ダメ男ばかりを好きになる・引き寄せる恋愛を卒業!不幸な恋を打破して幸せになるには?

気がつけばいつもダメ男を好きになってしまっている……友だちは「普通の」彼氏と付き合ってどんどん幸せになっていっているのに……。

今回はそのようなお悩みを抱える女子に向けて、あなたはなぜダメ男を好きになってしまうのか、ダメ男を好きになる自分を卒業するにはどうすればいいのか、についてお話したいと思います。
出典:pixabay
出典:pixabay

目次 [開く]

ダメ男を好きになってしまうのはどうして?


気づけばいつもダメ男を好きになってしまうというのは、端的に、あなたがダメ男が好きだからです。と書いたところで「?」と思うでしょうから、言い方を変えましょう。

あなたは、あなたの中にいる「ダメなわたし」のことが好きなのです。つまり、あなたが好きになるダメ男というのは、「あなたの中にいるもうひとりのあなた」なわけです。ダメ男にもいろんな種類がいますが、たとえば、彼女にお金を借りて、その借りたお金を返さないままさらにお金を借りて、エッチだけはちゃっかりやって、彼女が別れたいといえば甘えてくるというようなダメ男についてお話しましょう。

そのような彼は、一般的には「彼女の母性本能に惹かれて」交際しているとされていますね。また、ダメ男好きの女子は「ダメな男を守ってあげたいという気持ち(つまりは母性本能)が強いからダメ男ばかりを好きになる」と言われていますね。

それは確かにそうなのかもしれないけれど、でも恋愛の話に「本能」なんて言葉を持ち込んだら「どこにも行けない」のです。本能と言われたら、なんとなく納得するものの、でも言葉にできない疑問が残り、でもその疑問をうまく言葉にできないものだから「ああ、母性本能のしわざか、本能ね、本能」と思うしかないのです。ようするに、わからないまま納得せざるをえない。

なので、母性本能という言葉ではない別の言葉を使って説明する必要があります。上に例として挙げたようなダメ男を好きになる女子というのは、自分の中にも実はダメ男がいるのです。ダメ男がいると言ってもピンとこないなら、たとえば「世間にうまく馴染めないわたし」がいるのです。具体的には「身近な甘えられそうな人に甘えて(借金したり気ままにエッチしたりして)暮らしたい」と思っている自分がいるのです。なんなら世間から外れて、自分の生まれ変わりかのようなダメ男の彼とふたりきりで、どこか別の場所で生きたいと願っている「もうひとりの自分」がいるのです。

気づけばいつもダメ男を好きになる女子というのは、つまり、自分の中にいる「ダメな自分」のことが好きで、そのダメな自分をこよなく愛でたいと思っている人なのです。

ダメ男好きを卒業するにはどうしたらいい?


では、ダメ男好きを卒業する方法とは?これは先に書いた「ダメ男好きな女子とは、自分の中にいるダメな自分のことが好きな女子」という定義から、答えを簡単に導けます。

すなわち、ダメ男好きを卒業するとは、ダメな自分のことが好きなわたしから卒業するということで、それは自分を変えてあげるといいのです。が、おそらくこの「自分を変える」ことが困難だから、ダメ男を好きになってしまって葛藤するというサイクルから逃れられないのでしょう。

でも、自分を変えることって、あなたが思っているほどむずかしくありません。心を過去から解き放ってあげると自分を変えることができます。ダメ男好きの女子は、どこかしら自分の生き様にコンプレックスを抱えていますね。たとえば、受験に失敗して意に染まない学校に通うしかなかった過去を持っているとか。あるいは、親が厳しすぎて「自由に生きるわたし」に果てしなく憧れている(=自由に生きれなかった生きれなさにコンプレックスを抱いている)とか。

そういう状態を「心が過去につながれている状態」といいます。そこから心を解放してあげるだけで、自分を変えることができるのです。ダメ男好きを卒業して、まわりの友だちのように「明るい未来を見ながら」楽しい恋愛ができるようになるのです。というようなことは、一般的には「自己肯定感が低い状態から高くするには?」という問いに集約的に語られている(と思う)ので、以下に自己肯定感を高める方法についてお話しましょう。

自己肯定感を高める2つの方法


自己肯定感を高める方法1.自分が変わること


自己肯定感を高める方法は2つあります。1つは先に書いたとおり、自分が変わること。2つ目は信じることです。それぞれについて以下に具体的に解説しましょう。

まず、自分が変わる具体的な方法について。これは、新しいことをすること。これに尽きます。自分が変われないというのは、端的に「ダメなわたし」に気持ちが向いているからです。別の言い方をするなら、ダメなわたししか愛するものがないから、です。

なので、愛する自分を新しくつくってあげるといいのです。たとえば、小学生のころから何をやっても中途半端にしかできなくて、そういう自分のことが自分でイヤで、でもそういう自分を変えることができないからダメな自分に気持ちが向いてしまう人の場合、なにか新しいことにチャレンジすれば、いとも簡単に自分を変えることができます。

チャレンジするのは「ちょっと無理めなこと」がいいです。たとえば、短大卒の人が四大卒の資格を得るために、通信制の大学に通うとか。ね?ちょっと無理そうでしょ?仕事をしながらどうやって勉強するの?と思いますよね?

でも実際に、通信制の大学には、そのような人たちが大勢います。自分を変えたいと思って、必死でがんばっている人が大勢いるのです。そしてたった2年間で自分を変えて、ある人は夢だった外資系企業に転職しました。またある人は、教職免許をとって教員になりました。

女子に対して、無理めな目標に向かって努力しましょうということは「言ってはいけない」ことになっていると認識しています。がしかし、簡単な目標、たとえば、毎日部屋に花を活けましょう、そしたら自分が変われますなどと書いたところで、そんなことをしても自分なんて変わらないんですよ。だからそれは、結果的にウソになってしまうのです。

自分を変えたいという切実な気持ちを抱いている人に対して、ウソを言ってはいけないと思うので、結果的によかったと思えること、つまり、無理めな目標に向かって努力すること、と書きました。

自己肯定感を高める方法2.信じること


さて、2つめの「信じれば自分を変えることができる」ということについて。わたしたちは、今この瞬間に「ダメなほうの未来」と「いい方の未来」を選べる立場にいます。

たとえば、好きな男子に好きと言えば付き合えそうという時に、好きと言うという選択肢と、やっぱり恥ずかしいから好きと言わないという選択肢の2つがありますね。その好きと言えば付き合えそうなのだから好きと言うという選択肢を選ぶだけで人は変われるのです。

がしかし、いつまで経っても自分を変えることのできない人は「暗くなるほう」の選択肢、つまり「好きと言わない」ことを選択しますね。なぜ未来が暗くなるとわかっていて、そっちを選択するのでしょうか?

答えは簡単で、明るい未来を信じていないからです。言い方を換えると「自分の未来は自分で変えることができる」と信じていないからです。信じるというのは「今この瞬間」においてなされることですが、信じていない人は、今この瞬間を生きないで、過去(=ダメなわたし)に生きているのです。わたしはダメ男好きを卒業できるんだと、まずは信じてください。今この瞬間においてそう信じ、願ってください。そうすれば、そこから少しずつ、なにかが変わり始めるから。

こちらの記事も合わせてチェック♡


彼氏の浮気が心配…読んですっきり!不安な気持ちの解消法は自分の「心」と「選択」にあった♡

自分に自信がなくて恋するのが怖い!自己肯定感が低いネガティブ女子を卒業する方法

こういう彼氏がほしいんです♡彼女を大事にしてくれる理想の男性の特徴3つ

(ひとみしょう/作家・コラムニスト)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事