ドッキリ!と思いきや、車の窓を叩いて来たのは?【本当にあったちょっとこわ〜い話Vol.12】

連載
本当にあったちょっとこわ〜い話
本当にあったちょっとこわ〜い話
「本当にあったちょっとこわ〜い話」ではイラストレーターのかとさんが実際に体験したお話をご紹介。"ちょっとだけ"怖い話、なのでホラーが苦手だけれど、読んでみたいという方にもおすすめのストーリーです。
「怖いけれど読みたい!」怖い話って、そんな気持ちをかき立てられますよね。

連載【本当にあったちょっとこわ〜い話】では暑い季節にもぴったりなひやりとするストーリーが盛りだくさん。

イラストレーターのかとさんが実際に体験した「ちょっとだけ」怖い話をお届けします!

「本当にあったちょっとこわ〜い話」第四夜〜トンネル〜2話


今夜お届けするのは「本当にあったちょっとこわ〜い話」第四夜〜トンネル〜2話。

第二夜〜声〜第三夜〜幽霊の住む家〜に登場した、かとさんの元カレBさんが実際に体験したお話です。

ある友人に押し切られ、心霊スポットに来た元カレBさん。

ナニカの気配を感じ、元彼Bさんだけ車に残っていると、車の窓ガラスをバンバンと何回も叩く友人たち!

「車の窓何回も叩いて、騒がしくして本当に出て来たらどうすんだよ……」と友人たちに言うと、まさかの……。










バンバンと何回も車の窓ガラスと叩かれたと感じた元カレBさん。

しかし友人たちは「オレ達が窓を叩いたの……1回だけなんだけど……」と言い、途端に恐ろしさを感じます。

同時に、元カレBさんには近づいてくる笑い声が聞こえていました……。

次回もお楽しみに!
1

この記事を書いたライター

かと
猫を愛するブロガーです。ブログ【かとさンちの愉快な毎日】で 『5才で熱性けいれんになった話』『幼児自慰体験談』など、主に育児系・日常系のコミックエッセイを連載しています。インスタフォロワーは10万人を突破しました。

関連記事