童顔になりたい女性必見♡幼顔がモテる理由&童顔メイクの方法を紹介

まるでまだ幼い子供のような、あどけない顔をした女性がいます。「童顔」と呼ばれる彼女たちは、周囲にかわいらしい印象を与え、多くの人に愛されています。

あなたは童顔になりたいですか?「なりたいけど、もともと童顔じゃないし……」なんてあきらめなくても大丈夫です!努力次第で童顔に近づくことは十分に可能です。幼顔がモテる理由と童顔メイクの方法を紹介しますね。



目次

童顔になりたい!一体どうすれば幼く見える?



「かわいらしい人だな」と思って年齢を尋ねたら、「ええ!?」と驚いたことはありませんか?童顔女性は実際の年齢よりかなり若く見えます。話し方や表情も柔らかく、まるで無邪気な子供のように感じてしまうことさえあります。



童顔女性はそのかわいらしさから、男女どちらからも愛されます。特に男性からは非常にモテます!美人や綺麗にも憧れますが、今注目を集めているのは「童顔」だと言えるでしょう。では一体どうすれば幼く見えるのでしょうか?

童顔になりたい!そもそも童顔ってどんな顔?



童顔とは、子供のようなあどけない顔をした人のことを言います。童顔になりたいのであれば、まずは童顔の特徴を知っておかなければなりません。そもそも童顔とはどういった顔立ちのことを言うのか、特徴を確認していきましょう。



くりっとした黒目がちな目



子供の目は、瞳がまん丸で大きいのが特徴です。童顔も同じです。目が丸っこく、黒目の面積が多めです。クリっとした黒目がちな目を見ると、人は感覚的に幼さを感じとるようです。



もともと黒目が小さな人でも、カラコンを使えば大きな瞳を手に入れることができますよ。

柔らかいもちもちの肌



赤ちゃんの肌を想像してください。すべすべしていて柔らかく、ふんわり抱っこしないと傷が付いてしまうのではと心配になるくらいですよね。童顔女性の肌も、みずみずしくもちもちしているのが特徴です。



肌は乾燥が大敵ですから、顔だけでなく手足も毎日の保湿を欠かさず行い、赤ちゃんのようなぷりぷりの肌を手に入れましょう。
 

ふっくらとしたほっぺ



子供のほっぺを見るとふっくらしていて、思わずツンツンつつきたくなってしまいますよね。童顔女性の頬も丸く、適度にふくらんでいます。



丸い輪郭にコンプレックスを感じている人は少なくないでしょうが、丸顔こそ童顔の特徴なのです。丸いフェイスラインとふっくらほっぺは、最大の武器だといっても過言ではないでしょう。

小さくて低めの鼻



顔の中心にある鼻は、人の印象を決めるのに重要なパーツです。鼻が高ければ、美人である要素も多いと言えるでしょう。

童顔女性の鼻は基本的にそこまで高くありません。低めであったり、小さかったりして、あまり主張していないのです。



だからこそ「美人」ではなく「かわいい」印象を周囲に与えます。鼻が高くないことをコンプレックスに思う必要はありませんよ。

童顔と大人顔の違い





童顔の反対に位置するのは、「大人顔」です。大人顔は一般的に「美人」と呼ばれる顔立ちで、周囲に落ちついた印象を与えます。大人顔に憧れている女性は多いでしょう。

しかしながら大人顔の人は、「冷たそう」「不機嫌そう」などという、少し近寄りがたいイメージを持たれることが少なくありません。童顔と大人顔の違いについて見ていきましょう。
 

大人顔は全体的にパーツがシャープ



切れ長の目、高い鼻筋、スッキリとしたフェイスライン。これらは大人顔の人の特徴です。大人顔は全体的にパーツがシャープで鋭さがあり、クールな印象を感じさせます。



一方童顔は全体的に顔のパーツが丸みを帯びていて、温かいイメージを周囲に与えます。

大人顔は彫りが深い



大人顔の特徴として、目や口、鼻が大きいことがあげられます。ひとつひとつのパーツが大作りで、しっかりと主張しています。彫りが深いとも表現できます。彫りが深いと顔に陰影ができ、メリハリがついてより落ち着いてクールに見えます。



一方童顔の人は顔のパーツが全体的に小さく、おうとつが少ないためのっぺりとしたイメージがあります。こののっぺりとした顔立ちが、周囲に安心感を与えていると言えるでしょう。

大人顔は面長



大人顔の輪郭はシャープで、面長です。縦に長くスラッとしていて、気品を感じさせます。



一方童顔の人は丸顔であることが多く、ほっぺがふっくらとしています。顔のパーツが全体的に下に寄っていておでこが広く見えるので、あどけなさを感じさせます。

童顔女性が男性にモテる理由





あどけない顔立ちに無邪気な表情。童顔女性にじっと見つめられたり、にっこり微笑まれて正気でいられる男性は少ないのではないでしょうか。童顔女性ははっきり言ってモテます!もしかしたら「美人」よりも、ずっとモテるかもしれません!

では童顔女性が男性にモテる理由はなんなのでしょうか。確認しておきましょう。
 

守ってあげたくなる



人間は自分より弱そうな生き物を見ると、本能的に「守りたい」と思うものです。だから子供は社会から大切にされているのです。



幼くあどけない顔立ちの童顔女性もまた、周囲に弱そうなイメージを与えます。特に男性は「頼もしくありたい」という気持ちが強いため、童顔女性を見ると「おれが守ってあげないと!」と考えます。童顔女性が何も頼まなくても、男性はあれこれやってあげたくなるようです。
 

若々しさを感じる



基本的に男性は若い女性が好きです。もちろん年上女性の落ち着いた雰囲気が好きだという人もたくさんいますが、本能的に若い女性を好むのは遺伝子のなせる業ですから仕方ありません。



したがって実年齢よりもかなり若く見える童顔女性は、男性から人気があります。見た目が若々しいということは、恋愛において非常に重要なポイントだと言えるでしょう。
 

純粋そう



男性には「好きな女性を自分色に染めたい」という、独占欲のようなものがあります。したがって男性慣れしていなさそうな女性を好みます。経験豊富そうな女性は苦手だという人も多いです。

童顔女性は見た目のあどけなさから、恋愛経験や男性経験が少なそうに見えます。純真無垢な雰囲気に引き寄せられ、恋してしまう男性は少なくありません。



リラックスして付き合える



子供はどんな小さなことでも面白がって、楽しみますよね。ケラケラと屈託なく笑って、周囲の人を明るい気持ちにしてくれます。男性はあどけない顔立ちの童顔女性にも、同じようなイメージを抱いています。


「デートがおしゃれな場所でなくても、プレゼントが高価なブランドものでもなくても、きっと彼女なら無邪気に喜んでくれるだろう」と。気負わずリラックスして付き合えると男性は考えるので、恋愛市場において童顔女性は非常にモテるのです。

童顔に少しでも近づく方法



童顔女性は人気があります。童顔というだけで親切にしてもらえたり、丁寧に扱ってもらえることも少なくないでしょう。恋愛においても日常生活においても、童顔だと得することがたくさんありますよ!



「でも、わたし生まれつき老け顔だから……」などとあきらめるのはもったいないです。なりたいならなればいいんです!童顔になる方法はいくらでもあります。なにごとも、やる気次第、努力次第です!
童顔に少しでも近づく方法を紹介しますね。

スキンケアを丁寧に行う



童顔女性になりたいのであれば、きれいなお肌を手に入れる必要があります。透き通るような白い肌、毛穴のないむき卵のような肌を目指しましょう。スキンケアを丁寧に行えば、美しい肌を手に入れることができますよ。


夜遅く帰ってそのままベッドに直行、なんてもってのほかです。どんなに疲れていてもしっかりメイクをオフし、化粧水、乳液をつけてケアしましょう。

また内側からのスキンケアも重要です。お肌に良いとされるビタミン、ミネラルなどを含む食品を積極的に摂取しましょう。シミやしわを予防することが可能です。手をかけた分だけ肌は応えてくれます。

ナチュラルメイクを心がける



童顔になりたいのであれば濃いメイクはやめましょう。濃いメイクが似合うのは彫りの深い大人顔の女性です。あどけなく幼い雰囲気を出すには、ナチュラルメイクでなければなりません。



だからといってすっぴんはNGです。また雑なメイクもいけません。

ナチュラルメイクとはあくまでも自然で、薄化粧に見えるメイクのことです。派手な色味を使わず、ブラウンやベージュなどの肌なじみの良い色を使って自然に仕上げましょう。

前髪は「あり」で



ヘアスタイルは顔の印象を決めるのに大きな役割を果たしています。童顔になりたいのであればロングヘアよりも、ショートやボブスタイルにすることをおすすめします。



また前髪はある方が幼く見えます。眉あたりで短めにカットすると、よりあどけない雰囲気を醸し出すことができるでしょう。

いろんなことに興味を持つ



内面は外見にあらわれます。どんなに童顔に近づこうと思っても、性格が暗く内向的であれば、幼くあどけない顔立ちにはなれません。

童顔になりたいのであれば、子供のような無邪気な気持ちを忘れないようにしてください。いろんなものに興味を示し、新しいことにどんどんチャレンジしてみましょう。常に好奇心旺盛でいてください。



嬉しいときは思いっきり喜び、悲しいときはわんわん泣いて大丈夫です。子供はみんなそうしています。感情を押し殺さないで解放すれば、子供のようなかわいい表情に近づいてきますよ!

1
2

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事