まさかのお誘い!それに対する返信は…?【LINE事件簿 #101/距離感のミスマッチング6】

連載
LINE事件簿
LINE事件簿
恋愛・職場・家族間トラブルまで、日常で起きる事件の発端になりうる“LINE”。そんなLINE事件簿のエピソードを、LINE探偵が紹介します。
どうも、LINE探偵です。

僕の元には日々「LINE事件簿」が寄せられています。

LINEはいつだって事件の発端になりうるもの。大喧嘩につながるハプニングから、つい笑ってしまうプチアクシデントまで……。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか?

そんなLINE事件簿の中から、特に印象的だった事件「距離感のミスマッチング」をみなさんにご紹介します。

「距離感のミスマッチング」その6


マッチングアプリで知り合った穂花さん(仮名・27歳)と耕太くん(仮名・27歳)。

デートを重ねるも、付き合うまでに至らない。そんな関係が続いていたある日。耕太くんの誕生日に「一緒にお祝いしよう!」とデートのお誘いをするも、「仕事が忙しいから」と断られた穂花さん。

他の女性の影を感じてかなり落ち込んでいましたが、ハッキリさせたいと自分の本音をLINEで伝え、「どんな結果になろうとも、後悔はしません」と言っていました。

そして翌日、耕太くんから返信が来ました。



なんと!耕太くんから「穂花ちゃんの誕生日をお祝いしたい」とデートのお誘いがありました。

穂花さんも嬉しかったようですが、耕太くんからLINEへの回答がなかったので、正直、信じていのか?この状況をどう受け取ればいいのか? 少し戸惑っているようでした。

さて、このあと2人はどうなるでしょう?

次回のLINE事件簿もお楽しみに。

(LINE探偵)
※LINE事件ご提供者本人の許可を得て掲載しています
※個人が特定されないよう、名前や内容は一部変えています
1

この記事を書いたライター

LINE探偵
30代既婚者。これまでに100人以上のLINEに関する相談を受けたことがある。その内容は、恋愛/家族/セクハラ/浮気などさまざま。 今日も次々と僕の元へ寄せられるLINEのトーク履歴をみんなでチェックして行こう!

関連記事