化粧の正しい順番とは?初心者さんもおさらい組も必見!メイクの基本的な手順

身なりを整えるために、毎日欠かさずメイクをしている人は多いでしょう。しかし、化粧の順番をきちんと理解しているでしょうか?順番が正しくなければ、化粧ヨレの原因に繋がることもあります。

この記事では意外と知らない、化粧の細かい順番について紹介していきます。初心者必見!化粧の順番を基礎から見直してみましょう!



目次

化粧の順番を知ってメイクを綺麗に仕上げよう!





化粧の順番によって、仕上がり方やメイクの持ち、崩れにくさが変わってきます。こちらでは、化粧前のスキンケアからベースメイク、アイメイク、その他のポイントメイクの順番をすべて紹介していきます!ベースメイクで使用するアイテムによって化粧の順番が変わるため、きちんと理解しておきましょう!

化粧をする前に!しっかりスキンケアをしよう





化粧を始める前に、スキンケアをして肌の調子を整えましょう。スキンケアは化粧の土台となるもので、スキンケアを怠ると化粧崩れなどの原因に繋がります。

ぬるま湯で洗顔をする





化粧の前に、まずは洗顔をします。ぬるま湯で顔を洗い、洗顔料を泡立てネットなどで丁寧に泡立てます。泡を顔に乗せ、手でこすらずに泡で顔を洗うようにして、最後にぬるま湯で十分に洗い流します。洗顔料のすすぎ残しが無いように注意しましょう。

洗顔後、化粧水をたっぷり浸透させる




洗顔後の肌は乾燥しやすい状態になっているため、出来るだけすぐに化粧水を塗りましょう。コットンに化粧水を馴染ませ、コットンでやさしくおさえるようにパッティングしましょう。

あくまでも「優しく」がポイント!コットンでこするようにつけてしまうと、肌に負担がかかるので、絶対にやめましょう!顔に十分に化粧水が浸透したら、首やデコルテも一緒に化粧水を塗っておきましょう。

肌の乾燥はメイク崩れの原因にも




肌が乾燥している状態だと、皮脂が分泌されやすくなります。皮脂が過剰に分泌されてしまうとメイクのもちが悪くなり、メイク崩れの原因に繋がります。べたつきがちなTゾーンもきちんと保湿をしておくことが大切です!さらに乾燥は小じわやシミの原因にも繋がるため、きちんと対策をしましょう。

美容液でスペシャルケア





美容液には、美白、シミ予防、しわ改善、角質ケア、ニキビケアなど、さまざまな種類があります。適宜気になる時に、いつものスキンケアに美容液をプラスして使いましょう。美容液は化粧水で水分を肌に浸透させた後に使用します。気になる所に、指でやさしく塗っていきます。

化粧水・美容液の後は乳液でふたをする





水分をたっぷり肌に浸透させたら、乳液でふたをします。乳液を手のひらにとり、顔の中心から外側に向けて、顔全体に均等に塗っていきます。

化粧水を塗って乳液をつけずにそのまま化粧をすると、肌から水分が抜けてしまい、乾燥し、化粧崩れの原因に繋がります。スキンケアの最後には必ず乳液をつけて仕上げましょう。

必要があればクリームなどで保湿する





冬などの乾燥する時期は、乳液の上からクリームを塗りましょう。特に口元は乾燥しやすく、カサカサとしてしまう人もいるのではないでしょうか。Tゾーンやおでこなどの乾燥しづらい部分は、クリームを塗る必要はありません。

初心者さんに♡おすすめスキンケアアイテム



スキンケアと一口に言っても、たくさんの種類があってわからない!という人も多いですよね。そんな方におすすめしたいのが、HOTARU(ホタル)なんです♡

HOTARUはオンラインでいくつかの質問に答えると、肌質や好みに合わせて自分だけの化粧水・乳液が作れるサービス。季節や年齢で悩みや好みが変わっても、2回目以降もレシピを変えられるのでずっと使い続けられますよ。自分の肌にどんなスキンケアアイテムが合うのかわからない人は、ぜひ診断してみてくださいね♡

HOTARUで自分だけのスキンケアを作る♡

基本の化粧の順番《ベースメイク編》





スキンケアを終えたら、さっそく化粧に取りかかっていきます。まずはベースメイクの化粧の順番を紹介します。

1.日焼け止め



スキンケアを終えたら、日焼け止めを塗って紫外線対策をしましょう。紫外線を浴びることでシミやしわの原因に繋がります。晴れの日はもちろん、曇っている日にも紫外線対策をしましょう!

適量を手のひらにとり、おでこ、鼻、両頬、顎に指で乗せていきます。指全体を使って、顔全体にやさしく塗っていきます。



化粧下地に日焼け止め効果が入っている商品もありますが、日焼け止めと化粧下地を別で使いたい時は、日焼け止めを先に塗ります。

絶対焼きたくない人に♡おすすめの日焼け止め



紫外線対策はしっかりしたくても、日焼け止めは肌への負担が大きいもの。NALC PERFECT UV PROTECT ウォータープルーフは、SPF50+、PA+++と紫外線からしっかりガードしてくれるのに、敏感肌や子供にも使えるほど肌に優しい日焼け止めなんです!

NALC PERFECT UV PROTECT ウォータープルーフは通常の日焼け止めには使用されることが多い界面活性剤が入っていないので、伸びが良く、水にぬれても乳化せず流れ落ちません。白浮きもなく石けんや洗顔で落ち、化粧下地としても使える超優秀アイテム♡楽天市場の2億アイテムの中で1位を獲得するほどの人気ぶりにも頷けます!

NALC PERFECT UV PROTECTを詳しくチェック♡

2.化粧下地



化粧下地はファンデーションのもちをキープし、化粧乗りを良くしてくれる重要アイテムなので、必ず取り入れましょう!肌のトーンアップ効果や皮脂崩れ防止など、さまざまな効果の化粧下地があるので、自分に合ったものを選びましょう。



化粧下地を手にとり、おでこ、鼻、両頬、顎に指で乗せていきます。指全体を使って、ムラにならないように、顔全体にやさしく塗っていきます。

トーンアップに♡おすすめ化粧下地




ラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップローズ ピンク Amazonはこちら♡

肌のトーンアップと保湿力に優れた化粧下地です。のびも良く紫外線対策もバッチリ!石けんで簡単にオフできます。

毛穴・小じわカバーに♡おすすめ化粧下地



MIMURA SS COVERは毛穴や肌のでこぼこをフラットにカバーしてくれる化粧下地。うるおいを保ちながら、さらっと伸びの良い質感が特徴です。

パリコレのメイクにも使用され、@cosmeなどの口コミサイトでも上位にランクイン!肌色を整える機能もあるので、すっぴんメイクからしっかりメイクまで対応できますよ♡

MIMURA SS COVERを詳しくチェック♡

テカリ防止に♡おすすめ化粧下地



シルキーカバーオイルブロックは、シルクパウダー配合の化粧下地です。余分な皮脂を吸着してテカリやメイク崩れを防ぎながら、うるおいはしっかりキープ。サラサラの肌を1日中キープしてくれます。

美容成分もたっぷり入っているので、スキンケアも同時にできちゃいます♡

シルキーカバーオイルブロックを詳しくチェック♡

3.コンシーラー



コンシーラーはニキビ跡やシミ、クマをピンポイントで隠すことができます。気になる部分にコンシーラーをつけ、周りの肌と馴染ませましょう。



パウダーファンデーションの場合はファンデーションの前、リキッドファンデーションの場合はファンデーションの後にコンシーラーを使うようにしましょう。


NARS ラディアントクリーミーコンシーラー Amazonはこちら♡
カバー力抜群!よれにくいクリームコンシーラーです。重ねづけすることで、気になる部分を簡単に消すことができます。

4.ファンデーション



ファンデーションは、肌をきれいに見せるためにかかせないアイテムです。ファンデーションにはさまざまな種類があるので、自分にあったものを見つけてください。

パウダーファンデーションは、マットな質感の肌に仕上がります。パフでファンデーションを取り、顔の中心部分から馴染ませていきます。パフに残ったファンデーションでフェイスラインや顔の周りを整えていきます。



リキッドファンデーションは、ツヤのある質感の肌に仕上がります。ナチュラルメイクに仕上げたい場合は、ファンデーションをつけすぎないのがポイント!

リキッドファンデーションを手に取り、指やスポンジ、ブラシで丁寧に塗っていきます。その後気になる部分には、コンシーラーを塗って整えましょう。

4.フェイスパウダー



フェイスパウダーは、余計な油分を抑え化粧崩れを防ぎます。主にリキッドファンデーションを使用した際の仕上げとして、フェイスパウダーを使います。パウダーファンデーションの場合は、フェイスパウダーは不要です。



フェイスパウダーをパフ・ブラシにとり、ティッシュで余分な粉を落とします。肌全体にふわっと乗せます。ツヤ感のある肌にしたい場合は、フェイスパウダーを顔全体につけすぎず、Tゾーンや鼻周りを重点的に乗せてみましょう。

ベースメイクで使うアイテムでも化粧の順番が変わる!





ベースメイクをする際に使うアイテムによって、化粧の順番が変わります。順番を守って、化粧崩れしにくい肌を作りましょう!初心者にも分かりやすいように、アイテム別の順番を紹介していきます。

パウダーファンデーションを使う場合





1.日焼け止めを塗る
2.化粧下地を塗る
3.コンシーラーを塗る
4.パウダーファンデーションを塗る

パウダーファンデーションを使うと、マットな質感の肌に仕上がります。コンシーラーは化粧下地の後に塗り、パウダーファンデーションで馴染ませるようにしましょう。

リキッド・クリームファンデーションを使う場合





1.日焼け止めを塗る
2.化粧下地を塗る
3.リキッド・クリームファンデーションを塗る
4.コンシーラーを塗る
5.フェイスパウダーで整える

リキッド・クリームファンデーションを使うと、ツヤのある質感の肌に仕上がります。化粧下地の後にリキッド・クリームファンデーションを塗り、その上から気になる部分を隠すようにコンシーラーを重ねましょう。


1
2

この記事を書いたライター

まい
1993年7月生まれ、22歳より大手出版社に入社し美容系の雑誌にて編集業務に従事、現在はフリーランスとしてライターを中心に多方面で活動をしています。 得意分野はファッション・美容・恋愛記事で、複数メディアにてその分野に関する記事を執筆中!その他にも夢占いや言葉の使い方など色々なジャンルにも興味あり♡ 今よりさらにステップアップしたい子に有益な情報をお届けします!

関連記事