一重アイメイクのやり方を解説!コンプレックスを活かして綺麗に♪

一重さんはメイクしづらかったり、キツイ印象に見られたりとコンプレックスを感じている方も多いのではないでしょうか?しかし一重はメイク映えするので、似合うメイクをすればさまざまな雰囲気のお顔に七変化できます!

そこで今回は、一重アイメイクのやり方をを解説します!一重アイメイクの注意点やポイント、やり方を詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてください。


目次 [開く]

一重さん必見!アイメイクのポイントを知って目を大きく♡


一重さんは二重まぶたと違い、目が小さく見られがちで、お顔の印象もきつく見えてしまうことが多いです。そのため、目を大きく見せようとアイメイクを濃くしたり、目の周りをがっつり囲んでしまう方もいますが、実は余計に目が小さく見せてしまっているかもしれません。しかし一重のアイメイクのポイントを知れば、自然に目を大きく見せることができます!


一重さんがアイメイクで注意すべきこと


まずは一重さんがアイメイクで注意すべきことをご紹介します。目を大きく見せたいがために、アイメイクに力を入れる方は多いですが、間違ったメイクをしてしまうと余計に目が小さく見えてしまうので注意しましょう。一重さんがやりがちなNGメイクをご紹介するので、自分のメイクを思い出しながら注意点を確認してみてください!


アイシャドウを広範囲にのせると腫れぼったくなる


一重さんの場合、アイシャドウを塗っても目を開いたときにまぶたでアイシャドウが隠れてしまうことがあります。そのため、広範囲にアイシャドウを塗る方も多いと思いますが、そうすることで目が腫れぼったく見えてしまうのです。一重さんでも、まぶたに厚みがある方はアイシャドウの塗る範囲に気を付けましょう。腫れぼったく見えると、目全体までもが小さく見えてしまいます。


太めアイラインは不自然


アイラインを太くするのも、一重さんがやりがちなNGメイクです。目頭から目尻までがっつり太めのアイラインは、一重さんがするとキツイ印象を与えてしまいます。また、太いアイラインは遠くから見たとき、目が真っ黒に見えるため少し怖い印象を与えます。目尻のみ太いアイラインなどはトレンド感がありますが、全体的に太いアイラインは、トレンド感にも欠けるので避けましょう。


ラメシャドウよりマットシャドウを選ぶ


一重さんは、ラメシャドウをよりもマットシャドウを選ぶようにしましょう。キラキラのラメやパールが入ったアイシャドウは、目元を華やかにしてくれるアイテムなので、つい選んでしまいますよね。しかしラメシャドウは、一重さんが使うと目が腫れぼったく見えてしまうことも。そのため一重さんは、ラメシャドウではなくマットシャドウを選ぶようにしましょう。メイクでキラキラさせたいときは、リップなどのポイントメイクでラメを取り入れるのがおすすめ。


囲みアイメイクは目が小さく見えるのでNG


一重さんがアイメイクをするとき、囲みアイメイクをする方も多いのではないでしょうか?囲みアイメイクは目をはっきりと強調して、大きく見せてくれるように感じますが、一重さんがすると逆に目が小さく見えてしまいます。また囲みメイクは時代遅れにも見えてしまい、キツイ印象を与えます。一重さんの場合はアイラインは最小限に抑え、アイシャドウを使って目を大きく見せるのがおすすめです。


派手なつけまつ毛は避ける


一重さんのアイメイクではまつ毛も重要なポイントになりますが、つけまつ毛で盛り過ぎるのはNGです。一重さんが派手なつけまつ毛を付けると、目に馴染まず浮いてしまうので不自然な目元になってしまいます。また、まつ毛のインパクトが強くなり目が余計に小さく見えるので、一重さんは自まつ毛メイクにするか、束感のないナチュラルなつけまつ毛を選びましょう。


一重さんのアイメイクのやり方・ポイント【アイシャドウ編】


それではさっそく一重さんのアイメイクのやり方とポイントをご紹介します!まずはアイシャドウ編です。アイシャドウは、一重さんの魅力を最大に引き出してくれるアイテム。一重さんに似合うアイシャドウのやり方をマスターして、魅力的な目元を作りましょう。メイク初心者の方でも簡単にできるやり方をご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!


グラデーションで奥行き感を出そう


一重さんのアイシャドウのやり方のポイントは、グラデーションで奥行き感を出すことです。まぶたに一色だけアイシャドウを使うと、のっぺりとした目元になるため、何色かアイシャドウを使用してグラデーションをつくり、立体感のある目元にしていきます。

一重さんの場合は、目のキワ部分に濃くアイシャドウをのせ、上に向かって薄くグラデーションにしていきます。アイシャドウを塗る範囲は、目を開けた時にアイシャドウが少し見える部分まで塗りましょう。

目尻側にしっかりのせると華やかさアップ


一重さんは、アイシャドウを目尻側にしっかりのせると華やかさがアップします。目尻はまぶたでアイシャドウが隠れることがないので、目尻側に重点的にアイシャドウをのせると自然にデカ目に見えます。また下まぶたも目尻側を濃くして、デカ目効果を狙います。


クリームアイシャドウで涙袋を強調しデカ目に


涙袋も控えめにつくると、目の縦幅が強調され更にデカ目効果があります。涙袋をつくるときは、クリームアイシャドウを使用するのがおすすめ。クリームシャドウは立体感が出るので自然な涙袋が作れます。ラメのアイシャドウを使いたいときは、涙袋に少量使うのもおすすめです。


一重さんのアイメイクのやり方・ポイント【アイライン編】


次に、一重さんのアイラインの引き方とポイントをご紹介します。一重さんの場合は、アイラインもまぶたで隠れてしまいます。アイラインをしっかり引く部分と控えめにする部分を覚えて、一重さんの魅力を引き出しましょう!


隙間を埋めるアイラインでアンニュイな雰囲気に


一重さんは、まつ毛の隙間を埋めるアイラインでアンニュイな雰囲気を作るのがおすすめ。まつ毛の隙間を埋めることで、セクシーな目元になれます。また、まつ毛の量が多く見えるため目が大きく見える効果も期待できます。アイラインを描くときは、スポンジかパフでまぶたを持ち上げるとキレイに仕上がるので、試してみてください。


目尻が長めのアイラインでふんわり系女子に変身


目の横幅を強調するなら目尻が長めのアイラインがおすすめです。一重さんは、まぶたで隠れてしまう部分はアイラインを控えめにし、目尻側にしっかりアイラインを引くことでデカ目効果抜群。元の目の形を活かすように、目の形に沿って長めにアイラインを引きましょう。目尻のアイラインはリキッドライナーがおすすめで、あとからアイシャドウでエッジをぼかすと、奥行きのある目元に仕上がります。


目のキワにアイラインを引いて自然なデカ目に


もっと目力が欲しいという方は、目頭から目尻まで目のキワにアイラインを引きましょう。まつ毛の隙間だけを埋めるよりも、目のキワにもアイラインをちょい足しすれば、よりデカ目になれます!アイラインは太くならないように注意しながら描き、アイシャドウでしっかりぼかしてください。目のフチをぼかすと、目の錯覚でデカ目に見せることができます。自然なアイラインになるように、ペンシルアイライナーを使うのがおすすめです。


一重さんのアイメイクのやり方・ポイント【マスカラ編】


一重さんのアイメイクはまつげも重要ポイント。まつげのメイクの仕方で目元の印象が変わるので、一重さんはまつげをしっかり強調しましょう!ビューラーの使い方やマスカラの塗り方など詳しくご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。


ビューラーでしっかりまつ毛を上げる


一重さんはビューラーでしっかりまつ毛を上げるようにしましょう。ただし、まつ毛を直角に上げてしまうと不自然なので、キレイなカールになるようにビューラーを使います。一重さんの場合、根元からまつ毛を上げると直角になるので、まつ毛の真ん中から毛先に向かって角度を付けるようにしてください。


マスカラ下地を使ってしっかりキープ!


マスカラを塗る前に、マスカラ下地を使ってカールキープできるようにしておきます。一重さんは、まぶたでまつ毛が下がりがちなので、マスカラ下地でしっかりカールキープしておきましょう。マスカラ下地は、カールキープだけでなく、メイク崩れを防止したりマスカラの伸びを良くしてくれるのでおすすめです。


マスカラはたっぷりつける


マスカラ下地を塗ったら、マスカラをたっぷりつけます。マスカラには、ロングタイプとボリュームタイプがありますが、一重さんは両方を使うのがおすすめです。まずはロングタイプのマスカラで長さを出し、次にボリュームタイプのマスカラを重ねて目力をアップさせましょう。


一重さんにおすすめのアイメイクコスメ


アイメイクでは、アイシャドウ・アイライナー・マスカラなどを使いますが、デパコスからプチプラまで数多くのコスメがあるので、選ぶのが難しいですよね。そこで、一重さんにぴったりのおすすめアイメイクコスメをご紹介します!


一重さんにおすすめのアイシャドウ


まずは一重さんにおすすめのアイシャドウの紹介です。アイシャドウは、目元に陰影をつけて立体感を出したり、デカ目に見せたりできます。アイシャドウ一つで目元の印象がガラリと変わるので、一重さんに合うアイシャドウを見つけて、一重アイメイクを楽しみましょう!


【LUNASOL(ルナソル)】スキンモデリングアイズ



使いやすいベージュを基調とした4色のアイシャドウパレット。ラメシャドウでも派手にならず、上品な仕上がりで立体感のある目元に仕上がります。粉質も柔らかくまぶたに塗り広げやすいので、キレイなグラデーションを作ることが可能です。一重さんでも自然なデカ目にしてくれる定番アイシャドウなので、ぜひチェックしてみてください。

【excel(エクセル)】スキニーリッチシャドウ



肌馴染みがよく、グラデーションを作りやすいプチプラアイシャドウ。4色パレットで薄い色から順に重ねていくだけなので、アイシャドウを塗るのが苦手な方でも、簡単にキレイなグラデーションを作ることができます。またしっとりとした質感で、肌に密着しヨレにくいです。定番のブラウンや赤シャドウなど、一重さんに似合うカラーが揃っています。


【TOM FORD BEAUTY(トム フォード ビューティー)】アイカラークォード



4色のカラーで構成されたアイシャドウパレット。見たままの発色で、ナチュラルなメイクから濃いメイクまでさまざまなシーンに使えます。マット・シアー・サテンといった質感があり、どれもクリーミーで肌に密着します。このパレット1つで上品な目元に仕上がり、メイク崩れしにくいのでとてもおすすめです。パッケージも高級感があり、使うたびにテンションを上げてくれるコスメです。

【SUQQU(スック)】デザイニングカラーアイズ



日本人の肌に馴染むカラーが揃った人気のアイシャドウパレット。絶妙なカラーバランスで、あらゆるシーンで大活躍します。ルーセントピグメントを配合しているので、塗るだけで目元に立体感を出してくれます。重ね塗りしても濃くなり過ぎないのでグラデーションが作りやすく、密着力も高いです。バリエーションも豊富なので、自分に似合うカラーを見つけてくださいね!

一重さんにおすすめのアイライナー


次に一重さんにおすすめのアイライナーをご紹介します!アイライナーはデカ目を作るために必須で、一重さんには欠かせないコスメです。アイライナーには、リキッドアイライナーやペンシルアイライナー、ジェルライナーなど種類があって迷いますが、使う部分によってアイライナーを使い分けることで、より自然なデカ目を作れます。


【CANMAKE(キャンメイク)】クリーミータッチライナー



ジェルタイプのアイライナーで、芯が柔らかいのでするするとアイライナーがかけます。約1.5mmの極細ジェルライナーなので、目頭や粘膜、まつ毛の隙間など細かい部分も描きやすいです。汗・水・皮脂に強いウォータープルーフで、肌にピタッと密着しヨレにくいです。また650円(税抜)とお財布に優しいプチプラ価格も魅力的。

【msh(エム・エス・エイチ)】ラブ・ライナーリキッド



とにかくかきやすいと評判のリキッドアイライナー。計算しつくされたコシのある筆でかきやすく、細部にもしっかりフィットしてくれます。さらに重みのあるアルミボトルで手元が安定し、アイライナーをかく際のぐらつきがないのでキレイにラインが描けます。またリニューアル後は、美容液成分が200%アップしているので、毎日使いでも安心して使えます。

【UZU BY FLOWFUSHI】UZU アイオープニングライナー



カラーのラインナップが豊富なリキッドアイライナー。定番のブラックやブラウンはもちろん、ブラウンブラックやグレー、ネイビーといった肌馴染みの良いカラーや、バーガンディ・パープル・オレンジなどカラーメイクが楽しめる色味まで揃っています。評判も良く、発色・キープ力・かきやすさ全てがパーフェクトな優秀アイライナーです。

【dejavu(デジャヴュ)】密着アイライナー ラスティンファイン クリームペンシル

5000

持ちが良いペンシルアイライナーといえば、デジャヴの密着アイライナーです。なめらかなタッチでかきやすく、極細ラインから極太ラインまで自由自在。また、密着成分が配合されているのでにじみにくく、メイク直しがいらないほどヨレにくいです。

一重を活かしたメイクでデカ目になろう!



今回は、一重のアイメイクのやり方をご紹介しました。一重さんは、デカ目にするためにアイラインで目を囲んだり、つけまつ毛をつけたりしてしまいがちですが、重要なのは一重を活かすメイクをすることです。一重さんのクールでアンニュイな印象の目元をさらに魅力的に見せるメイクができれば、より素敵な目元になれます!ぜひご紹介したメイク方法を参考に、一重アイメイクにチャレンジしてくださいね!

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事