話題の「傷みにくいブリーチ」って何?髪の毛が傷まない理由や特徴を解説!

ここ最近人気のハイトーンカラー。ブリーチをすれば、思いのままにブルー、アッシュ、ピンク、パープルなど、透明感のある明るい髪色になれるので、「私もやってみたい♡」と思っている子も少なくないはず。一方で、髪へのダメージ具合が気になって、なかなかチャレンジできないという声もチラホラ……。

目次

傷みにくいブリーチでヘアダメージが気にならない時代に


最近ではブリーチ剤の開発が進み、またヘアケアの手法が分かってきたことで、ブリーチによるヘアダメージを最小限に抑えることができるようになってきているんです!
@m.mmh.baby
@m.mmh.baby

傷みにくいブリーチを活用すれば、気軽にヘアカラーチェンジを楽しめて、ファッションの幅も大きく広がること間違いなし♪
そんなブリーチの基礎知識や、"傷みにくい"と美容業界で話題のブリーチ剤「ファイバープレックス」についてご紹介します。


傷みにくいブリーチのために知りたい「基礎知識」


ブリーチの原理を知って、なぜ髪が傷むのか、どのように傷みにくいブリーチを行うのかを理解することで、ハイトーンカラーへの心配もなくなるはず。まずは、そもそも「ブリーチとは何か?」について説明していきましょう♡
@erkrose
@erkrose

ブリーチって何?ヘアカラーとの違いって?


ブリーチとは、髪の毛の内部にあるメラニン色素の色を抜くことです。実は、髪本来の色は透明に近いのですが、色を完全に抜くことは難しいため、少しだけ色味が残ります。ブリーチした後に、ゴールドのような髪色になるのはそのためなんです。
一方でヘアカラーはブリーチと違い、新しい色を上からのせています。

ブリーチオンカラーとは


ブリーチした後に髪を染めるカラーリングのことです。ブリーチで脱色し、ベースとなる髪色をトーンアップしてから染めることで、通常のヘアカラーでは再現できないような繊細な色味やハイトーンカラーを作れるところが魅力です。


ブリーチをするメリット・デメリットとは?


ブリーチの基礎知識についてご紹介しましたが、ここからは、ブリーチを行うことのメリットとデメリットについてご紹介します。
@hironeeko
@hironeeko

ブリーチのメリット1.思いどおりの髪色にできる


通常のヘアカラーではできない、理想通りの髪色を再現することができる点が、最大の魅力。ブリーチでメラニン色素の色を抜き、ブリーチオンカラーにすることによって、ビビットなカラーはもちろん、やわらかく透明感のあるミルクティーカラーや、グレージュカラーなど、なりたい髪色になることができます♪
また、ハイライトやグラデーション、インナーカラーなど、ヘアカラーの楽しみ方がたくさんあるのも、嬉しいポイントですよね。黒髪で堅い印象を与えやすい日本人だからこそ、おすすめです。

ブリーチのメリット2.色落ちした髪色も楽しめる


色落ちする過程の髪色を楽しめるのも、ブリーチオンカラーのメリット。例えば、濃いピンク色に染めると、染料が洗い流されることで、ベージュ色に変化。また、深いブルー色に染めると、ネイビー色、グレージュ色に変化していきます。

ベースの髪色が明るいほど、色落ちの過程もキレイです♪

ブリーチのデメリット1.髪にダメージがある


髪の中のメラニン色素の色を抜くため、その過程で、少なからず髪にダメージを受ける点はデメリットです。そのため、髪がダメージを受けないように保護することが大切です。

ブリーチのデメリット2.髪が乾きにくい


ブリーチをすると髪が水分を吸収しやすくなるため、髪が乾きにくくなります。ドライヤーで髪を乾かす際に、ブリーチ前よりも時間がかかるので、バスタオルを髪に当てながら、髪に直接温風が当たらないようにドライヤーをかけるなど工夫が必要です!


髪を傷めずにブリーチする方法とは?


ここからは、ブリーチによるダメージを最小限に抑えたい方必見!ブリーチをする際に覚えておきたいポイントを確認していきましょう。
@__ars0130__
@__ars0130__

傷みにくいブリーチ剤を選ぶ


傷みにくいブリーチ剤を選ぶ際に参考にしてほしいのが、ブリーチによる「切れ毛」や「乾燥」といったダメージから髪を保護してくれる最新技術「ボンディングテクノロジー」。

ブリーチをする際に切れてしまう「シスチン結合」を保護することで、ダメージコントロールが期待できます。枝毛や切れ毛を、なんと98%*も削減してくれるんです!ダメージ後に補修するのではなく、ダメージしないように保護してくれるものでは、オンリーワンの技術なんだそう。
ハイトーンカラーに挑戦する際には、この「ボンディングテクノロジー」が搭載されているブリーチ剤をチェックすると良さそう◎
*ドイツ本社研究所にて、ブリーチ剤+ファイバープレックス No.1 ボンド ブースター、No.2 ボンド フィクサーとブリーチ剤で比較した際の研究データ(最大値)

丁寧にヘアケアをする


ブリーチ後のヘアケア次第で、髪の毛の傷み具合は大きく変わります。髪を傷めない毎日のケア方法を知って、キレイな髪色をキープしましょう!

1.髪を洗う前にブラッシングをする


髪を洗う前は、ヘアブラシを使ってしっかり髪をとかし、引っかかりのない状態にしましょう。

2.シャンプー前にすすぎ洗いをする


シャンプーをする前に、1分間ほどぬるま湯で髪を洗い、汗や頭皮の汚れをしっかり洗い流しましょう。そうすることで汚れが落ち、シャンプーの泡立ちも変わってきます。

3.カラーヘア用のシャンプー・トリートメントを使う


最近ではカラーヘア用のシャンプーが多く出ていますので、色持ちをよくするために専用のものを使いましょう。

4.カラーシャンプーでメンテナンスを行う


ブリーチ後の黄ばみや、カラーの色落ちが気になってきたら、紫シャンプーやピンクシャンプーなどのブリーチ専用のシャンプーを使ってカラーをチャージ。キレイな髪色をキープできます。

5.トリートメント前にタオルドライで、髪の毛の水分をしっかり取る


髪に水分を含んだままだと、トリートメントが浸透しにくいため、しっかりタオルドライをすることをおすすめします。根元は頭皮を揉むように拭き、毛先はタオルで包み込んで、軽く叩くように水分を取ります。

6.髪の根元から乾かす


アウトバストリートメントを髪の中間から毛先につけて、ドライヤーで根元から毛先へと順番に乾かしていきます。最後に、髪に冷風を当てるとキューティクルが閉じ、髪にツヤがでます♪


ブリーチするなら、美容室で? 自宅で?


ここまで、ブリーチに関する知識をおさらいしてきましたが、「傷みにくいブリーチは、自宅でセルフでできるのか?」気になりますよね。
@_nonstyle_
@_nonstyle_

最近では、ボンディングテクノロジーを搭載したセルフブリーチ剤もあるので、自分でやってみるのもあり!
バレイヤージュやエアタッチなど立体感のある繊細なヘアデザインにトライしたい場合は美容室で施術してもらうのがおすすめです。
なりたい自分にあわせて、チョイスしてみて♪


美容院でブリーチをする料金や時間は?


美容室によって料金にバラつきはあるものの、大体2万円〜3万円を目安に考えておくといいと思います◎
初めてブリーチする人の施術時間は、およそ2時間~3時間。元々髪の色が明るい方や、ブリーチ経験のある方は、1時間半ほどかかります。


【2021年最新】髪が傷みにくいおすすめのブリーチ剤とは?


傷みにくいブリーチ剤のおすすめは、先ほどご紹介した「ボンディングテクノロジー」を搭載しているFIBREPLEX(ファイバープレックス)。現在、全国60,000店舗以上の美容室・ヘアサロンで施術を受けることができます。

今までのブリーチ剤は、髪を補修するという考え方の製品が大半でしたが、FIBREPLEX(ファイバープレックス)は髪の毛を内側から強化し、髪1本1本がしっかりとした質感になる点が特徴です。実際に美容室で施術をしてもらったところ、明らかにダメージが軽減されていて、指ざわりのいい髪質を実感できました♡

hotpepperビューティーなどの予約サイトで、「ボンディング」「ファイバープレックス」などと検索すると、FIBREPLEX(ファイバープレックス)で施術できる店舗を見つけることができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ファイバープレックスで
ブリーチができるサロンをチェック♡


ヘアダメージを気にせずに、ハイトーンカラーを楽しめる時代になりつつある今。
傷みにくいと話題のファイバープレックスで、ハイトーンカラーにチャレンジしてみてはいかが?



(ローリエプレス編集部)

この記事を書いたライター

ローリエプレス編集部
恋愛・ファッション・美容・女子のトレンドに関するコラムを毎日配信中。動画やイラスト付きコラムも多数掲載中!

関連記事