【ローリエ恋愛事情♡】意外なマッチングアプリの活用方法! 実践しているモテテクも大公開♡

>前回の記事内容はこちらからチェック♡
【ローリエ恋愛事情♡】20代の恋愛はマッチングアプリも断然アリ!? 現役女子大生に聞いてみた!

メグミさん(21歳)

男性への免疫力をつけないまま中学から女子大へと進学したメグミさん(21歳)。彼女は長姉と次姉の勧めで『T』というマッチングアプリを使って昨年、初めて2歳年下の彼とおつき合いを始めました。1ヶ月という短い交際期間でしたが、得るものは大きかったとのこと。さらに、恋愛や結婚を目的としたマッチングアプリで、彼女は意外な情報を得ていたのです。

目次 [開く]

マッチングアプリの新しい活用の仕方!


恋愛だけじゃなくて……なんと就活にも活用してます(笑)


「今、就活中ですけど就職先に悩んでいるので、社会人の方にお会いしてやりたい仕事を選定しています。マッチングアプリを就活に活用しているんです。その企業に就職した理由ややりがい、転職した人には動機や理由などを聞いています。普段の生活ではお会いできない、フリーランスのカメラマンさんからもお話を聞く機会もありました。大学生だと年上の人とお会いできる機会はなかなかないので貴重です。仕事のサンプルを集められるので、『どういう仕事をなさっているんですか?』という会話を皮切りに、仕事の話だけをお伺いしてお別れしています」


このエピソードを聞いて取材陣は、「すごい! 使いこなしてる!」と絶賛。筆者の個人的な意見ですが、21歳という若い女性と会って話ができると年上男性は喜んで待ち合わせ場所へ向かう→会うと男性自身の仕事話→男性は(大半が下心を持ち合わせて女性と会っているので)ややガッカリ→でも、自身の経験を年下女性に教えられたので「今日はこれでよかったのかもしれない」(基本的に男性は、相手より上に立って物事を教えることが好きだからです)と感じてお互い満足、という図式が成立している印象を受けたからです。

ーーマッチングアプリで出会った元カレとは1ヶ月で別れてしまいましたが、メグミさんは懲りていません。今もアプリで彼探し継続中です。

マッチングアプリで「いい経験」ができた♡


コミュ力が身につくし、自分の好みの人だけに会える!


「初めておつき合いすることに対してものすごくハードルが高かったんですけど、一度おつき合いしたら男性と緊張しないで話せるようになったので、私はすごくいい経験をさせてもらえたと思っています。男性とのコミュニケーションが気楽になったのはマッチングアプリのおかげなので、今でも使い続けているんです。


マッチングアプリを使っている同年代の女性は少ないので、女子大の友達にマッチングアプリを使って出会いを探していると言うと驚かれます。勧めても『怖い』と、引かれてしまうんです。でも、私のような女子大通いなどで簡単に合コンができる環境にない女性で、初めての彼がほしい人こそマッチングアプリをおすすめしたいです。最初はアプリを経由してやり取りをして次にLINEを交換するんですけど、LINEに移行すると親近感がわいて、実際に会ったときも無理して会話を盛り上げる必要がなくなるので」

ーーメグミさんは、食事会という名の合コンよりもマッチングアプリが断然おすすめだと断言します。

「先日、友達に誘われて合コンに行ったんですけど、“ウェイ系”すぎてノリについていけなかったんです。『飲んで、飲んで』というコールが苦手で、『もっと落ち着いてください!』と思ってしまいました(笑)。同年代で5対5の合コンでしたけど、名前を覚えるのも大変でしたし。

私は大学1年生の頃からマッチングアプリを使い始めてまだ3年弱ですけど、同年代が集まりやすい合コンよりも、アプリのほうが人格的に落ち着いている人が多いイメージなので、アプリでの出会いに慣れてしまいました。


加えて先日、マッチングアプリを使っている人をテレビで放送していたんです。その人の、『合コンは“給食“だけど、アプリは“ブッフェ”』という言葉に納得しました。給食という合コンはその日、その場所に集まることができるという条件が合った人だけがメニューとして固定で提供される。一方でアプリは、自分の好きなメニューを検索して選び放題だと」

たとえが食事なので微妙かもしれませんが、わかりやすい例かもしれません。

ーーマッチングアプリを分析して駆使しているメグミさんですが、ただ男性と会う回数を増やして出会いを求めているわけではありません。巷にあふれる「モテテク」も、積極的に独学を続けています。

独学は必須? モテテクも学びたい♡


この2つは実践しているというモテテクがこちら!


「この前、結婚している恋愛心理カウンセラーの講演に行きました。カウンセラーさんには、主に2つのことを教えていただいたんです。


1.動作と話すスピードはスローを意識


男性には、女性らしく映るらしいんです。元カレに応用したんですけど、反応がよかった気がします(笑)。カウンセラーさんが実際に見せてくれたしゃべり方や仕草も、見ていてかわいいと思いました。

2.会う前には台本作りをする


会う前に、相手への質問内容をあらかじめ決めておくことが大事だそうです。私は事前に頭の中で、聞きたいこと、気になること整理しておいています。マッチングアプリに書かれているプロフィール内容を把握しておくと、趣味から恋愛の話に発展させやすいそうです。

他にもメグミさんは、某恋愛サイトで紹介しているLINEのやりとりを保存して見習うなど、恋愛に対する勉強を怠りません。

「実は今、マッチングアプリで出会った1歳年下の男の子が気になっているんです。浪人中で受験勉強を頑張っているんですけど、たまに『疲れたから連絡しちゃった』と連絡してくれると、かわいくてたまらなくて。モテテクと自分の素を大切にしながらアプローチしていきたいです」


マッチングアプリを活用しつつ、モテテクも併行して勉強するメグミさんは、意外と肉食系女子かも!? ですが、「叩けよさらば開かれん」という言葉があるように恋愛も、積極的に努力すれば必ず目的を達成することができるはず。編集部一同、メグミさんの幸せを願っています!

>前回の記事内容はこちらからチェック♡
【ローリエ恋愛事情♡】20代の恋愛はマッチングアプリも断然アリ!? 現役女子大生に聞いてみた!

(内埜さくら)

この記事を書いたライター

内埜さくら
恋愛コラムニスト これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。恋愛コメンテーターとして「ZIP!」(日本テレビ系)、「スッキリ」(同)、「バラいろダンディ」(MX-TV)、「5時に夢中!」(同)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

関連記事