それを先に聞いてたら…!隠されていた狙い【LINE怖い話 #45/絶縁の水 3】

連載
LINE怖い話
LINE怖い話
知らない人からLINEが来る。そんなゾッとする経験をしたことはありませんか?この連載では、LINEにまつわる怖い話をお届けします。
知らない人からLINEが来る。そんな経験をしたことはありませんか?

多くの人は、詐欺やいたずらだと思って無視してしまうでしょう。でも、中には違和感を覚えるものもあるようです。

LINEの向こう側にいるのは、人間なのでしょうか。それとも……。

連載「LINE怖い話」では、LINEにまつわる怖い話をお届けします。

「絶縁の水」その3


昔から霊感が強く、勘も鋭かった紘子さん。

ネットではやり始めた除霊スプレー「龍玉水」を川の水で薄め、「絶縁の水」という名前に変えて販売する小遣い稼ぎをしています。

さらに、絶縁の水を購入した人には自身が運営する公式LINEアカウント「占いLINE藍羅」に案内。希望者にはLINE上で占いを行うという内職もしています。

そんな紘子さんの元に「(O_O)」という人から、以前行った占いに対するクレームが入りました。

なんでもその人には片思いの男性がいるらしく、占いでは相性がいいと診断されたのに、進展がないとのこと。

「占いはあくまで占いですから、相性がいいと診断されても必ず結ばれるわけではないですし、過信されても困るんですよね。ましてや私、プロでもないし」

面倒臭い人に絡まれたな、と紘子さんは内心思いましたが、(O_O)からはさらにLINEが届きました。

購入した「絶縁の水」に効果を感じないと言っています。



「この(O_O)って人、好きな人にすでに彼女がいるなんて占いの時は言ってなかったんですよ。そうと分かっていたのなら、相性診断の結果がよくても、かける言葉を変えたのにって思います」

紘子さんは頭を抱えました。

絶縁の水の通販サイトには、実在する人との絶縁にも効果があるという口コミがありますが、紘子さんはこれに関して立証はできないと言います。

しかし、絶縁の水の原液として使用している龍玉水の通販サイトにも同じような口コミがあるため、紘子さんは自身の商品の宣伝にも用いたようです。

「龍玉水も絶縁の水も、除霊効果があるのは確かなんですよ。でも、縁切りを前面に押し出した方が売れるかなって思って……。私の商品の口コミは、基本的に私の自演です。紙に名前を書いてスプレーしても効果があるというのも、自粛需要に合わせて作った私の自演の口コミなんですよ」

(O_O)からまたLINEが入りました。画像の後に「こんなにスプレーしても効かないんですが」と言っています。

画像は、A4サイズの紙に大きく名前が書かれたものでした。滴るほど濡れているのが分かります。

その名前を見て、紘子さんは驚きました。

「その紙には『中田奈美』って書いてあったんです。先日、家に何かいる気がするって私に相談してきた、大学時代からの友達です」

紘子さんは悩みましたが、(O_O)には「基本的に霊よりも人間の意思の方が強いものです。交際中の人を念だけで別れさせるのは難しいでしょう」とだけ返しました。

それに対して(O_O)からの返信はなく、いったんは落ち着いたように見えましたが……。


連載「LINE怖い話」は毎日更新中です。

(園田亜真理)

※この物語はフィクションです。実在する人物・団体とは一切関係がありません
1

この記事を書いたライター

園田亜真理
1993年10月5日、東京都生まれ。元インテリアショップ店員。駆け出しフリーWEBライター・エディター。フリーモデル。この先の時代に、結婚せずに女1人で生きていく方法を模索中。オカルト、ホラー、廃墟が好き。

関連記事