色素沈着の正体はメラニン色素で、まぶたに強い摩擦が起こるとメラニン色素が皮膚に沈着します。例えば目を掻いたり、アイメイクの時にチップやブラシでこすったりすると、摩擦で色素沈着が起きてしまいます。


ターンオーバーの乱れも色素沈着の原因に


さらに、肌のターンオーバーが乱れると色素沈着が起こります。ターンオーバーとは、肌が生まれ変わることで、健康な肌であれば約28日の周期で肌が生まれ変わります。しかし、ターンオーバーが乱れると本来外に排出されるはずのメラニンが表皮にとどまり、そのまま沈着してしまうのです。


まぶたの色素沈着の原因となるNG習慣


まぶたの色素沈着の主な原因は、摩擦やターンオーバーの乱れであるとご紹介しました。しかし、日常生活のなにげない習慣が、色素沈着を引き起こしていることもあります。考えられるNG習慣をいくつかご紹介するので、当てはまるものがないかチェックしてみてください。NG習慣が分かれば、まぶたの色素沈着の予防にも繋がります。


クレンジングの際にまぶたをゴシゴシしている


メイクをしたら必ずクレンジングをしますが、クレンジングの際にまぶたをゴシゴシしていると、色素沈着の原因になります。メイクをきちんと落とすことは大切ですが、ゴシゴシとこするのは肌に負担をかけてしまうので要注意です。特にまぶたの皮膚は薄くデリケートなため、ちょっとした摩擦でも肌を傷つける恐れがあります。


目をこするクセがある


目がかゆいと、つい強くこすってしまいますよね。特に花粉症やアレルギーを持っている方は、目を頻繁にこするクセがあるのではないでしょうか?しかし目をこすると、まぶたに刺激を与えてしまい色素沈着が起こります。目がかゆいときは目薬を使用して、なるべく目をこすらないように気を付けましょう。


メイクを落とさず寝る


疲れているときや眠いときに、メイクを落とさず寝てしまった!という方も多いのではないでしょうか?メイクを落とさず寝ることは、当然お肌に負担をかけてしまいます。メイクをしたまま寝ると、ファンデーションやアイシャドウなどが顔の皮脂と混ざり酸化し、メラニンを生み出して色素沈着してしまうのです。


スマホやパソコンを長時間使用する


長時間のデスクワークやスマホ操作も、まぶたの色素沈着を起こす原因です。スマホやパソコンからはブルーライトが発せられており、紫外線と同じく人体に影響を及ぼします。ブルーライトは肌の奥深くまで届くため、メラニンを生成し色素沈着を引き起こします。それだけでなく、スマホやパソコン画面を見続けると目が疲れて血行が悪くなり、目周りの筋肉が衰え目元がくすんで見えてしまいます。


まぶたの色素沈着のケア&改善法


まぶたの色素沈着がひどくなるとメイクで隠し切れなくなってきますが、しっかり予防すれば進行を防ぐことが可能です。また、色素沈着してしまってもきちんとケアすることで改善できます。ここからは、まぶたの色素沈着のケアや改善法をご紹介します。毎日ケアを続けることで改善されるので、根気よく行いましょう!


目まわりをマッサージして血行促進


まぶたの色素沈着には、目まわりをマッサージをして血行促進させるのがおすすめです。マッサージで血流が良くなると、肌のターンオーバーがスムーズに行われ、まぶたの色素沈着が改善します。また目元もすっきりしてむくみやくすみも改善し、明るい目元になりますよ。

目元の皮膚は敏感なので、マッサージは優しくタッチするようにおこないましょう。また、マッサージ前に目元をホットタオルなどで温めておくと、さらに血行促進されマッサージ効果が高まります。

おすすめの目元マッサージ


1.マッサージオイルやクリームをまぶたにたっぷり塗る
2.薬指を使って、眉弓骨(びきゅうこつ)のくぼみをなぞるようにして、目頭から目尻までマッサージする
3.下まぶたも同様に、目頭から目尻まで薬指でマッサージする

アイメイクはするんと落とすように


アイメイクを落とすときは、目元をこすらないようにするんと落とすことが大切です。特に目元は他のパーツよりもメイクが濃くなりがちなので、クレンジングの際にゴシゴシこすってしまう方も多いですよね。コットンなどにクレンジングをたっぷりしみこませて、目元にしばらく置くとするんとメイクが落ちます。


メイク落としのポイント1.時間をかけずに優しく落とす


メイク落としは時間をかけずに優しく落とすことがポイントです。クレンジングは洗浄力が強いため、長い時間使用すると肌荒れの原因になってしまいます。一方で、クレンジング時間が極端に短いとメイクがきちんと落ちません。クレンジング時間は1分ほどで済ませ、優しく落とすようにしましょう。


メイク落としのポイント2.アイメイクリムーバーで落とす


まぶたの色素沈着が気になる方は、アイメイクリムーバーを使うのがおすすめです。アイメイクにウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使っていると、クレンジングでなかなか落ちないときがありますよね。アイメイクを落とすために長時間クレンジングをしたり、ついゴシゴシ目元をこすったりしてしまい、色素沈着の原因になります。

しかしアイメイクリムーバーを使えば、肌に負担をかけすぎることなくアイメイクを綺麗に落とすことができます。いつものクレンジングでアイメイクが落ちにくいという方は、ぜひアイメイクリムーバーを試してみてください。

メイク落としのポイント3.なかなか落ちないときは綿棒を使う


アイメイクなど、落としにくい部分はついゴシゴシとこすってしまいがち。そんなときは、綿棒を使うと肌を刺激することなくメイクを落とせます。綿棒なら、ゴシゴシ肌をこすらなくても落ちない部分にピンポイントで触れられるのでおすすめです。


紫外線対策をする


まぶたの色素沈着予防には紫外線対策が欠かせません!外出時は必ず日焼け止めを塗り、日傘や帽子・サングラスなどを活用しましょう。またメイク時は、ベースメイクの下に日焼け止めを仕込んだり、UVカット効果のある化粧下地やファンデーションを使ったりして、徹底的に紫外線対策をしてくださいね。


美白コスメでしっかりスキンケアをする


まぶたの色素沈着が気になるときは、美白コスメでしっかりスキンケアしましょう。美白化粧水や美白乳液は、トラネキサム酸やアルブチンなどの美白有効成分が配合されています。そのため、紫外線を浴びてしまってもメラニンの生成をおさえ、シミや色素沈着を予防してくれます。まぶたの色素沈着を改善するには、美白コスメを継続して使用することが大切です。


肌に優しいコスメを使う


まぶたの色素沈着の予防には、肌に優しいコスメを使うのもおすすめです。コスメによっては、肌への刺激が強い成分が入っているものもあり、目がかゆくなったり赤くなったりと肌荒れを起こすことがあります。目がかゆくなるとゴシゴシとこすってしまい、摩擦でまぶたに色素沈着ができる可能性も考えられます。

そこでおすすめなのが、肌に優しいオーガニックコスメ。肌への刺激が少なく、せっけんで落とせるコスメが多いので、クレンジングで肌に負担をかける心配もありません。

バランスの良い食生活をする


バランスの良い食生活は、まぶたの色素沈着を予防・改善してくれます。毎日のスキンケアを行っていても、なかなかまぶたの色素沈着が改善されないという方は、食生活を見直してみましょう。野菜やフルーツなど、ビタミンを多く含む食材は肌に良いと言われており、バランス良く取り入れることで肌のターンオーバーが良くなりまぶたの色素沈着が改善されます。


睡眠をしっかりとる


まぶたの色素沈着の改善には、睡眠をしっかりとることも大切です。睡眠は一番の美容法と言われているほど。睡眠中は、成長ホルモンや睡眠ホルモンなど美肌に欠かせないホルモンが分泌されます。質の良い睡眠をとることで、これらのホルモンがしっかり分泌され、まぶたの色素沈着を改善し美肌に導いてくれます。


目に負担をかけない


目に負担をかけないことも、まぶたの色素沈着を防ぎます。パソコンやスマホ画面を長時間見続けることは、目を疲れさせてしまいます。パソコンやスマホを長時間操作する場合は、ブルーライトカット眼鏡を着用したり、画面の明るさを調節するなどして、目に負担をかけないように気を付けましょう。


1
2

この記事を書いたライター

まい
1993年7月生まれ、22歳より大手出版社に入社し美容系の雑誌にて編集業務に従事、現在はフリーランスとしてライターを中心に様々な活動をしている。 得意分野はファッション、美容で複数メディアにてその分野に関する記事を執筆中、さらに専門的な知識を深めるために化粧品検定を勉強中。 「毎日を美しく」がモットー♡ 今よりおしゃれに、キレイになりたい女子のための美容情報をお届け!

関連記事