【男の本音】浮気をしてしまう彼氏の心理とは?喧嘩したて&ラブラブでも浮気する!?

男性はなぜ浮気するのか不思議に思いますか?今回は浮気する彼氏の本音について一緒に見ていきたいと思います。
【男の本音】浮気をしてしまう彼氏の心理とは?喧嘩したて&ラブラブでも浮気する!?の3枚目の画像


目次 [開く]

彼氏が浮気をしてしまう心理とは?


自分の"男"としての可能性を試してみたかった


彼氏が浮気する理由の1つは「男としての可能性を試してみたかった」というものです。
可能性とは、例えば「いけそうな」女性に自分がなんらかのアクションを起こしたときに生まれると想定されるポジティブな状況です。その女性のことを少し押せば「できそうだ」という状況を前にして、彼は"一瞬"考えるのです。「いけば」付き合っている彼女に悪いな、でも「いかなければ」可能性を秘めたこの物語の結末が不明なままだ。ここはひとつ「いって」、結末が白か黒か見てみようじゃないか――。こうして彼は浮気するのです。男って「いけそうなのに、そこをあえていかない」というふるまいができないんですね。いけそうならいく、選択肢はそれしかないのです。

「違う自分」を味わってみたかった


浮気って、端的に「別の自分になる」行為であるとも言えます。彼は普段、付き合っている彼女と自分という「限定された日常」の範囲で暮らしています。これは誰だってそうでしょう。自分と自分の交際相手が「自分の日常」を作っていますよね。そしてそれはある程度限定された空間であるはずです。

その限定された枠の中から外に出たい。外にどのような魅惑的なものがあるのかを知りたい、見てみたい、触ってみたい。このような熱情が彼をして浮気という行為をさせるのです。これは女性も同じかもしれないですね。

彼氏以外の男性と関係を持ってみたいという気持ちは、端的に「限定の枠外に立ちたい」ということでしょう?限定の枠外に立ちたくても「付き合っている彼氏に悪いから……」というのは、枠外に立ちたいという欲求と、枠外に立つ罪悪感とのせめぎあいの結果、起こった気持ちのことでしょう?

男性自身もなんの考えもなしに浮気しているわけじゃないんですね。現実と可能性とを天秤にかけてみたり、日常という限定枠の中で閉塞感についてもの思ってみたりした結果の浮気なのです。最も、浮気は浮気で問答無用に悪だ、という人にはただの理屈にしか聞こえないかもしれませんが、でも本当にそういうことなんです。

彼氏が浮気をしてしまうケースとは?


CASE1.彼女と喧嘩をしたタイミングで浮気をする彼について


さて、今から浮気をしてしまう彼氏について、ケースごとに見ていこうと思います。
【男の本音】浮気をしてしまう彼氏の心理とは?喧嘩したて&ラブラブでも浮気する!?の1枚目の画像

まず、彼女と喧嘩をしたタイミングで浮気をするケースについて。

例えば女性は、「彼氏とケンカしたから浮気した」などと言いますよね。腹いせになのか、「わたしを怒らせたらこんなひどい仕打ちをするんだからよく覚えておきなさい」という意味なのか、ぼくにはよくわかりません。

男性は彼女とケンカしたのち、「あわよくば」と思って浮気します。すなわち、「あわよくば」浮気相手の方が今カノより優しくて、体の相性がよくて…今カノと別れて、浮気相手と付き合いたいと思って浮気するのです。ななかな本格的でしょう?腹いせに浮気する女性の方が全然かわいらしいですよね。

でも男って、本当にそういう理由で浮気するのです。なぜなら、ケンカした時点ですでに「やっぱ俺と彼女は合わなね~わ」と、勝手にさじを投げているからです。つまり、感情的にしかものを考えられなくなっているからです。だから、やりたいという感情の赴くままに浮気相手を呼び出し、感情のまま浮気相手を抱くのです。

ですが、たいていの場合は女性の方がうわてだから、つまり、浮気相手のほうがうわてだから彼の「あわよくば」という気持ちは、体の関係が終わることに泡と化し彼は失意のうちに帰途につくのです。

で、何ごともなかったかのように、彼女に「おやすみ」とLINEするのです。「あ~、やっぱり俺は今カノと別れられないな」と思いながら。ポジティブにそう思う彼もいれば、ネガティブな意味で別れられないと思う彼もいます。

CASE2.浮気相手に彼氏がいても浮気するケース


浮気相手に彼氏がいても浮気するケースは確信犯です。男女共に体の関係を持ちたいと思っているだけ、ということです。そういう人たちは、後先考えずに行動する人たちというだけではありません。なんらか日常生活に組み込みづらい(組み込まれづらい)感情を性行為に変換せざるをえない切実さを持っている人なのです。

例えば、自分は社会の落ちこぼれだという劣等感を持っているけれど、でもそれを正式に交際している相手にはうまく言えない(なぜなら相手は自分のことを「ステキ」と言っているから)という場合に彼または彼女は、影でこっそりと体の関係を持てる相手を探し求めるのです。

端的に言えば、実は自分の人生に絶望しているという事実を交際相手には見せられない、だから浮気するということです。

この浮気には、相手に彼氏や彼女がいるとかいないといった条件は、一切関係ありません。自分の人生に自分で絶望している者どうし、絶望をつかのま癒すことができれば、それが彼/彼女にとって、日常生活では味わえないしあわせになるのです。

CASE3.前日まで彼女とラブラブだったのに次の日には浮気してしまうケース


このケースは先に挙げた2つのケースの合体版ですね。すなわち「可能性を試してみたかった」という気持ちと、「自分の人生に絶望している絶望感」とが入り混じった結果、浮気した、ということです。

彼は前日まで彼女とラブラブだったということは、彼はそれなりに現実生活を楽しんでいるということです。でもそれは、あくまでも「それなりに」です。すなわち、それなりに現実社会に馴染んでいるけれど、でも少しは絶望しているということです。

絶望している人は、可能性を試したいと思います。なぜなら「絶望している」とは、「別の人間になることを夢見ている」とか「ここではない別の場所で、別の人と生きることを夢見ている」ということだからです。こういう人、女性にもいますよね?

彼氏とは時々ケンカするけど、でもラブラブ。でも、彼氏以外の男性とも関係を持ってみたい――このような人は、自分の人生に軽く絶望しているから、浮気したいと思うのです。

ラブラブが「見せかけのもの(偽なるもの)」ということではないのです。彼女は彼と、本当にラブラブなのです。彼に満足しているのです。でもそれとは全く独立に、彼女は自分の人生に絶望しているのです。すなわち、「別の人間になることを夢見て」いたり、「ここではない別の場所で別の人と生きることを夢見て」いたりするのです。そして、そのような自分を彼氏に悟られたくないのです。

だから、彼氏に「絶対にバレないように」彼女は浮気するのです。その男版が、前日まで彼女とラブラブだったのに次の日には浮気してしまうケースです。

浮気とは絶望から生まれる行為


ひと口に浮気といってもいろんなケースがあることがおわかりいただけたかと思います。また、それは単に体の関係を持ちたいだけということではないということも同時におわかりいただけたのではないでしょうか?
【男の本音】浮気をしてしまう彼氏の心理とは?喧嘩したて&ラブラブでも浮気する!?の2枚目の画像

究極的に浮気とは絶望から生まれる行為です。自分の人生に絶望している、すなわち「別の人間になることを夢見て」いたり、「ここではない別の場所で別の人と生きることを夢見て」いたりするところから生まれるのが浮気です。

交際相手に「私は(俺は)絶望しているのです」と、心の奥の奥まで見せることができれば、浮気せずに済むのかもしれませんが、でもまあ普通に暮らしていたらそこまでパートナーに見せれないですからね。

男性心理が気になるという人はこちらの記事も合わせてチェックしてね♡
【男の本音】男性が恋愛に対して感じている「しんどさ」の正体とは?

【男の本音】恋愛と結婚は別?同じ?付き合っている彼氏が何を考えているか解明♡

女性には理解しにくい?男性がなぜ「恋愛より仕事」を優先するのか解明!


(ひとみしょう/作家・コラムニスト)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事