絶対カノジョになりたい! 恋した相手は先輩でした。年上男子の攻略ポイント3つ♡ 

目次 [開く]

先輩を好きになってしまった……! 



人を好きになるのに理由なんてありません。

だからこそ、好きになった相手が偶然先輩だった……。そんなこともありますよね。

先輩という存在はかっこよさも倍増しますが、やっぱり同年代や年下よりもアプローチがむずかしく感じてしまうのではないでしょうか。

どうやって距離を縮めよう? どうしたら女の子として意識してくれる? 先輩の同級生にヤキモチを妬いてしまう……。悩みは尽きないですよね。

そこで今回は、年上の先輩に恋をしてしまった女の子のために、年上男子を攻略するポイントをご紹介します! 


年上男子って実は……



心は少年のまま! 


年上男子というと、先輩フィルターがかかっているせいか「大人で、落ち着いていて、スマートで、中身も大人っぽくて……」と思ってしまいがち。

もちろん、ひと回りくらい離れた先輩であれば、きっと落ち着いていて本物の大人である可能性が高いといえます。

しかし、男性というのはいつまでも中身は少年のままであることが多いのです! ゲームやマンガが大好きだったり、男性同士で集まればくだらない話をしたり……。

なので、変に気負う必要はありません。背伸びして無理をする必要もありません。

ありのままのあなたでぶつかっていくのが1番ですよ。



年下の女の子の前ではかっこつけたい! 


男性はいつだって、女の子、特に自分よりも年下の女の子の前ではかっこつけたいと思っている生き物なのです。

なので、ほどよく男性を立ててあげられるように意識しておくとGOOD。

プライドを傷つけてしまうと上手に関係を築くことがむずかしくなるかもしれません。

「先輩」であることを踏まえたうえで距離を詰めていくのがおすすめです! 


どうやってアプローチするのがいい? 


1. 「年下」を目一杯生かす



では、どうやってアプローチするのが効果的なのでしょうか。

まずは、「年下の女の子」であることを目一杯生かして距離を縮めるのがおすすめです。

年下というだけで相手に甘えられますよね。少しくらいわがままを言っても許されるのが「年下」なのです。

「〇〇さんしかお願いできないんです!」「仕方ないな」という関係性を築けたらOK。思いっきり頼って甘える方が◎ですよ。

ただし、あまりにもむずかしいお願いをするのは逆効果。面倒な女性だと思われてしまいます。

「本当は自分でもできることだけど男性の力を借りたいところ」で甘えるのがコツです。

2. たまに見せる「女らしさ」でギャップを狙う



先輩に頼って甘えるだけでは、ただのかわいい年下の後輩で終わってしまいます。そこでおすすめなのが、たまに「女らしさ」を見せること。

年上男性もたまには女性に頼ったり甘えたりしたくなるもの。そんなタイミングを見極めて、「わたしでよければ話聞きますよ?」と頼れる女性らしさを見せてあげましょう。いつもの甘えん坊のあなたとのギャップに虜になってしまうこと間違いなしです♡ 

3. 積極的にデートに誘う



年上の男性を好きになったとき、自分から動かなくてもリードしてくれるのではないかと思いがち。ですが、それは年上男子に好きになってもらえたときのパターンです。

先輩に意識してもらうためには、積極的にデートに誘うのが1番です! 

「〇〇に行きたいんだけど一緒に行きませんか?」「〇〇さんと会いたいんです!」「〇〇を見たいんですけどどうですか?」など、行きたいところや会いたい気持ちをしっかり言葉にして伝えましょう♡ 

デートを重ねることで距離は確実縮まっていくはずですよ。


年上男性にアプローチするときに避けるべきこと



年上男性とデートをするとき、「年上だから払ってくれるべき」という考え方は捨てた方がベター。「奢ってもらえて当たり前」と思ったり態度に出したりすることは避けましょう。「この子、もしかしてタダ飯を食べたいからデートに誘ってくるのかな?」と思われても仕方がありませんよね。

「私がデートしてほしいって言ったので払います」もしくは「割り勘にしましょう」と提案することをおすすめします。

行動あるのみ! 年上男子に上手にアプローチしよう♡ 



好きになった相手が年上男性だからといって自信をなくす必要なんてありません。

年齢関係なく、好きになったひとりの人として、魅力的に思っていることを伝えてあげましょう♡ 

少しくらい強引でも「しょうがないな」と構ってくれるはず。かわいいワガママで相手との距離をどんどん詰めていきましょう! 

(ameri/ism)

この記事を書いたライター

ameri/ism
2016年より執筆をはじめ、主に美容・恋愛・エンタメについて書いています。 美容とコーヒーとチョコレートをこよなく愛するライター。 コスメと触れ合うこと、旅行、カフェ巡りが趣味です。 百貨店のコスメフロアによく出没する特徴あり。

関連記事

今、あなたにオススメ