LINEで見抜く「脈あり度」。これって何%ですか?【LINE事件簿 #174/脈ありLINE 2】

連載
LINE事件簿
LINE事件簿
恋愛・職場・家族間トラブルまで、日常で起きる事件の発端になりうる“LINE”。そんなLINE事件簿のエピソードを、LINE探偵が紹介します。
どうも、LINE探偵です。

僕の元には日々「LINE事件簿」が寄せられています。

LINEはいつだって事件の発端になりうるもの。大喧嘩につながるハプニングから、つい笑ってしまうプチアクシデントまで……。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか?

そんなLINE事件簿の中から、特に印象的だった事件「脈ありLINE」をみなさんにご紹介します。

「脈ありLINE」その2


今年、文房具メーカーに就職した真綾さん(仮名・23歳)は、大学時代の同級生、智也くん(仮名・23歳)のことがずっと好きなのですが、自分に自信が持てず、告白できずにいます。

流通業界の大手企業に就職した智也くんは非常に忙しく、なかなか会う機会がない2人。何とか繋がっていたい真綾さんは毎日LINEを送り、やり取りをしているんだそうです。

「探偵さん、また来ちゃいました。この前、探偵さんが智也くんとのLINEが『脈あり』だって言ってくれたんで、最近は少し自信を持って会話できているんです。ありがとうございます」

それはよかったです。それで、今日はどうしました?

「実は、あのあとやり取りしたLINEを見てほしくてきました」

なるほど、では見てみましょう。



「どうですか?」

どうって、全然OKですよ。普通に恋人同士の会話みたいです。

「えへへ……。探偵さんもそう思います?実はこの前、探偵さんに『脈あり』って肯定されてから肩の力が抜けたっていうか、自分でもいい感じじゃないかなぁ~って思うんですよね」

はい。とってもいいと思いますよ。

「じゃあ『脈あり度』何%だと思いますか?」

えっ、「脈あり度」ですか?うーん、数字で言うのは難しいですねぇ……。あくまでも僕の主観ですが、そうですねぇ、80%ぐらいはあるんじゃないですか。

「えっ!?そんなに!ほんとですか?探偵さん、いつも私を持ち上げればいいと思っていません?その根拠ってなんですか?」

そうですね。まず、このLINEの時間を見ると、智也さんからの返信がいつも早いですよね。

「あっ、そうですね。よっぽど仕事で忙しいとかじゃないと、大体すぐ返信くれます」

それと、智也さんは、必ずあなたの名前を呼んで、真綾さんはどうしているか?って聞き返してくれますよね。これはあなたのことを気にかけている証拠だと思うんですよ。

「確かにっ!私が何か質問したあと、必ずどうしてる?って聞かれます」

それに、以前真綾さんが話したらしい“先輩の話”とか覚えていましたよね?これも、あなたの話をちゃんと聞いていて、気にかけていてくれた証だと思うんですよ。

「これは私も驚きました!よく覚えていたなぁ~って。私の方が話したことを忘れていましたもん(笑)」

十分いい関係が築けていると思いますから、自信持っていいと思いますよ。タイミングを見て、想いを告げてもいいんじゃないですか?それとも智也くんから言われるまで待ちますか?

「探偵さん、結構グイグイきますね〜。でも、探偵さんと話している時は勇気が湧いてくるんですけど、いざ1人になるとまだ心配になるんですよねぇ。もしかしてダメだったら?って」

まぁ、無理には勧めませんが、要は「もうちょっと自信を持っていいと思いますよ!」ということです。

「ありがとうござます。できれば、今年のクリスマスは智也くんと2人で過ごしたいと思っているんです。友達みんなでクリスマスパーティーはしたことはあるんですけど、2人だけはなくで……」

いいクリスマスが迎えられるといいですね。

しかしこのあと、一波乱が起こることに……。


連載「LINE事件簿」は毎日更新中! 

(LINE探偵)

※LINE事件ご提供者本人の許可を得て掲載しています
※個人が特定されないよう、名前や内容は一部変えています
1

この記事を書いたライター

LINE探偵
30代既婚者。これまでに100人以上のLINEに関する相談を受けたことがある。その内容は、恋愛/家族/セクハラ/浮気などさまざま。 今日も次々と僕の元へ寄せられるLINEのトーク履歴をみんなでチェックして行こう!

関連記事