ついに崩壊!?彼女のわがままが引き裂いた、親友との絆【LINE事件簿 #153/嘘から出た実 2】

連載
LINE事件簿
LINE事件簿
恋愛・職場・家族間トラブルまで、日常で起きる事件の発端になりうる“LINE”。そんなLINE事件簿のエピソードを、LINE探偵が紹介します。
どうも、LINE探偵です。

僕の元には日々「LINE事件簿」が寄せられています。

LINEはいつだって事件の発端になりうるもの。大喧嘩につながるハプニングから、つい笑ってしまうプチアクシデントまで……。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか?

そんなLINE事件簿の中から、特に印象的だった事件「嘘から出た実」をみなさんにご紹介します。

「嘘から出た実」その2


翔子さん(仮名:24歳)と壮太くん(仮名:26歳)は、合コンで知り合ってから付き合い、もうすぐ1年。

翔子さんは末っ子気質のわがまま娘。何か気に入らないことがあるとすぐに「もう別れるっ!」が口癖。

しかし、そんな翔子さんを可愛く思い「しょうがないなぁ~」と受け入れてあげる壮太くん。

実は、そんな寛大な壮太くんにも予定を譲れない日があるそうです。

それは、月に1回学生時代の親友と楽しむフットサル。大学卒業後ずっと続けている、仲間との大切な時間だそうです。

もちろん翔子さんも承知していて、毎月この日は壮太くんのスケジュールを優先していたのですが……。



結局、この後もしばらく押し問答が続いたそうです。いつもはフットサルを優先してくれるはずの翔子さんですが、今回は……。

“フットサルは毎月やってて、来月もできるじゃん。でも、この美術展は今週見逃したらもう見られないんだよ!今までフットサルの日は譲ってきたんだから、今回だけはお願いっ!”

依頼人「……などといって、壮太くんにお願いしたそうです」

探偵「なるほど。で、結局、壮太くんはどうしたのですか?」

依頼人「仕事の都合や冠婚葬祭以外で、初めてフットサルを断ったそうです。この一件で、少し翔子さんのことが嫌になったと言って、黙り込んでました」

探偵「そうですか……」

ここまではなんとかうまくいっていた翔子さんと壮太くんでしたが、この出来事から徐々に2人の歯車がズレ始めていきます。


連載「LINE事件簿」は毎日更新中!

(LINE探偵)
※LINE事件ご提供者本人の許可を得て掲載しています
※個人が特定されないよう、名前や内容は一部変えています
1

この記事を書いたライター

LINE探偵
30代既婚者。これまでに100人以上のLINEに関する相談を受けたことがある。その内容は、恋愛/家族/セクハラ/浮気などさまざま。 今日も次々と僕の元へ寄せられるLINEのトーク履歴をみんなでチェックして行こう!

関連記事