ファンデーションが浮く原因は?化粧崩れ対策&正しい塗り方を解説♡

せっかくキレイに塗っても時間がたったらファンデーションが浮いてしまう……。そんな悩みを持っている人も多いはずです。

どうしてファンデーションが浮くのか、キレイにファンデーションを保つにはどうしたらいいのか気になりますよね?今回はファンデーションが浮く原因と化粧崩れ対策について詳しく解説していきます。これを読めば、ファンデーションの正しい塗り方がわかるので、時間がたってもキレイな化粧を保つことができるようになっちゃいます!ぜひ参考にしてくださいね。


目次 [開く]

ファンデーションが浮く…これってどうしたらいいの!?



どうしたらファンデーションが浮かずにキレイな顔を保つことができるのでしょうか。もしかしたらファンデーションが浮いてしまうのは、あなたの肌に原因があるかもしれません!

肌の状態や肌質によってもファンデーションが崩れやすくなるのです。どんな状態がファンデーションが浮く原因になるのか、ご紹介していきます。

ファンデーションが浮く原因とは?



さっそくファンデーションが浮く原因になる肌の状態について解説していきます。
自分に当てはまっていると感じるものがあるかチェックしてみてください。

肌の乾燥



肌が乾燥しているとファンデーションが浮く原因を作ってしまいます。肌の乾燥は冬によくおきる状態であり、春夏秋は平気でも冬になると悩む人もいるのではないでしょうか。

乾燥をしていると肌はカサカサのゴワゴワ。その状態でファンデーションを塗っても粉浮きしてしまったり、均等に塗れていないためキレイな状態にならないんです。そして乾燥している肌が皮脂を分泌しようと働きかけてしまうため、それもファンデーションが浮く原因になってしまいます。

皮脂の過剰分泌



皮脂の過剰分泌によってファンデーションが浮いてしまっているのかもしれません。もちろん、皮脂は肌にとっては大事なものであり、ないと肌が乾燥してカサカサになってしまいます。

しかし、ありすぎるのも問題。過剰に皮脂が分泌されてしまうと脂っこい肌になってしまい、ファンデーションと混ざってドロドロに。そのせいで、ファンデーションが浮いてしまいキレイな状態を保てなくなってしまうのです。そして、頬や鼻の毛穴が気になる人もこの皮脂の過剰分泌が原因かもしれません。

ついつい厚塗りをしてしまっている



肌にシミやそばかす、クマやニキビ跡があるとどうしてもそこを隠したいと思ってしまうでしょう。そのため、無駄にファンデーションを厚塗りしてしまっている可能性もあります。

しかし、ファンデーションを厚塗りをすると土台となる肌にしっかりと密着しません。そのため余分なファンデーションが浮くことになってしまいます。よれたり、しわにファンデーションが入り込んでしまうのは厚塗りしているからなのです。

顔の産毛処理ができていない



実は顔の産毛を処理できていないとファンデーションが浮く原因になってしまうんです。あまり気にしないで体の気だけを処理し、顔の産毛はそのままなんて人もいるかもしれません。

しかし、顔に産毛が生えたままだとファンデーションをキレイに塗っても肌にきちんと密着しないんです。産毛が邪魔になってしまい、ファンデーションの密着を妨害してしまっているため浮いてしまいます。顔用のカミソリや電子シェーバーできちんと処理したり、顔の産毛脱毛をすることで改善できるでしょう。


ファンデーションが浮くのを防ぐ!イチオシの対策方法



つづいて、ファンデーションが浮く原因を防ぐイチオシの対策方法を解説します!
しっかりと対策すれば、キレイにファンデーションが塗れて、時間がたっても崩れることはなくなりますよ。

しっかり保湿する



肌の保湿はしっかりとしましょう。肌にとって保湿は欠かせないものであり、一番大事なスキンケアといっても過言ではありません!保湿をしっかりとすることで、乾燥することを防ぐことができますし、皮脂の過剰分泌も抑えることができます。

さらに、化粧水だけ塗っておけばいいや!ではなく乳液もきちんとしてケアをしましょう。それでもまだ乾燥する人は保湿美容液やオイルをプラスすることで保湿されますよ。

自分の肌に合ったファンデーション・下地を選ぶ



自分に合ったファンデーションや下地を選ぶことも大事です。保湿力が強い下地やテカリ防止下地など、下地にはいろんな種類がありますよね?ファンデーションも同様に、少しテクスチャーがどろっとしているものは油分が多めで、サラサラとしているものは油分が少なめなど実はファンデーションによって全然違うんです。

ですので、自分の肌に合った物を選ぶことでよれてしまったり、粉浮きすることがなくなります。分からない場合は、一度美容スタッフの方にお店で見てもらうのがおすすめです。

乾燥肌におすすめの下地とファンデーション



PAUL&JOE/モイスチュアライジング ファンデーションプライマーS

保湿力が抜群なので、乾燥肌タイプにおすすめの下地です。塗った瞬間肌にうるおいを与えてくれ、乾燥を防ぎます。透明感がアップし、この下地一本だけでもキレイな肌に仕上がるでしょう。


NARS/ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション

カバー力と保湿力を兼ね備えたナーズのクッションファンデーションは乾燥肌さんへおすすめ。さらさらと塗れるのに、保湿感があります。ムラやくすみもしっかりと隠してくれて、長時間化粧をキープしてくれるんです。
クッションファンデーションが初めての方でも厚塗りにならずにキレイな素肌感を作ってくれるでしょう。


油性肌におすすめの下地とファンデーション



Primavista/皮脂くずれ防止化粧下地

テカリが気になる人用といっても過言ではない下地。皮脂をしっかりと抑えてくれるため、化粧崩れも防止してくれます。しっとり感はありますが、長時間たってもテカリがまったくなくキレイなままなんです。
とにかく皮脂で悩んでいる人には使って欲しい下地であり、使った瞬間悩みが解決するでしょう。


laura mercier/フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア ファンデーション

とにかくテカリが少ないリキッドファンデーションなので、皮脂が多い人におすすめです。伸びが良く、軽いつけ心地なのに毛穴はばっちりとカバー。メイク直しもほとんどいらず、朝の状態をキープしてくれて夏場でも活躍してくれる一本です。


産毛処理をしっかりとする



少し面倒と思うかもしれませんが、キレイな化粧を保つためには産毛処理も必要です。顔にはうっすらと産毛が生えていて、頬や鼻の下、おでこなどよく見ると産毛が生えています。そこを剃ってあげることで、ファンデーションが肌に密着しやすくなるんです。

処理をするときは肌を傷つけないように注意して!処理後はきちんとスキンケアをして肌のダメージを防ぎましょう。
産毛を剃るとファンデーションも浮かず、肌もトーンアップして明るい印象になるので2つの嬉しい効果を実感できますよ。

厚塗りをしすぎず均等に塗る



ファンデーションを厚く塗ると崩れる原因になります。ですので、厚塗りはしすぎないように気をつけて、隠したい部分はコンシーラーを使っていくようにしましょう。

少し厚くなりすぎた気がすると感じたならば、スポンジを使うことでよけいな油分をとることができます。ブラシを使ったり、最初からスポンジを使って叩き込むように塗るのも厚塗りを防ぐひとつの方法です。


種類別!ファンデーションの正しい塗り方【リキッド編】



ここからは、種類別にファンデーションの正しい塗り方を伝授!
まずはリキッドファンデーションの塗り方から見ていきましょう。

1.適量を手に取る



リキッドファンデーションを手のひらや手の甲に出していきます。量はだいたいパール一粒大と言われていますが、分からない方はお豆をイメージして。

あずきや大豆くらいの大きさが同じくらいの量なので、イメージすると分かりやすいかもしれません。箱に適量の見本が書いてあることもあるので、それもしっかりとチェックしてみてくださいね。

2.顔に点置きする



適量を取ったら次は顔に点置きします。まずは両頬、おでこ、鼻、顎と5点置きしてから伸ばしていくことで均一にファンデーションが塗れるようになるんです。

ひとつの場所に手に取った量を塗ってしまうと厚塗りになってしまうので気をつけましょう。5点置きをすれば、厚塗りになることもなくファンデーションが浮きにくくなります。

3.顔の中心から伸ばす



ファンデーションは顔の中心から外に向かって伸ばしていきましょう。5点置きした状態から、頬の内側から外側に向かって、サッと伸ばしていきます。

力を入れないで滑らすように伸ばしてくださいね。余ったファンデーションで小鼻周りやまぶたを塗っていけばキレイに仕上がります。

4.気になる部分は重ね付け



塗り終わって、少し気になる部分があったら少しずつ重ね付けしていきます。最初の適量よりも少ない量を手に取って、少しずつ塗っていけば厚塗りになることはありません。

優しく叩き込みながら広げていき、気になる部分が薄くなったらそれで終わりましょう。あとはコンシーラーを使って隠し、すべてリキッドファンデーションで隠さないようにすることが大事です。


種類別!ファンデーションの正しい塗り方【パウダー編】



つづいてはパウダーファンデーション編です!
しっかり塗り方を覚えていきましょう。

1.顔の内側から外側に塗る



パウダーファンデーションも基本は顔の内側から外側に向かって塗っていきます。頬の内側からサッと滑らしていき、外側に向かって塗っていくことでキレイに仕上がります。

おでこは鼻の付け根から外に向かっていき、あごはあごの中心からエラの方に向かっていくようにしてくださいね。ほうれい線や眉間などよく表情筋が動く部分はなるべく薄付きにすることを意識することでパウダーが入り込まずに、シワが目立たなくなります。

2.ハンドプレスで密着させる



パウダーファンデーションを密着させるために、ハンドプレスをしてきましょう。まずは目から頬にかけてを指で優しく抑えて温めていきます。

おでこやあごなども同じようにハンドプレスをすることで、パウダーの密着がよくなり長時間でもキレイな肌の状態を保ってくれるんです。これをするだけでとても変わるので、忘れないようにしましょう。


種類別!ファンデーションの正しい塗り方【クッション編】



最後はクッションファンデーションです!
パフの使い方、ファンデーションの量に気を付けて塗っていきましょう。

1.パフにファンデーションを適量つける



まずは付属のパフにファンデーションをつけていきましょう。このとき、パフの全部につけるのではなく約半分くらいを目安につけてください。

すべてにつけてしまうと、多く取りすぎてしまっているため厚塗りになってしまいます。少しの量でいいので、パフを強く押し込まずにゆっくりと優しく押してファンデーションをつけていきましょう。

2.肌に叩き込むようにのせていく



ファンデーションをつけたパフを肌に優しく叩き込むようにのせていきます。頬の内側から外側に向かってポンポンとタップしていくようにすることで、キレイに塗れるでしょう。
クッションファンデーションはスライドをさせないように注意することが大事ですよ!

3.パフを折って細かい部分を塗る



小鼻やまぶたなどの細かい部分が塗りづらく、適当になってしまう人もいるでしょう。細かい部分はパフを折って半分にし、パフの先で塗ると上手に塗れますよ。
テカリやすいTゾーンはなるべく薄付の方がいいので、顔全体に塗ったあとの余りのファンデーションで塗ってくださいね。

4.気になる部分に付け足し



全体に塗れたら、顔をよく見て気になる部分があったらファンデーションを付け足していきます。パフの1/3にファンデーションをつけて、気になる部分に叩き込んでいくだけでカバーができるでしょう。
あまりつけすぎてしまうとよれる原因になってしまうので、本当に少しだけ付け足す程度にしてくださいね。


ファンデーションが浮いてしまったときのお直しのやり方



ファンデーションが浮いてしまったときのお直し方法が分からない人も多いはずです。
肌の状態によってお直しの仕方が違うので、お直し方法を状態別に見ていきましょう。

乾燥で起きる化粧崩れの場合



保湿が必要



乾燥してしまっている肌には保湿をしてうるおいを与えないといけません。ですので、保湿をするためにミストを持っておくと便利!気になる部分に吹きかけるか、コットンに吹きかけて気になる部分に抑えていきましょう。

その後にファンデーションを塗る



十分に保湿ができたら上からファンデーションを重ねていきます。この時、びしゃびしゃのままだとファンデーションがまたよれてしまう原因になるので少し手の平で抑えて肌に吸収させてから塗るとキレイにお直しができますよ。

皮脂の分泌で起きる化粧崩れの場合



とにかくティッシュオフ



皮脂ということは脂っこい状態でテカってしまっているので、ティッシュでしっかりとオフしてください。テカったままお直ししても浮いた状態は直らないので、テカリがなくなるまでしっかりとティッシュで抑えて。ティッシュを使う時、1枚取って三角に折り、顔半分、おでこ、あごの順番でやるのがおすすめです!

テカリを抑えたら上からファンデーションを重ねる



テカリが十分に抑えられたと思ったら、気になる部分にファンデーションを重ねていきましょう。もしテカリを抑えただけでキレイな状態になったならばファンデーションを重ねる必要はありません。逆に重ねてしまうと厚くなってしまい、またよれてしまったり浮く原因になるので鏡でしっかりと見て判断してくださいね。

顔にぴったり密着♡おすすめファンデーションを種類別に紹介!



ここからはおすすめのファンデーションをご紹介します。顔にぴったりと密着し、時間がたってもキレイな状態を保ってくれる優秀なファンデーションばかり!
気になったものがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

おすすめのリキッドファンデーション



ESTEE LAUDER/ダブルウェア ステイインプレイス メークアップ

定番のエスティ―ローダーのリキッドはとてもおすすめです!塗るだけで毛穴やシミをカバーし、キレイな肌を作ってくれます。近い距離で見られても怖くない!美しい肌を作ってくれ、長時間崩れない最強のファンデーションです。


LANCOME/タンイドル ウルトラウェア リキッド

軽いテクスチャーで、肌なじみが良いと評判です。ナチュラルなのですが、カバー力もしっかりとあるためキレイな素肌感を演出してくれます。皮脂吸着パウダーも配合されているため、浮きにくく崩れにくいんです。


おすすめのパウダーファンデーション



Primavista/きれいな素肌質感パウダーファンデーション

商品名にあるように素肌キレイを作ってくれるんです!くすみや毛穴などの気になる部分もしっかりとカバーしてくれて、汗や皮脂にも強いタイプ。素肌感を残したいという人にはとてもおすすめですよ。


MAQUILLAGE/ドラマティックパウダリー

しっとりとしたパウダーで、塗った瞬間のフィット感がとても気持ちが良い!ぴったりと密着してくれ、肌を一気に明るくキレイにしてくれます。13時間も化粧が崩れず、美容液も配合されているため肌にも良い商品なんです。


おすすめのクッションファンデーション



MAYBELLINE/スーパークッションウルトラカバークッション

カバー力が高いのにとても薄付なクッションファンデーションです。軽い付け心地で、肌への負担も少ないので長時間つけていても気にならない!時間がたってもツヤ感を残し続けてくれます。


Christian Dior/ディオール スキンフォーエヴァー クッション

16時間も化粧持ちが続き、気温の変化や環境変化にもしっかりと耐えてくれます。肌を美しく引き立ててくれて、べたつきも少なくサラッとしているんです。硬めのテクスチャーがしっかりと肌に密着。

 

ファンデーションが浮く原因は肌質と正しい塗り方で改善♡



乾燥や皮脂が原因でキレイに塗ったファンデーションは浮いてしまいます。しかしきちんと毎日のスキンケアをし、ファンデーションの正しい塗り方をマスターすれば長時間キレイな状態が続くんです!一度自分の肌質を確認し、ファンデーションの塗り方も見直してみて。
しっかりと改善すればファンデーションが浮く原因をなくして、朝から夜までキレイな自分でいることができますよ。

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事