華やかにキマるピンクベージュヘアまとめ!ブリーチなしでも可愛い♡

たくさんのヘアカラーのなかで「ピンクベージュ」というカラーを知っていますか?

派手な色をいれなくても可愛くキマる!と若い女の子の間で注目されているヘアカラーなんです!ピンクベージュに似合う髪型も含め、その魅力をご紹介します。


目次 [開く]

ブリーチなしでも綺麗に染まるピンクベージュ♡


綺麗に発色させるには、ブリーチをしないといけないと思ってる方も多いのではないでしょうか。

確かにブリーチをしてからカラーをいれたら発色もよく、見たまんまのカラーに仕上がりますがどうしても髪が傷んでパサついてしまいますよね。しかし、ピンクベージュはブリーチなしでもキレイにかわいく染まります。

ピンクベージュカラーとは?


女の子らしくて温かみのある「ピンクカラー」とナチュラルな明るさの「ベージュ」。このふたつのいいとこどりでできたカラーがピンクベージュです。ピンク系のカラーは、見た目の派手さから挑戦しにくいのが難点ですがベージュが入ることによって普段使いもしやすいのでおすすめのカラーです。


ピンクベージュカラーに似合う服装


ピンクベージュには、特にカジュアルなコーディネートが合います。茶髪や黒髪にカジュアルな服装を合わせると、子どもっぽくなってしまうことがありますが、ピンクベージュ×カジュアルの組み合わせは大人っぽい上品さ&女性らしい可愛さを演出することができます。


ピンクベージュカラーに似合うメイク


ピンクベージュのヘアカラーにはやはりピンク系統のカラーメイクがおすすめ!全部ピンクだとしつこいのではと心配になりますか?でも一見ブラウンに見えるヘアカラーなので重たすぎず、軽すぎないまとまった印象に仕上がります。

ピンク系のアイシャドウやリップが似合わない、挑戦しにくいという方はアイライナーやマスカラなど、ポイントメイクにピンクを入れてみましょう!


ピンクベージュカラーに秘められた魅力


ただ可愛いだけじゃないピンクベージュの魅力はなんといっても「透明感」です。

ベージュの透き通るような明るさと、ピンクの魅力である女性らしさで特に春先に試してみたいカラーです。他にもたくさんあるピンクベージュの魅力を紹介します。


肌なじみがいい


ピンクベージュは肌なじみが抜群で、特に日本人の肌色によく合う柔らかいカラーに魅力があります。また、髪の色が明るいと肌の色もワントーン明るく見せてくれるので嬉しいですね!特にもともと色白の人なら、より透明感がアップして上品な大人の女性に仕上がります。


柔らかい印象になる


ピンクベージュは、ベージュのみのヘアカラーに比べて柔らかい印象に仕上がります。例えば普段はモノトーンやブラウンのコーディネートが多く暗い印象になりがちという人は、イメージチェンジでぜひピンクベージュに挑戦してみてください。

髪を明るくしたいといっても、自分がいままでしてきたファッションの系統を全部変えてしまう必要はありません。急なイメチェンやカラーチェンジが苦手という人は髪を染める前にアクセサリーやメイク、小物などから徐々に全身の印象を明るくしてみるのがおすすめです。


男性ウケがいい


ピンクベージュカラーは柔らかく女性的な印象を与えてくれるので、男性ウケします。まだまだ「ピンクといえば女性」というイメージが強いからなのでしょう。しかも近寄りがたい奇抜なカラーでなく、落ち着いたイメージも与えてくれるカラーなのでチェリーピンクやピンクバイオレットのような派手めなピンクカラーに比べると男性から見ても抵抗は少なそうですね!


【ブリーチなし】ピンクベージュのおすすめヘアスタイル


ピンクベージュの特徴や魅力についてわかっていただけましたか?

では次は、おすすめヘアスタイルの紹介です。まずはブリーチなしの場合から紹介していきます。ブリーチをしていない、落ち着いたカラーの良さを見せることを意識しましょう。


ブリーチなしだと甘すぎない


ブリーチなしでピンクベージュにすると、甘すぎなくてさりげなくおしゃれを演出できます。上品さ、つや感といった大人かわいい雰囲気に仕上がるので、ビビットカラーのような濃いカラーは苦手、甘すぎるピンクは抵抗がある!という方におすすめです。


ひし形シルエットで上品に


ブリーチなしのピンクベージュカラーには「ひし形シルエット」を目指しましょう。ミディアムからセミロングくらいの長さだとお手入れもしやすいです。

顔周りがふんわりするスタイルの「ひし形シルエット」は、毛量が多く少し硬めの髪質の方と相性がよく、まとまりやすいです。サイドの髪が小顔にも見せてくれるので、丸型、卵型、四角などの顔型の人にチャレンジしてほしいスタイルです。


毛先カールでさりげない可愛さを


外ハネや内巻きのように毛先をちょっとだけカールさせると元気な可愛さがプラスされます。髪が長く重たいかもと感じている方や、逆に毛量が少なく立体感がないという方におすすめです。ストレート用のアイロンまたはコテを使って毛先3~5cmくらいをカールさせ、仕上げにワックスをつけてあげるとカールが長くキープできて崩れる心配がありません。


ねじり編みであどけなさを演出


シニヨンやフィッシュボーンなどの「ねじり編み」もブリーチなしのピンクベージュと相性がいいヘアスタイルです。髪を編むことでアクセントがついて、野外で光が当たったときに染まり具合によっていろんな色に見せてくれます。ねじり編みや三つ編みは編み込みほど難しくはないので、大人可愛い雰囲気に見せたい方はぜひ挑戦してみてください。


【ブリーチあり】ピンクベージュのおすすめヘアスタイル


ブリーチなしのピンクベージュカラーは全体的に大人っぽさや上品さがありましたね。

ブリーチありでピンクベージュにすると、ねじり編みで紹介したように可愛くてポップな雰囲気に仕上がります。色白さんや、明るめのファッションが好きな方にはブリーチありがおすすめなので、その魅力と似合うヘアスタイルをご紹介します。


ブリーチありでとことんキュートに


ブリーチは髪が傷んでパサパサになってしまったり、くせが出てうねってしまったりとデメリットもありますが、やはり入れたいカラーがガッツリ入るのは魅力ですよね。

特に日本人の髪は赤味が強いので、パステルカラーやアッシュなどの青味の入ったカラーにしたいときはブリーチをした方がイメージ通りに染まりやすいです。ピンクベージュもブリーチありとなしでは仕上がりが違ってきます。


ふんわりパーマでお人形のような仕上がりに


ブリーチありで、ふわっふわの柔らかい印象に仕上がったピンクベージュにパーマを合わせることで、お人形のような可愛らしい仕上がりになります。

リボンやレースがついたファッションや、ボリュームのあるワンピースやスカートをよく着るという人には「ピンクベージュ×ふんわりパーマ」の組み合わせは相性抜群ですよ。


ねじり編みで可愛さマックス!!


先程ブリーチなしのピンクベージュにおすすめのヘアアレンジで紹介した「ねじり編み」。今度はブリーチありでのおすすめポイントです。

アップスタイルのねじりんぱやシニヨンは後ろ髪にボリュームが出るので、バレッタやリボンなどの少し大きめのヘアアクセをつけるとインパクトがあります。ダウンスタイルのフィッシュボーンやロープ編みなどのスタイルをブリーチありでした場合、少し広がって見えてしまうので、大きめのバナナクリップやスティックで仕上げるマジェステを使うのもいいですよ。


ボブでまんまるな柔らかい印象に


ブリーチありのピンクベージュカラーでボブスタイルにすると全体的に幼く見えます。背が低い人や童顔の人、実年齢より幼く見せたいという人にはおすすめです。髪が短めな分、前髪を編み込みにしたりピンを使ったりして顔周りがぼやけないように工夫してみましょう。

あとはメイクのポイントになりますがチークにピンク系カラーを使って、鼻の上に帯状になるように入れると一気に幼く見えるのでピンクベージュ×ボブにはおすすめのメイク法です。


色味でなりたい雰囲気にチェンジ♡ピンクベージュヘアカラー


ピンクベージュのヘアカラーについてたくさんの魅力を紹介してきましたがピンクベージュと一言で言ってもカラーのバリエーションがいくつかあります。

微妙な色味の違いや他の色との掛け合わせ、ポイント使いなどで自分にあったピンクベージュを探してみましょう。


ピンクベージュ×グラデーションカラー


一気におしゃれ上級者に近づけるカラーグラデーション。ファッションやネイルにも多く使われている技法ですが、濃い色でも派手になりすぎず、程よいこなれ感を演出することができます。頭頂部や中間あたりはベージュが強めですが、毛先にいく程ピンクが濃くなっていくデザインでバランスのとれた綺麗なグラデーションのピンクベージュに仕上がります。


インナーカラーにピンクベージュを


ポイントとしてインナーカラーにピンクベージュを入れたスタイルも人気があります。インナーカラーとして入れることでピンク味が濃くても目立ちすぎずほんのりと可愛く仕上がります。さらにインナーカラーは髪をしばった時にチラッとカラーが見えるのがかわいいですね。


ダークトーンのピンクベージュ


ダークトーンのピンクベージュは、透明感がありながらも大人っぽい雰囲気を演出することができます。クールな雰囲気にしたいけれど真っ黒やブラウンは暗くなりすぎるという人に試してほしいです。特にロングヘアの人は黒髪にすると重たく見えてしまいがちなので柔らかい雰囲気を出したい人はブリーチなしのピンクベージュに挑戦してみましょう。 


ハイトーンのピンクベージュ


ガッツリブリーチしてから入れるピンクベージュは、お人形のような透き通る可愛さを演出できます。ベージュの効果により、垢抜けた雰囲気になります。全体を明るめのコーデでまとめると一層女の子らしさがアップするので、雰囲気に合わせてモードなモノトーンメイクや色素薄い系メイクなど、メイクもいろいろ変えてみてください。


髪の長さ別!ピンクベージュのおすすめヘアスタイル


どんな髪の長さでもちゃんと似合うピンクベージュ。

髪の長さ別に特におおすすめのスタイルをいくつかご紹介します。これを機に髪を伸ばしてみたり、バッサリ切ってイメージチェンジというのもいいかもしれません!


ショートさんにおすすめのピンクベージュヘアスタイル


ショートといっても耳にかけられる長さからベリーショートまでいろいろあります。ロングに比べて編み込みや巻き髪などのアレンジはしにくいスタイルですが。ヘアアクセサリーやワックスなどをうまく利用して短くても女の子らしく仕上がるようにしてみましょう。


ヘアアクセサリーでさりげなく華やかさをチラ見せ


ショートでもできるアレンジ法はいくつかありますが、ヘアアレンジが苦手な方や面倒くさいという方には、可愛いのに楽ちんなヘアアクセサリーがおすすめ!

サッとつけることができてショートヘアでも女の子らしい華やかさを出すことができます。クリップ系のヘアアクセで前髪をとめたり、パールピンやワンポイントの飾りがついたヘアピンなどでサイドの髪をとめたりすると、さりげないおしゃれ感が出ます。


ワックスで髪全体に動きをつける


ショートヘアの方はそもそもの毛量がロングに比べて少ないため、頭のてっぺんの部分がペタンとして見えたり毛先部分がスカスカに見えたりすることがあります。

後頭部の髪がキレイな膨らみになるように上の方の髪はスプレータイプのワックスを使ってボリュームを出しましょう。毛先にはペーストタイプのワックスを指先に取ってちょんちょんと触って馴染ませると動きが出て明るい印象になります。


ミディアムさんにおすすめのピンクベージュヘアスタイル


ミディアムやセミロングくらいの長さの方におすすめなのは、アイロンやコテを使って髪全体をふわっとさせるスタイルです。毛先から髪のちょうど真ん中を目安にカールさせてみましょう。


ゆるめのカールで女の子らしさアップ


太めのコテで髪の下の方の毛にゆるやかなカールをつけてみましょう。ストレートでおろしているよりより女の子らしい仕上がりになります。先ほど紹介したダークトーンのピンクベージュやグラデーションカラーと合わせるのがおすすめです。


ハーフアップと毛先カールの合わせ技!!


まずは髪の毛の上半分を取り、裾の部分は下におろしておきます。上半分の毛をゴムで結びくるりんぱをして、ワンポイントにヘアアクセサリーをつけると個性が出ますよ。そしておろしておいた髪の毛先にアイロンかコテで外ハネカールをプラス!くるりんぱはお団子にしてもOKです。ハーフアップと毛先の動きで一気におしゃれに仕上がります。


ロングさんにおすすめのピンクベージュヘアスタイル


ロングヘアの方は編み込みや巻き髪スタイルなど、長さを活かした髪型に挑戦してみましょう。フィッシュボーンなどの編み込みスタイルは、髪が長い程ボリュームが出てインパクト大です!シニヨンのようにコンパクトにまとめるなら崩れないように、ヘアアクセを上手く使ってきちんとまとめると大人スタイルになります。


憧れのゆるふわヘアに


時代を問わず人気の高いふわふわの巻き髪に、誰もが一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。太めのコテで全体的にゆるく巻いていきましょう。巻き髪専用のスプレーやジェルを馴染ませてから巻くと、崩れにくくふわふわを長時間キープできるのでおすすめです。


長さを活かしたサラサラストレート


せっかくロングなら、ピンクベージュを最大限にアピールできるストレートにしてみるのもおすすめです。くせやうねりがある方はヘアアイロンなどで毛先までしっかりストレートにして、オイルやワックスで艶(つや)を出しましょう。


ピンクベージュカラーでみんなの視線を1人占め♡



ピンクベージュカラーの特徴や似合う髪型をご紹介しましたがいかがでしたか?ブリーチなしなら大人っぽく、ブリーチありならキュートと、どちらも柔らかい印象が作れるカラーです。

今回はスタイルや簡単にできるアレンジもたくさん紹介したので、不器用さんにもチャレンジしてほしいです。ピンクベージュへアをとことん楽しんでください。

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ