ブレずに突き進む!相変わらずのマウント女子【LINE事件簿 #151/マウンティング・ガール 7】

連載
LINE事件簿
LINE事件簿
恋愛・職場・家族間トラブルまで、日常で起きる事件の発端になりうる“LINE”。そんなLINE事件簿のエピソードを、LINE探偵が紹介します。
どうも、LINE探偵です。

僕の元には日々「LINE事件簿」が寄せられています。

LINEはいつだって事件の発端になりうるもの。大喧嘩につながるハプニングから、つい笑ってしまうプチアクシデントまで……。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか?

そんなLINE事件簿の中から、特に印象的だった事件「マウンティング・ガール」をみなさんにご紹介します。

「マウンティング・ガール」その7


幼馴染みの美玲さん(仮名・23歳)のハイスペック彼氏が、実は既婚者で、自分が勤める保育園に通う翔太くんのパパだと気づいた保育士の桜さん(仮名・23歳)。

ある日、浮気に懲りない感じの翔太くんパパにカチンときた桜さんは、美玲さんから聞いた2人のエピソードを、浮気はバレているのよ!という感じで本人にぶつけました。

わけが分からず驚いた翔太くんパパは、自分が既婚者だということは言わないまま、美玲さんに『霊能者に呪われた!』と意味不明なことをいって強引に別れを告げました。

探偵「えっ!?とりあえず不倫が解消して、これで一件落着じゃないんですか?」

桜「実は数日後のことなんですが、お迎えに翔太くんママが来たんですけど……」

〜不倫解消から数日後〜

翔太くんママ「桜先生、いつもお世話になっております。この度は、うちの主人までお世話になりまして……」

桜「えっ?いやいや、何のことですか?」

翔太くんママ「いいんですよ、承知していますから。ディナークルーズにバッグのこと」

桜「あっ!……でも、どうして?」

翔太くんママ「翔太がディナークルーズって何?って言うので、どこで覚えたの?って聞いたら、桜先生とパパが話していたって言うじゃありませんか。バッグもだよ!って」

桜「はっ!すっ、すみませんっ。私のせいで翔太くんが……」

翔太くんママ「大丈夫です、翔太は分かってません。それに悪いのはうちの人ですから。どういうことか?キッチリ締め上げてやりました。ちなみに、ひとつお聞きしていいですか?」

桜「はい、なんでしょう?」

翔太くんママ「桜先生は、なぜ気づいたのですか?」

桜「はい。実は……」

そして桜さんは翔太くんママに、本当のことを正直に説明したそうです。ご主人(翔太くんパパ)には言わないと言ってくれました。

翔太くんママ「マッチングアプリはアンインストールさせないと。ところで、桜先生のお友達は大丈夫ですか?それと、うちの人が既婚者だったことは?」

桜「知らないままだと思います」

翔太くんママ「そう、かわいそうなことしたわね。ご迷惑かけて、本当にごめんなさいね。あーあ、やっぱりあのバッグそういうやましさがあったのね、当たっちゃったかぁ。お恥ずかしい」

そう言って、翔太くんママは少し寂しそうに笑っていたそうです。

桜「結局、奥さん(翔太くんママ)も傷ついたんですよね、お気の毒に」

探偵「そうですね。ところで、美玲さんはどうしてますか?」

桜「そんな男に美鈴はもったいないよ。美玲ならすぐいい人見つかるよ!っていったら、『当然でしょ!』って言ってました」



この2人の関係は、しばらく続きそうですね(笑)。

次回のLINE事件簿もお楽しみに。

(LINE探偵)

※LINE事件ご提供者本人の許可を得て掲載しています
※個人が特定されないよう、名前や内容は一部変えています
1

この記事を書いたライター

LINE探偵
30代既婚者。これまでに100人以上のLINEに関する相談を受けたことがある。その内容は、恋愛/家族/セクハラ/浮気などさまざま。 今日も次々と僕の元へ寄せられるLINEのトーク履歴をみんなでチェックして行こう!

関連記事