【最新版】プチプラBBクリームランキングTOP15♡選び方も解説!

目次 [開く]

そもそも「BBクリーム」とは?


トラブルが気になる肌でも問題なく使用することができ、なおかつカバー力が期待できるベースメイクアイテムとして今や定番化したBBクリーム。これひとつで自然なメイクアップ効果と日焼け止め効果が得られるため、時短コスメとして人気があります♡また、ドラッグストアで購入できる安い価格帯のものが多いので、プチプラコスメとしても人気が高いですよね。

今回は、何かと万能なベースメイクアイテムであるBBクリームをプチプラに絞って徹底比較!おすすめランキングTOP15とBBクリームの選び方についても解説します。

ドイツ生まれの術後用クリーム


BBクリームのBBとは、Blemish Balm(ブレミッシュバーム)の頭文字をとったもので、「傷跡や肌のトラブルを隠すクリーム」という意味。手術後の傷跡が気になる肌でも問題なく使うことができ、カバー力とメイクアップ効果を兼ね備えたスキンケアクリームとしてドイツの皮膚科医が開発したのがBBクリーム♡

そのBBクリームが日本に上陸したのは韓国コスメがブームになってからのこと。BBクリームにいち早く目をつけた韓国セレブたちがこぞって使っていたことが注目され、韓国人女性の美肌を作っているベースメイクアイテムとして日本で一躍ブームとなりました。

1本で何役もこなす多機能アイテム


BBクリームの人気の理由は、何と言ってもその多機能さでしょう。美容液・日焼け止め・下地・ファンデーションといったスキンケアからベースメイクまでの面倒なステップを、たった1本のBBクリームで完結させてしまうほどたくさんの機能を兼ね備えているのです。

BBクリームはもともと術後用のスキンケアクリームという位置づけなので、トラブルがある肌や敏感な肌にも安心なベースメイクアイテムです。1本で何役もこなすことで何度も肌に触れる必要がなく、摩擦による刺激を最小限に抑えることができます♡肌への負担が少ないというのも人気の理由なのです。

BBクリームの正しい使い方



BBクリームは1本で何役もこなす多機能ベースメイクアイテムですが、きれいに仕上げるためには正しく使用する必要があります。手軽に使用できるからといって塗るタイミングを間違えてしまったり、肌への伸ばし方や馴染ませ方を適当に行ってしまうと、厚塗りになったりムラになったりしてしまうことも……。

BBクリームを塗るタイミングは、化粧水や乳液などの基礎化粧品を使用した後になります。BBクリームにはすでに美容液成分や日焼け止め成分が含まれているので、これらのアイテムを使用する必要はありません。化粧水や乳液がしっかり肌に浸透してからBBクリームを塗ることで、ヨレを防ぐことができます。

BBクリームを手に取ったら、おでこ・鼻・両頬・あごに5点置きし、内側から外側に向かってまんべんなく伸ばしていきます。顔全体に塗った後、パフやスポンジを使ってトントンと叩き込むようになじませていきましょう。カバー力が足りないところには部分的に重ね塗りをします。最後にフェイスパウダーをはたいて仕上げれば、化粧崩れを防ぐことができますよ。

CCクリームとの違いは?


ちなみに、BBクリームと似たような位置づけのベースメイクアイテムとしてCCクリームというものもありますが、これらの違いは知っていますか?

CCクリームのCCとは、Color Correcting(色の補正)あるいはColor Control(色のコントロール)の略だと考えられています。この名前からも想像できるように、医学的な観点から開発されたBBクリームと違って、CCクリームは肌色を補正して美しく見せるという美容に特化したベースメイクアイテムだといえるでしょう。

CCクリームは軽い使用感で厚塗り感がありませんが、その分カバー力がないのが欠点。一方、BBクリームはべたつき感が強く伸びにくい分、カバー力に優れているのが特徴です♡

BBクリームはこんな女性にぴったり!



韓国コスメのブームとともに日本でも一躍ブームとなったBBクリーム。そのブームが落ち着いてもなおBBクリームの人気が衰えない理由は、女性にうれしいメリットがたくさんあるからでしょう。

つぎはBBクリームのメリットを踏まえた上で、どんな女性におすすめなのかお伝えします。

ナチュラルメイクに仕上げたい


BBクリームは、美容液・日焼け止め・化粧下地・ファンデーションというスキンケアからベースメイクまでのステップをこれひとつで完結させることができるベースメイクアイテムです。いくつものアイテムを重ねる必要がないので、結果としてナチュラルメイクに仕上げることができます。

メイクの厚塗り感が苦手な人や、肌が何層にも覆われているような被膜感が苦手な人にも、BBクリームはおすすめだといえるでしょう。

メイク時間を短縮したい


1本で何役もこなす多機能アイテムとして活用できるBBクリームは、忙しい日々を送っている女性にぴったりのベースメイクアイテムです。洗顔後、化粧水や乳液で肌を整えたら、BBクリームを塗るだけでスキンケアとベースメイクが完成。間にある面倒なステップを省略することができるので、メイク時間を大幅に短縮することができます♡

BBクリームは、まさに慌ただしい生活を送る現代女性におすすめのベースメイクアイテムなのです。

コスパを重視したい


美容液や日焼け止め、化粧下地、ファンデーションをひとつひとつそろえようと思ったら、かなりの金額になります。ですが、BBクリームならこれらのアイテムがたった1本でまかなえるので、コストパフォーマンスがかなり高いといえるでしょう。

コスメにあまりお金をかけたくない女性や、毎日使用するベースメイクアイテムはプチプラコスメで十分という女性にはBBクリームがおすすめです♡

肌に負担をかけたくない


そもそも医療用のスキンケアクリームとして生まれたBBクリームは、コスメとして進化を遂げた現在も低刺激で肌にやさしいというコンセプトをもったものがたくさんあります。オーガニック系やミネラル系のBBクリームも数多く発売されているので、肌質的にケミカルコスメが使えない敏感肌の女性でも安心して使用できるものが見つかるでしょう。肌にはなるべく負担をかけたくない、肌にやさしいコスメを使いたいという女性にBBクリームは最適だといえます。

プチプラBBクリームランキングTOP15


さて、BBクリームの特徴や女性におすすめのメリットが分かったところで、つぎはいよいよプチプラBBクリームランキングTOP15をご紹介します。ドラッグストアで購入できる安い価格帯のプチプラBBクリームもたくさんあるので、ぜひこちらのランキングを参考にしていろいろ試してみてくださいね。

第15位 BBクリーム/セザンヌ



安心で安全、そしてシンプルな処方の化粧品にこだわりがある化粧品メーカー「セザンヌ化粧品」。このセザンヌから発売されている「BBクリーム」が、プチプラBBクリームランキングの第15位にランクイン!

40g・580円という価格は、低価格商品を提供し続けているセザンヌらしいプチプラぶり。SPF23・PA++で日常的な日焼け止め効果も申し分なく、しかも紫外線吸収剤不使用なので肌へのやさしさも考えられています。コラーゲンやヒアルロン酸、スクワランという保湿成分が配合されているので、美容液としてのスキンケア効果も期待できます。

テクスチャはゆるめなので少量でもよく伸びます。その分、毛穴の凸凹はやや目立たなくなる程度で、シアーで自然な仕上がり。色味は一般的なファンデーションよりも明るめで、肌の赤みや色ムラを均一にしてくれます。クレンジング不要で洗顔料で落とせるというのがうれしいプチプラBBクリームです。

第14位 BBクリームモイスト/ファシオ



「ファシオ」は、汗・水・皮脂に強く、持続力の高い高機能コスメを展開しているコーセーグループのブランドです。このファシオから発売されている「BBクリームモイスト」が、プチプラBBクリームランキングの第14位にランクインしました。

30g・1,500円という購入しやすいプチプラ価格で、紫外線防止効果はSPF35・PA+++。美容液・乳液・クリーム・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーと、1本に7つの機能が備えられたBBクリームです。モイストパック成分がぷるんとした化粧膜を作り、まるでパックしているかのような潤いを与えてくれます。

こってりとしたテクスチャですが、肌への閉塞感はありません!しっとりとした仕上がりなので、乾燥肌の女性におすすめのプチプラBBクリームです。

第13位 BBウォータープルーフ/ファシオ



第14位の「BBクリームモイスト」と同じブランドの「ファシオ」から発売されている、もうひとつのBBクリーム「BBウォータープルーフ」が、プチプラBBクリームランキングの第13位にランクインです。

30g・1,500円という価格で、美容液・乳液・クリーム・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーという7つの機能を備えています。SPF50+・PA++++という高い日焼け止め効果がある上、汗や水、皮脂に強いので、スポーツをする女性や化粧崩れが気になる女性におすすめのBBクリームになります。

オイル成分と水系成分をバランスよく配合し、なめらかで軽いテクスチャが特徴♡伸ばしきるとさらりとした質感になります。カバー力はそれほど期待できませんが、肌の赤みを消して色ムラを均一に整えてくれます。色味は強めのオークル系なので、一般的なファンデーションよりも若干暗めです。

第12位 プレシャスミネラルBBクリーム/エチュードハウス



かわいくて優秀なプチプラ韓国コスメブランド「エチュードハウス」が発売している「プレシャスミネラルBBクリーム」が、プチプラBBクリームランキングの第12位にランクインしました。

45g・1,380円というコスパの良さと、SPF50+・PA+++という高い紫外線防止効果が優秀。韓国コスメならではの華やかな仕上がりが人気の商品です。パールエキスが配合されているので、ひと塗りで透明感がアップ。光を拡散し、気になる肌の悩みをカモフラージュしてくれます。スベリヒユエキスやアデノシンなどの美肌成分も配合されている、モイストタイプのプチプラBBクリームです。

こっくりとしたテクスチャですが、伸びは十分。ムラなく仕上げることができます。クリームに厚みがあるのでカバー力も抜群です♡色味も明るい肌用・普通肌用・健康肌用と3色用意されているので、自分の肌に合うカラーを見つけやすいでしょう。

第11位 BBエッセンスクリーム/モイストラボ



130年以上前に創業した「明色化粧品」の化粧品ブランド、「モイストラボ」の「BBエッセンスクリーム」が、プチプラBBクリームランキングの第11位にランクインしました。

33g・1,200円という価格でコスパが良い上、SPF50・PA++++というトップクラスの日焼け止め効果を備えています。肌への吸収が良いナノ化されたヒアルロン酸をはじめ、コラーゲンやセラミドなどの保湿成分を高配合。美容液・クリーム・UVカット・化粧下地・コンシーラー・ファンデーションという6つの機能を兼ね備えた、まさにオールインワンのプチプラBBクリームです。

ややゆるめのテクスチャで伸びが良く、BBクリームとしてはカバー力もほどほどにあります。油分が多い分、塗ってから時間が経ってもツヤ感が残り、輝くようなツヤ肌を叶えてくれます。黄みが強い色味なので、肌の赤みが気になる女性におすすめのプチプラBBクリームです♡

第10位 エッセンスベースBB/インテグレートグレイシィ



資生堂のプチプラコスメブランド「インテグレート」の上位ブランド「インテグレートグレイシィ」の「エッセンスベースBB」が、プチプラBBクリームランキングの第10位にランクインしました。

40g・950円という抜群のコスパで、紫外線が気になる時期でも安心なSPF33・PA++。保湿クリーム・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーという5つの機能を兼ね備えたプチプラBBクリームです。小じわやたるみ毛穴、黄ぐすみなど、大人ならではの肌悩みに対応し、透明感あふれる美肌へと導いてくれます。

さらっとした軽めのテクスチャで、べたつき感や肌の閉塞感はなし。薄付きでカバー力はそれほどありませんが、自然なツヤ肌に仕上げることができます。色味は明るめで、くすみが気になる大人の顔色をワントーンアップしてくれるでしょう。

第9位 BBクリーム/ちふれ



高品質であるにもかかわらず求めやすい適正価格で商品を発売している化粧品メーカー、「ちふれ化粧品」。このちふれが発売している「BBクリーム」が、プチプラBBクリームランキングの第9位にランクインです。

50g・800円という抜群のコストパフォーマンス。SPF27・PA++で日焼け止め効果も期待できます。紫外線吸収剤不使用なので肌への負担も少ないでしょう。ヒアルロン酸・トレハロース・オウゴンエキスに加え、保湿成分であるアセチル化ヒアルロン酸やグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、美容液としても優秀です。

こってりとしたクリーム状のテクスチャで、伸びは普通。カバー力はそれほどありませんが、しっとりとした仕上がりでナチュラルな美肌を叶えてくれます。色味は一般的なファンデーションのトーンよりも少し暗めなので、ワントーン明るい色を選ぶといいでしょう。

第8位 BBクリーム/舞妓はん



常盤薬品工業のブランド「舞妓はん」シリーズ。ほんのり香る桜のかおりが人気のシリーズです。こちらの「BBクリーム」が、プチプラBBクリームランキングの第8位にランクインしました。

25g・1,350円というプチプラながら、美容液・クリーム・化粧下地・ファンデーション・おしろい・肌隠し・テカリ防止・日焼け止めという1本に8つの機能を備えた多機能BBクリームです。日焼け止め効果はSPF35・PA+++という十分な数値。高配合されたシリコーン成分で化粧崩れを防ぎ、保水機能に優れたセラミド成分で肌の乾燥も防いでくれます♡

伸ばしやすい柔らかめのテクスチャで肌にぴたっと密着。塗った瞬間、さらりとしたパウダリーな肌表面に仕上げてくれます。内側にうるおいを閉じ込め、表面はふんわりさらさらの肌触りに。保湿もできて崩れにくい、ハイスペックなプチプラBBクリームです。

第7位 パーフェクトBBクリームN/雪肌粋



コーセーが展開しているプチプラコスメブランド「雪肌粋」。和漢植物エキスを配合し、透明感の高い美白肌を目指したスキンケアブランドです。こちらの「パーフェクトBBクリームN」が、プチプラBBクリームランキングの第7位にランクインしました。

23g・920円という1,000円を切る低価格で、紫外線防止効果はSPF50+・PA++++という最高値レベル。美容液・乳液・クリーム・日焼け止め・化粧下地・ファンデーションの6役を1本でこなすプチプラBBクリームです。肌荒れを防ぐハトムギエキスや保湿力の高いオリーブオイルなどの和漢植物エキス配合で、スキンケアしながらシミやくすみを自然にカバーすることができます。

軽くなめらかなテクスチャで伸びが良く、少量でもカバー力は抜群。肌に乗せるとさらりとした質感に変化し、べたつき感は一切ありません。カラーは2色展開で、透明感あふれる美白肌を叶えてくれるでしょう。

第6位 SP BBオーララディアント/メイベリンニューヨーク



1915年にアメリカで創業したトップクラスの化粧品会社「メイベリンニューヨーク」。こちらの「BBオーララディアント」が、プチプラBBクリームランキングの第6位にランクインしました。

30ml・1,200円というプチプラコスメで、ドラッグストアでの取り扱いも多い商品。SPF18・PA+++で日焼け止め効果は日常生活には十分なレベルを備えています。BBクリームにありがちなべたつき感を抑える処方でありながら、モイストエッセンス配合でうるおいも感じられるバランスの良さが特徴です。

さらさらとした軽い付け心地のテクスチャで、伸びはかなり優秀。重ね塗りしても厚塗りにならず、気になる毛穴や赤み、色ムラを自然にカバーしてくれます♡軽くたたき込むようにしてなじませるとツヤ感がアップ。長時間崩れにくいため、化粧直しがほとんど必要ありません。やや暗めの色味なので、ワントーン明るい色を選ぶようにするといいでしょう。

第5位 BBクリーム/ベビーピンク



プチプラでかわいいコスメを発信している化粧品会社「Bison(バイソン)」のコスメシリーズ、「ベビーピンク」。こちらの「BBクリーム」が、プチプラBBクリームランキングの第5位にランクインです。

22g・1,000円という低価格でキュートなパッケージ。スキンケア効果とファンデーション効果があるのはもちろん、仕上げのパウダーも必要ないという徹底したオールインワンぶりです。紫外線吸収剤不使用でSPF44・PA+++という高い日焼け止め効果を実現。ホワイトボタニカル成分と早摘みベビーフルーツ成分配合で、思わず触れたくなるような赤ちゃん肌を作ってくれます。

美容液とクリームを合わせたようなみずみずしいテクスチャで、伸びはかなり優秀。時間がたつとサラッとした質感に変わるので重ね塗りしやすく、カバー力も期待できます。自然な色味で使いやすいプチプラBBクリームです。

第4位 ミネラルBBクリーム/毛穴パテ職人



常盤薬品グループの化粧品ブランド「SANA(サナ)」が展開している人気シリーズ、「毛穴パテ職人」。こちらの「ミネラルBBクリーム」が、プチプラBBクリームランキングの第4位にランクインしました。

30g・1,200円というプチプラ価格で、日焼け止め効果もSPF50+・PA++++という最高レベル。毛穴をしっかり隠してくれるコンシーラー並みのカバー力を備えています。ヒアルロン酸をはじめとする美容液成分も贅沢に配合されているので乾燥が気にならず、密着パウダーが皮脂を吸着してくれるため崩れに強いのが特徴です。

カバー力が高い分、少しもったりとしたテクスチャですが、するすると伸びるので使いにくくはありません。毛穴に特化したBBクリームなので、たるみ毛穴もフラットにカバー。たたき込むように重ね塗りすることでカバー力が増します。色味も暗くならず、テカリも抑えてくれるプチプラBBクリームです。

第3位 SP BBウルトラカバー/メイベリンニューヨーク



第6位の「SP BBオーララディアント」と同じブランドの「メイベリンニューヨーク」から発売されている、もうひとつのBBクリーム「SP BBウルトラカバー」が、プチプラBBクリームランキングの第3位にランクインです。

30ml・1,400円というプチプラ価格にもかかわらず、SPF50/PA++++という高い紫外線防止効果を備えたBBクリームです。紫外線から肌をしっかり守ってくれるUVガードテクノロジーを採用し、日焼け止め効果はメイベリンのBBクリームの中で最強。シミ・小じわ・たるみ毛穴などのエイジングによる肌悩みや、赤み・クマ・くすみ・ニキビ跡・色ムラなどをカバーしてくれます。

軽いテクスチャでするすると伸び、しっかりと肌に密着。少量でも気になる肌の悩みをカバーすることができます。色味は黄みが強いので、どちらかというとイエローベースの肌色になじむでしょう。

第2位 エッセンスBBクリーム/毛穴パテ職人



第4位の「ミネラルBBクリーム」と同じブランドの「毛穴パテ職人」から発売されている、もうひとつのBBクリーム「エッセンスBBクリーム」が、プチプラBBクリームランキングの第2位にランクインです。

33g・1,300円という価格で「ミネラルBBクリーム」よりも100円高くなっているのは、美容液成分が83%も配合されているためでしょう。対象年齢は30~40代で、エイジングによる乾燥や小じわ、たるみ毛穴に対応する高保湿BBクリームとなっています。

まるで美容クリームのようになめらかなテクスチャで、大人の肌悩みをしっかりとカバーしてくれます。水分がオイルに包まれている設計で水分の蒸発を防いでくれるので、肌の乾燥が気になる女性におすすめです♡

第1位 BBクリーム/コスメリッチ



1954年に設立した化粧品メーカー「エリザベス」が展開しているプチプラコスメブランドの「コスメリッチ」。こちらのブランドから発売されている「BBクリーム」が、プチプラBBクリームランキングの第1位に輝きました。

30g・1,200円というコスパの良さはもちろん、「大人BB」というだけあって美容液成分が17種類も贅沢に配合されているのが人気の理由。コラーゲンやヒアルロン酸のほか、ラ・フローラEC―12などの潤い成分がたっぷり配合されていて、ハリのあるツヤ肌を叶えてくれます。紫外線防止効果もSPF50・PA+++と高く、無香料・無鉱物油・アルコールフリー・パラベンフリーと肌にやさしい設計です。

みずみずしい使用感でクリームの伸びが良く、少量で顔全体をカバーすることができます。程良いツヤ感があり、保湿力が高いので乾燥が気になりません。色味は一般的なファンデーションよりもやや暗めなので、ワントーン明るめの色を選ぶのがおすすめです。

おすすめのBBクリームの選び方



一口にBBクリームといっても、色味やテクスチャ、カバー力や使用感は商品によってさまざま。BBクリームを選ぶときは自分が何を一番重視するかで選ぶようにするのがおすすめです♡

最後は、おすすめのBBクリームの選び方について解説します。

色で選ぶ


術後の傷跡をカバーするために開発されたBBクリームは、一般的なファンデーションの色よりも暗い色になっているのが特徴です。傷跡の赤みを目立たなくさせるためにくすんだようなカラーで作られているので、一般的なファンデーションの色選びと同じ感覚で選んでしまうと肌の色がどす黒くなってしまいます。

なので、BBクリームの色を選ぶときは、普段使っているファンデーションの色よりもワントーン明るい色を選ぶのがポイント。ナチュラルだったらライト、02だったら01というように色のトーンをひとつ上げるようにしましょう。肌のくすみが気になる場合はピンク系のカラーを選ぶのがおすすめです。

BBクリームは色展開が少ないのが難点。物によっては1色しか展開されていないものもあるので、BB クリームを購入する際には自分の肌の色に合っているかしっかり確認するようにしましょう。

カバー力で選ぶ


もともと術後用のスキンケアクリームとして誕生したBBクリームですが、現在ではそれぞれのメーカーによるアレンジが加わり、カバー力の程度にはバラつきがあります。トラブルが気になる肌をカバーするというBBクリーム本来の役割を求めている場合は、カバー力重視で選ぶようにしましょう。

カバー力の高いBBクリームは、そのテクスチャが比較的こってりとしたものが多いです。肌への密着度が高く、気になる赤みや色ムラをしっかりカバーしてくれます。

一方でさらりとしたテクスチャのBBクリームは肌への馴染みが良く、素肌感が残る程度のカバー力になります。ナチュラルメイクが好きな人は、さらりとした使用感のBBクリームがおすすめです♡

伸びの良さで選ぶ



比較的カバー力の高いものが多いBBクリームは、同じような多機能ベースメイクアイテムであるCCクリームよりも伸びが良くないという特徴があります。トラブルを抱えている肌にはメイクの摩擦による刺激は厳禁。伸びが悪くて塗り方にムラができてしまうのも避けたいものです。

伸びの良さでBBクリームを選ぶなら、水分量の多いオーガニック系やミネラル系のものがおすすめ。さらりとしたテクスチャのものが肌全体に伸ばしやすく塗りやすいでしょう。

崩れにくさで選ぶ


スキンケアとしての役割も兼ね備えているBBクリームは、保湿成分が含まれていることもあり、人によってはべたつき感が気になったり崩れやすさが気になったりするベースメイクアイテム。ですが、メーカーの研究により崩れにくさを追求した商品がたくさん販売されているので、メイク後のきれいな肌を長時間保ちたい人は、崩れにくさ重視でBBクリームを選んでみましょう。

一般的に崩れにくいとされているBBクリームには、その成分としてシリコーンが配合されているものが多くあります。ウォータープルーフの商品に配合されることが多いシリコーンは揮発性が高く、汗や皮脂による崩れに強いことが知られています。べたつき感や化粧崩れが気になる人におすすめです。

配合成分で選ぶ


美容液の機能も兼ね備えているBBクリームには、さまざまな美容成分が含まれています。なので、BBクリームを選ぶときは、どのような美容成分が配合されているのかに着目してみるのもおすすめです。

BBクリームによく配合されている美容成分は主に保湿成分で、代表的なものとしてはコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどがあります。配合量の多いものから順番に成分表に記載されるので、どの成分が多く含まれているのかにも注目してみましょう。

また、乾燥肌の女性や乾燥が気になる時期に使用するBBクリームを選ぶ場合は、オーガニック系やミネラル系をチェックするのもおすすめ♡

自分に合ったプチプラBBクリームを見つけよう



スキンケアからベースメイクまで、1本で何役もこなす多機能アイテムとして人気があるBBクリーム。今回は、BBクリームのメリットや選び方をご紹介するとともに、プチプラに絞って徹底比較しました。プチプラBBクリームランキングで気になるBBクリームは見つかったでしょうか?

BBクリームは、ドラッグストアで購入できる安い価格帯のものが多く、プチプラコスメとしても優秀なので、自分に合ったものが探しやすいでしょう。この記事のプチプラBBクリームランキングを参考にして、ぜひあなたに合ったBBクリームを見つけてくださいね。

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ