これってもしかして…!作戦以上の急展開?【LINE事件簿 #129/誤爆、失礼しました!6】

連載
LINE事件簿
LINE事件簿
恋愛・職場・家族間トラブルまで、日常で起きる事件の発端になりうる“LINE”。そんなLINE事件簿のエピソードを、LINE探偵が紹介します。
どうも、LINE探偵です。

僕の元には日々「LINE事件簿」が寄せられています。

LINEはいつだって事件の発端になりうるもの。大喧嘩につながるハプニングから、つい笑ってしまうプチアクシデントまで……。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか?

そんなLINE事件簿の中から、特に印象的だった事件「誤爆、失礼しました!」をみなさんにご紹介します。

「誤爆、失礼しました!」その6


最近、同じ会社で気になる存在の三上直人くん(仮名・25歳)とグループ飲みをして、ついにLINEをゲットした楠本香澄さん(仮名・25歳)。

ここからガンガン攻めるのかと思ったら、自分はそういうタイプじゃないからと、わざと何か心配を抱かせるような誤爆メッセージを送って、相手の気を引く作戦に出た香澄さん。

しかし、直人くんからの返信はなく、逆に香澄さんが「どうしたんだろう?」と心配する始末。そして、2度目の誤爆メッセージを送った日、既読はつきましたが、やはり返信は来ませんでした。

そんなフラストレーションが溜まった翌日、直人くんからメッセージが来たそうです。

これってもしかして…!作戦以上の急展開?【LINE事件簿 #129/誤爆、失礼しました!6】の2枚目の画像


「どう見ても、私が送ったメッセージへの返信じゃないんですよ。内容も、んっ?って感じで意味深ですよね。どう思います?探偵さん」

どう?と言われましても……(苦笑)。

「これって、逆誤爆メッセージですよね。しかも最後に、告白するよ!って……。もしかして、直人くんもそういうつもりじゃ……」

この返信が来た途端、今まで心配していたのが嘘のように、香澄さんの表情がキラキラと輝き出しました。改めて、自信って美の秘訣なんだなって、思い知らされます。

さて、香澄さんの思惑通り、この恋が成就するのでしょうか?それとも……。

次回のLINE事件簿もお楽しみに。

(LINE探偵)
※LINE事件ご提供者本人の許可を得て掲載しています
※個人が特定されないよう、名前や内容は一部変えています
1

この記事を書いたライター

LINE探偵
30代既婚者。これまでに100人以上のLINEに関する相談を受けたことがある。その内容は、恋愛/家族/セクハラ/浮気などさまざま。 今日も次々と僕の元へ寄せられるLINEのトーク履歴をみんなでチェックして行こう!

関連記事