朝バナナダイエットのやり方を徹底解説!得られる効果&注意点とは?

テレビ番組や雑誌、SNSなどで大きく取り上げられ話題となった「朝バナナダイエット」。皆さんも1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

今回は、根強い人気を誇(ほこ)り、再び話題となっている「朝バナナダイエット」について、効率的なやり方や嬉しい効果についてご紹介したいと思います!

それではさっそくいってみましょう!



目次 [開く]

朝バナナダイエットって本当に痩せられるの?



朝バナナダイエットは、そもそもどうして話題になったのでしょうか。

始まりは、SNSの先駆けとして多くの利用者に人気となった「mixi(ミクシィ)」でした。成功したという体験談が増えるにつれて、朝バナナダイエットにチャレンジする利用者も増え、300人以上のチャレンジャーがダイエットに成功したんです!

どうしてこのような結果となったのか、人気の理由を探ってみました。

バナナは栄養豊富な食べ物♡



ダイエット目的ではなくても、バナナは非常に栄養が多く含まれている食べ物。食べたあとすぐにエネルギーに変わるという消化の速さも有名で、マラソン選手がレース前に食べることでも知られていますよね。

他にも、バナナには、ミネラル、ビタミンB群、ビタミンC、マグネシウム、セロトニンなどさまざまな種類の栄養素が含まれているんです。まさに「サプリメントいらず」の万能食材と言えますね。

リーズナブル&お手軽で続けやすい!



サイズにもよりますが、100円以下の価格で売られていることも多いバナナ。毎日1本ずつ食べたとしても、家計に大きく影響しないのが嬉しいポイントと言えます。

さらに、包丁で皮をむいたり、切ったりという手間がかからないのも大きな特徴ですよね。忙しくなりがちな朝の時間帯でも、あまり時間をかけずに食べられます。仕事や家事、育児であわただしい毎日を送っている女性の強い味方になってくれますね!
 

朝バナナダイエットのやり方



ではさっそく、朝バナナダイエットのやり方について見てみましょう。とはいっても、朝にバナナを食べるだけの簡単なダイエット。思い立ったらすぐに始められる手軽さも人気の理由です。

朝食をバナナ1~2本に置き換える



朝は「ごはん派」という人も、「パン派」という人も、まずは毎朝バナナだけを食べましょう。1本ではおなかがすいてしまうという人は、2本までならOK。バナナだけ食べることに飽きてしまった場合は、この後ご紹介するアレンジレシピを試してみてくださいね。

バナナと一緒に常温の水を飲む



朝バナナダイエットだけでなく、全てのダイエットに共通して言えるのが「しっかりと水分をとる」ということ。水分をしっかりとることは、食べ物の消化をスムーズにしてくれたり、老廃物の排出を促してくれたりといいことずくめなんです。

ポイントは、キンキンに冷えた水ではなく、「常温」の水を飲むこと。冷えた飲み物は胃腸の働きを低下させてしまいますが、常温~ぬるめの水であれば朝1番でもおなかがしっかりと働き、効率的に消化運動ができますよ。
 

朝バナナダイエットで得られる効果とは



実は、朝バナナダイエットには、体重の減少以外にも嬉しい効果が期待できるんです!内面から美しくなれるため、より魅力的にダイエットができそうですね。

朝食のカロリーが抑えられる


今までの朝食では、主に何を食べていましたか?ごはん、パンが一般的ですが、麺類を食べるという人もいますよね。これらは全部「炭水化物」と呼ばれ、エネルギーのもとになる「糖質」が豊富に含まれています。



そして、糖質が多く含まれている炭水化物は、カロリーが高くなりがち、という特徴を持っています。これをバナナに変更することで、摂取カロリーを減らし、体重減少につなげてくれるんですね。

ちなみに、ごはんをお茶碗に軽く1杯食べると200キロカロリーほどを摂取(せっしゅ)することになります。これに対し、バナナは1本が約86キロカロリーとかなりのローカロリー!2本食べてもごはん1杯よりもヘルシーなんですよ。

体内の毒素を排出し、お通じを改善してくれる


さまざまな栄養素が含まれているバナナですが、食物繊維も豊富。また、バナナの甘みは砂糖の甘みと違い、「フラクトオリゴ糖」と呼ばれる糖分でできています。これらは食べても消化されにくく、腸までしっかりと届きます。



また、フラクトオリゴ糖は腸内にすんでいる「善玉菌(ぜんだまきん)」のえさとなります。善玉菌は腸の働きを活性化し、腸内環境を整えてくれる働きものなんですよ。毒素がたまりにくくなった腸内は、毎日のお通じもスムーズに。

体内にたまりがちな毒素は、腸の働きを改善することでどんどんと外へ排出させましょう!

むくみや冷えの改善・防止



バナナには多くの「カリウム」が含まれています。カリウムは体にたまった余分な水分を体外に排出してくれるので、むくみがちな女性は特に摂取したい成分です。

むくみは、体をだるく疲れさせてしまうだけでなく、血流やリンパの流れも悪くしてしまいます。結果、むくみから体の冷えにつながってしまうことも……。水分の不足は問題ですが、余分にためこまれた水分もしっかりと排出させていきましょう。

精神を安定させてくれる



体の変化だけでなく、食べるだけで1日をすっきり過ごせちゃうのがバナナ。実は、バナナに豊富に含まれている「セロトニン」は、脳の中に分泌されている成分。セロトニンがしっかり分泌されていると、精神が安定して気持ちが落ち着くんだそう。

何かと忙しかったり、ストレスがたまりがちな毎日を過ごしている人には特におすすめ。朝起きて気持ちがほっと落ち着くと、1日頑張れそうですね!
 

朝バナナダイエットで高い効果を発揮させるポイント



嬉しい効果が盛りだくさんの朝バナナダイエット。実際に始めるにあたって、その効果は最大限にゲットしたいですよね。次は、朝バナナダイエットをより効果的にするポイントをご紹介します。

2~3ヶ月は継続する



万能のように思える朝バナナダイエットですが、やはり1ヶ月だけでは効果を実感しにくい場合も。数週間で痩せられたという人も、まだまだ体が元の状態に戻りやすく、「リバウンド」をする可能性があります。

健康的な体を目指す朝バナナダイエットですから、数ヶ月続けることでようやく痩せやすい体を作ることが可能に。日々生まれ変わりを繰り返している体の細胞が、全て入れかわると言われているのが「2~3ヶ月」。最低でもこの期間は、ダイエットを中断しないように頑張っていきましょう。

起きたあと30分~1時間以内に食べる



起きたあと30分~1時間以内は、睡眠中に使ったエネルギーを補充するのにぴったりの時間。これ以上間をあけてしまうと、空腹状態が続いて食べ物のカロリーを余計に吸収してしまうことに。早い人なら5分もかからずに食べられるバナナですから、ぜひ食べる時間を意識してみてくださいね。

昼食の3~4時間前に食べる



起きたあとの時間ももちろんですが、昼食を食べるまでの時間も3~4時間はあけましょう。というのも、朝食と昼食の間を3~4時間あけると、胃腸の負担がもっとも少なくて済むんだそう。胃腸が働きっぱなしにならないよう、休息の時間も考えられているのです。

おやつを食べるなら果物orチョコを少しだけ


とはいえ、朝食の量が多かった人にとって、バナナだけにするとお腹がすいてしまいますよね。その場合は上手におやつを取り入れていきましょう。



大切なのは、おやつを毎日同じ時間に食べること。1日のリズムを一定に保つと、胃腸への負担も減り、カロリーを吸収しすぎる可能性も少なくなります。

また、おやつとして食べるのであれば、バナナ以外の果物や、高カカオと呼ばれる種類のチョコレートなどがおすすめ。カロリーの少ないヘルシーなおやつがベストです。

これはNG!朝バナナダイエットで注意すべきこと



朝バナナダイエットを行う上で注意しておきたいポイントも知っておきましょう。栄養満点なバナナにも、意外な落とし穴があるんです。

バナナを食べ過ぎないように


バナナについてのこれまでの説明を聞くと、なんだかいくら食べてもいいような気がしてきますよね。普段からたくさん食べる人は、数本くらいならペロリと食べられるという人もいるのではないでしょうか?

しかし、先ほどもご紹介したように、バナナ1本は約86キロカロリー。仮に3本食べれば258キロカロリーとなり、ごはん1杯分を超えてしまいます!普段より余計にカロリーをとると、意味がなくなってしまいますよね。



また、バナナに豊富に含まれている「カリウム」をとりすぎると、「高カリウム血症」と呼ばれる病気になってしまう可能性も!吐き気や嘔吐(おうと)、しびれ、脱力感などの症状が出る場合があるため、食べすぎにはくれぐれも注意してくださいね。

適度な運動は必要



これもどのダイエットにも言えることですが、適度に体を動かすことで、初めて蓄積(ちくせき)された脂肪が燃焼します。朝バナナダイエットも同じで、痩せやすく太りにくい体を作りながら、今ある脂肪にしっかりアプローチすることが大切です。

自分に合った運動を、できるだけ長く続けていきましょう。

昼食・夕食の内容も見直そう



朝食をバナナのみに変えたら、他は何を食べてもいいと思われがちな朝バナナダイエット。もちろん、昼食・夕食に過度な食事制限をする必要はありませんが、かといって油ものや砂糖をとりすぎるのもNG。

おすすめは「和食」です。きちんと出汁(だし)の味が感じられる和食は、味つけそのものが濃くなくても、おいしく食べやすい食事。いわば、ダイエットの味方なんです!

バナナに飽きてしまったら…おすすめのバナナの食べ方



それでは最後に、朝バナナダイエットを続けているあなたへ、おすすめのアレンジレシピをご紹介していきます。たまに味を変えることで、より長く続けられそうですね。

バナナを熱して食べる



常温のまま、あるいは冷やして食べることが多いバナナ。実は意外と知られていないおいしい食べ方が、「焼きバナナ」なんです。作り方はとってもシンプルで、アルミホイルの上に切ったバナナを並べてトースターであたためるだけ。少しこげ目がついてきたあたりがベスト!

お腹の冷えを防ぐだけでなく、善玉菌のえさとなるフラクトオリゴ糖は温めると増えると言われています。時間のある朝は、ぜひ焼きバナナを食べてみてはいかがでしょうか?

ヨーグルトと混ぜて食べる



お手軽で、多くの人が試している定番レシピが、ヨーグルトをちょい足しする食べ方です。ヨーグルトなどの乳製品は、たんぱく質や脂質などと比べて消化がいいことでも知られていますね。胃腸への負担を減らせるだけでなく、腸内環境にもいい最強のタッグと言えます。

冷凍バナナアイスにする



夏の暑い朝にぴったりなのが「冷凍バナナアイス」です。お腹が冷えやすい人にはあまりおすすめしませんが、シャリシャリとした食感と、バナナそのままの甘さがちょうどいいお手軽アイスになりますよ。

バナナを凍らせるときは、1口サイズに切り分けておくとあとで食べやすくなります。

必ずしもバナナでなくてもいい!


とはいえ、ずっとバナナばかり食べているとほとんどの人が飽きてしまいますよね。そんなときは、「朝バナナダイエット」から少し離れてみるのも手かもしれません。

必ずしもバナナでなくても、栄養が豊富に含まれている果物は「朝○○ダイエット」として活用できるんです。中でもおすすめなのが「キウイフルーツ」。果物の中でも、バナナに近い栄養素が含まれているんですよ。



バナナやキウイフルーツ以外を選ぶときは、そのときの「旬(しゅん)」の果物を選ぶようにするのがおすすめ。果物の旬は、それぞれの持つ栄養素をもっとも効率的にとれるとき!ビタミンCや食物繊維などを取り入れると、バナナとは違った効果を得られます。そして、ぜひまた朝バナナダイエットに戻ってきてくださいね。

朝バナナダイエットにはこちらもおすすめ♡



朝バナナダイエットをより効果的にするためのおすすめアイテムを厳選してみました!朝バナナにプラスして美ボディを手に入れちゃいましょう♡

1.極み菌活生サプリ



いま話題の菌活とは、腸内の善玉菌、いわゆる「痩せ菌」を増やして腸内環境を整えること。ダイエット効果だけでなく美肌効果も期待できる、美容には欠かせないものなんです♡極み菌活生サプリは1粒で乳酸菌1億個、ビフィズス菌8,000万個、酪酸菌2,000万個を生きたまま腸に届けてくれます。

3つの菌の効果はこちら↓

・乳酸菌―腸内菌のバランスを整える、便秘・肌荒れ・ニキビ・PMSの改善、免疫力向上
・ビフィズス菌―便秘や下痢の改善、免疫力向上
・酪酸菌―悪玉菌の発育を抑え善玉菌が育ちやすい環境を作る、ミネラルの吸収性向上

体内の不要な油分や老廃物を吸着するキトサン、竹炭を配合し、人気のチャコールクレンズまで一緒にできちゃうという優れモノ!さらに善玉菌のえさとなる2種のオリゴ糖で腸内環境を整える黄金ループができあがります♡


【今まで色々試してダメだったのですが、水分の少ない便器が詰まるほどの硬い便が数日に一回、いきまなければ出てなかったのですが、これを飲んでから、スルっと便意を感じられるようになり毎日快便です。オナラも臭くないです。黒いカプセルでビックリしますが、効いてる実感はあります。
お腹周りがぽっこりして膨満感あったのですが、なくなってスッキリしています。
ズボンのウエストはかなり緩んできてます。買ってよかった。ありがとうございます。】


引用:Amazon


極み菌活生サプリ公式サイトはこちら♡

2.GREEN SPOON



GREEN SPOONはオンラインで質問に答えると、自分に合った配合のスムージーを提案してくれるんです!60種類以上の野菜や果物、スーパーフードの中から、生活習慣や食生活で不足している栄養素を効率的に摂取することができます。瞬間冷凍されたものが届くので、ミキサーやブレンダーにかけるだけで新鮮なスムージーが作れちゃいますよ♡

朝バナナダイエットだけでは不足しがちな野菜やタンパク質も摂取できるので、健康的なダイエットが期待できますね。パッケージがとてもおしゃれでかわいいのも嬉しいポイント♡おすすめだけでなく、20種類以上のスムージーから自分の悩みに合った配合のものも自由に選ぶことができます。温めてホットスムージーとして飲むのもおすすめです♪



GREEN SPOON公式サイトはこちら♡

スリムボディのカギは朝バナナにアリ!



いかがでしたか?
庶民の味方であるバナナを上手に食べて、おいしく楽しくダイエットを成功させましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事