奥二重のぱっちり目計画。ナチュラルに盛る秘密のテクニック

奥二重の『腫れぼったさ』が気になる人も多いでしょう。目を大きく見せようとアイメイクに凝れば凝るほど、逆効果になるものですよね……。そこで、奥二重に合ったメイク方法を紹介します♡ 普段のメイクとの違いをチェックしてみましょう!

目次

奥二重でもぱっちり目になりたい


奥二重をぱっちり目に見せるには、この目の『特徴』を学ぶことが大切です♡ 奥二重の欠点や特徴がわかれば、必要なアイメイクの仕方も自然に理解できますよ!

奥二重ってどんな目?




二重とは、まぶたを開く際に筋肉が皮膚を引き上げるためにできるラインのことです♡ 奥二重は『二重のラインはできる』ものの、一重のような『腫れぼったい印象』が残ってしまいます……。

奥二重になる理由は、まぶたが二重のラインにかぶさってしまうためです♪ まぶたが厚かったりたるみがあったりすると、二重のラインを隠してしまいます。

そのため、二重のラインの幅が狭い&浅い人が奥二重になりやすいといえるでしょう♡

とはいえ、二重と奥二重を明確に分ける数値や基準は特にありません。二重のラインができるという意味では、奥二重と二重には大きな違いはないともいえますよ♡

盛りすぎるとかえって小さく見える




奥二重をぱっちり目にするために、アイメイクで目を強調してしまいがちですよね♡

しかし、やり方を間違えると、逆に目を小さく見せてしまいますよ! アイメイクでの注意点は主に2つあります。

1つ目は、アイラインを『太く』引いてしまう点です! 奥二重は、目を開くとアイラインが目立ちやすいという特徴があります。アイラインは『細く』引いて、自然なラインを目指しましょう♡

2つ目は、二重の幅に濃いめのブラウンシャドウをのせてしまう点です。濃いめのブラウンシャドウは、二重部分を引き締めすぎてしまいますよ。

奥二重の切れ長でクールな目元を強調するには『目尻ラインを長くする』のがポイントです。このひと手間だけで、ぱっちり目をつくれますよ♡

奥二重さんのアイメイク


奥二重をぱっちり目に見せるには、具体的にどのようなアイメイクがよいのでしょうか? ここでは、マット系アイシャドウとクリームアイシャドウを使ったアイメイクを紹介します♡

マット系アイシャドウでグラデに




ぱっちり目をつくるには、マット系アイシャドウでのグラデーションが欠かせません! 二重に比べて奥二重は『まぶたがややポテッとした印象』があります。

そのため、ピンク系シャドウの使い方には特に注意しましょう……! ピンク系シャドウを全体に塗ると、腫れぼったさを強調してしまいます。

ピンク系シャドウを使用するなら『アクセント』として使うのがおすすめです♪

たとえば、ブラウン系シャドウで陰影をつけたら目尻の1/3~1/2に濃いめのピンクを細く入れます。差し色として使用すれば、腫れぼったさもなくかわいい印象を演出できますよ♡

クリームアイシャドウもおすすめ


奥二重の人が今っぽい目元を演出するには『クリームアイシャドウ』がおすすめです♡ クリームアイシャドウなら、目をグルっと囲んでも強調しすぎるメイクにはなりませんよ。

ポイントは、クリームアイシャドウで囲み、目幅よりも長めのラインを引く点です。クールで色っぽい印象を与えられますよ!

奥二重なら、クリームアイシャドウを1つは常備しておくとよいでしょう。

涙袋も忘れずに




ぱっちり目には『縦』に幅を出せる『涙袋づくり』が必須です♡

まずは、パール入りの白もしくはピンク系のアイシャドウを用意します。『下まぶたで笑ったときに膨らむ部分』に軽くのせましょう。

ふっくらさせたい部分にハイライトをのせます。このとき、クリーム状のタイプを黒目の真下に筆でのせると立体感を出せますよ♪

涙袋のラインには眉ペンシルを使用します。目頭から1cmくらい離れた位置から黒目の終わりくらいまで引きましょう。ポイントはなるべく細く引く点です♡

アイブロウを細い筆やチップに少しとり、影を描くように、眉ペンシルのライン下へのせます。パール入りのシャドウを、涙袋ラインの上にのせれば完成です!

ココが肝心 アイラインの引き方


アイラインを上手に引けるかどうかで、顔の印象は変わります! しかし、アイラインをうまく引けないという人も少なくありません。

奥二重だと『アイラインがにじむ』『目が小さく見える』といった悩みが尽きないものです。ここでは、アイラインを上手に引くポイントを紹介します♡

細く長めに引く




奥二重では、アイラインの長さに注意しましょう。細く長めに引くことを意識するのが大切ですよ♡

奥二重の特性として、太すぎるアイラインを引くとアイラインばかりが強調されてしまいます……!

アイラインを細く入れ、目尻のラインは少し上方向に角度をつけて長めに引きましょう。目尻を跳ね上げるようなイメージで描いていきます。

具体的には『8mm』ほど跳ね上げると、くっきりした目元になりますよ♪

黒目部分のインラインがポイント


アイラインは主要ラインを引ければ完成と思いがちですが、ここからがぱっちり目にするための大切なポイントです♡

奥二重の人は、黒目のあたりに『インライン』を入れましょう! 黒目部分にインラインを引くと、黒目全体が大きくなった印象を与えられますよ♪

このとき、まつげの間にも忘れずにアイラインで埋めましょう。まぶたが引き締まったように見えるため、腫れぼったさを解消できます♡

速乾タイプのブラウン系コスメがGOOD




アイラインがにじみやすい・取れやすいのが特徴の奥二重には『速乾タイプ』のアイライナーがおすすめです! 速乾性があり、落ちにくいタイプを選べば、悩みも一気に解消できるでしょう♡

奥二重の人のなかには、黒のアイラインだとなぜか目元が浮いた印象になる人も少なくありません。

「黒がしっくりこないな……」と思ったら『ブラウン系』のアイライナーを選びましょう。黒よりも柔らかい印象を与えられますよ♡

奥二重さんのまつげメイク


ぱっちり目にはまつげメイクも欠かせないポイントの1つです♡ ただし、まつげをバサバサと闇雲につけ足せばよいわけではありませんよ!

奥二重は、まつげの根元ではなく『中間』部分にまぶたがかかっています。そのためまつげが下がりやすいのが特徴です。

まつげをあげてもすぐ落ちてきてしまうなど、一見デメリットにも思える特性かもしれません。しかし、この特徴を生かすまつげメイクをすれば、十分素敵なぱっちり目になりますよ♡

マスカラとホットビューラーで長く見せる




ナチュラルなぱっちり目を目指すなら、程よい『ボリューム』と『角度』が大切です。奥二重メイクに欠かせないマスカラとホットビューラーの使い方をマスターしましょう♡

まずは、半分くらいの力で根元をビューラーで挟みます。まつげの中間はビューラーを45度に傾けて3割程度の力加減で1回ずつあてましょう。

マスカラを根元から押し上げて3秒間キープし、毛先に向かってひと塗りします。ホットビューラーを目頭から中間部分の毛先に5秒間あててから、まつげの上部も同じように熱を加えましょう。

カールが完了したら、中間から毛先に向かってマスカラを1度だけ重ね塗りします。

このとき、黒目の外側の上から斜め下に1度ブラシで流すのがポイントです♡ このひと手間で目幅を大きく見せられますよ!

つけまつげは目尻寄りに




つけまつげは、ボリュームアップのためだけにつければよいわけではありません。自分の目に合った長さのつけまつげをつけましょう♡

奥二重は、目頭部分がくずれやすくなります。そのため、つけまつげは目尻から黒目の端までの長さに調整するのがおすすめですよ!

ポイントは『目尻寄り』につける点です♡ つけまつげを目頭から離してつければくずれにくいため、きれいな状態をキープできますよ♪

マツエクは目頭と目尻のカールを弱めに




マツエクするときにも、奥二重ならではの特徴を生かしましょう。デザインも奥二重に似合うタイプがしっかりありますよ♡

たとえば、目頭と目尻のカールを弱めにするとナチュラルな印象を演出できます♪

カールは、目頭と目尻にはCカール、中央はSCカールにしましょう。つけ足す本数は『120~140本程度』がおすすめです。

長さは、目頭と目尻は10mm、中央は少し長めの11mmに設定します。太さは0.15mmで統一するとよいでしょう。

このように真ん中長め&強めカールにすれば『つくった感』の少ない自然なまつげをつくれますよ♡

二重幅を広げて目をもっと大きく見せよう


メイクもよいですが、もっと簡単にきれいな二重をつくれたらうれしいですよね……♪ ここでは、きれいな二重をつくるための方法を紹介します!

折り込み式アイプチで自然な二重に




きれいな二重をつくるには『折り込み式アイプチ』がおすすめです。アイプチはセルフの二重づくりには欠かせないアイテムですよね♡ のりづけタイプのアイプチと異なる点は『まぶたを接着しない』点です。

専用液を塗った部分が収縮し自然に折り込まれるため、きれいな二重に仕上げられます……! 憧れのくっきり二重も夢ではありませんね♡ 使い方もシンプルで、初心者でも簡単に使えます。

付属されているY字型の『プッシャー』で二重ラインを決め、アイプチが乾いたら先端をあてるだけです♪ このとき『二重幅を広げすぎない』『アイプチを広く塗らない』ように注意しましょう。

日々のマッサージで目元をすっきり


奥二重でも『日によって二重幅が安定しない』という悩みがある人も少なくありません。そのため、同じようにアイプチをしても仕上がりに違いが出てしまいます……。

とはいえ「美容整形をする勇気はでない……」という人もいることでしょう。おすすめは『1日5分のマッサージ』です!

・眉頭のあたりを親指で引き上げるようにして1~2分キープする
・おでこの生え際から1~2cm上を5本指で引き上げるようにして1~2分キープする
・眉を上にあげた状態でまゆげを触って左右にほぐす

1日5分で目元すっきりの顔を目指せますよ♪ ものは試しです。1度チャレンジしてみましょう♡

マッサージ方法を見る♡


目ヂカラアップしてかわいくなろう




奥二重の欠点や特徴を知れば、自分に合ったメイクで目ヂカラアップが叶います♡ メイクが変われば、これまでとは違うイメチェンも可能ですよ!

今回紹介した方法を参考に、奥二重にあったメイクを試してみてくださいね。きっと、目ヂカラアップした自分にもっと自信がもてることでしょう。

いつもローリエプレスをご覧いただきありがとうございます♡ もっとみなさんにかわいくなれるヒントをお届けできるように、こちらからアンケートにご協力いただけると嬉しいです♡

アンケートに答える♡
1

この記事を書いたライター

さおり
アラサーWEBライター。恋愛、美容、ファッションなど20代女性のお悩みを解決できるような記事発信をしていていきます♡

関連記事