感情急降下!「私なんか…」と泣き出して…【LINE事件簿 #84/重量級の愛 6】

連載
LINE事件簿
LINE事件簿
恋愛・職場・家族間トラブルまで、日常で起きる事件の発端になりうる“LINE”。そんなLINE事件簿のエピソードを、LINE探偵が紹介します。
どうも、LINE探偵です。

僕の元には日々「LINE事件簿」が寄せられています。

LINEはいつだって事件の発端になりうるもの。大喧嘩につながるハプニングから、つい笑ってしまうプチアクシデントまで……。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか?

そんなLINE事件簿の中から、特に印象的だった事件「重量級の愛」をみなさんにご紹介します。

「重量級の愛」その6


会社の先輩と飲みに行き、帰宅後に麻耶さん(仮名・24歳)へ電話をする約束を忘れ、酔って寝てしまった圭一さん(仮名・28歳)。

翌朝、LINEにはものすごい数の着信があり、そこには甘えん坊の彼女からは想像できない言葉が。

「バカ!」「嘘つき!」「絶対許さない!」から始まり、しまいには「呪ってやる!」とまで。

「ちょっとビックリしましたが、悪いのは自分だと分かっていたので……」と圭一さん。朝イチで、状況説明をした謝罪のLINEを送ったそうです。

しかし、麻耶さんから返信がありません。昼休みにもLINEをしましたが、やはり返信がありませんでした。

これは、よほど怒っているのだろうと思い、終業後、再度LINEをしてみたそうです。



こんなLINEがしばらく続き、この後、電話で話したといいます。

「正直もっと文句を言われるかと思っていたら、私なんか私なんか……って泣かれちゃって、逆に困りましたよ」

ものすごく怒ったかと思えば、私なんか……と言って泣く麻耶さん。その急変する彼女の様子に振り回される圭一さん。

そして、事態は思わぬ方向へ……。

次回のLINE事件簿もお楽しみに。

(LINE探偵)
※LINE事件ご提供者本人の許可を得て掲載しています
※個人が特定されないよう、名前や内容は一部変えています
1

この記事を書いたライター

LINE探偵
30代既婚者。これまでに100人以上のLINEに関する相談を受けたことがある。その内容は、恋愛/家族/セクハラ/浮気などさまざま。 今日も次々と僕の元へ寄せられるLINEのトーク履歴をみんなでチェックして行こう!

関連記事